特許出願に関する誤解 | 千葉の弁理士ブログ  -特許や商標等、お客様の「モヤモヤ」を「スッキリ」に!-

千葉の弁理士ブログ  -特許や商標等、お客様の「モヤモヤ」を「スッキリ」に!-

 特許や商標等の知的財産、経営、地元(千葉県、柏市、松戸市、白井市、船橋市、千葉市、八千代市、茂原市等)など、日々の気づきを発信します。


テーマ:
千葉県鎌ケ谷市在住の弁理士かめやまです。

とあるお客様とのご相談で感じたこと。
(相談内容は、特許、商標や契約でした。)

特許を使って、
 自社商品・サービスのオリジナリティを守りたい!
 模倣を防止したい!
こう思われる方が多いようです。


特許がはたす機能として、
 間違っていないものの
 ちょっと違うなぁ
という部分もあります。



専門家から見ると、単に「模倣から守る」というよりも、

 「模倣から守る」
⇒他社から類似商品・サービスがうまれない
⇒自社の攻める力が維持される

 ※ここでいう「攻める力」の源泉は、「差別化要素」です。

そして、

 「模倣から守る」
⇒他社から類似商品・サービスがうまれない
⇒「自社商品等を欲しいと思う相手」に対する交渉力が向上する

というほうが正確かなぁと思います。

つまり、
 市場における「攻める力の維持」
 市場(お客様)に対する「交渉力の向上」
です。

 ※ルパン三世が、不二子ちゃんの言うことを聞いているのは・・・
   こういう要素があるんじゃないかと。
   仮に、ルパン三世が欲しいものが、不二子ちゃんの「容姿」とするならば、
   「容姿」が不二子ちゃんにとっての「攻める力」。
   「容姿」が同じで従順な女性が現れれば、
   不二子ちゃんの交渉力は下がるはず・・・
   もちろん、ルパン三世が欲しいものが、
   「あの性格」だとするならば、仕方ないですケド・・・



特許の活用が上手なお客様は、
特許による 「交渉力維持」のセンスがすさまじく・・・



大切なことは、
大企業の社長であろうと、個人事業主であろうと、
自分(自社)に「攻める力」があるかないか。

「攻める力」がないのであればまずは、「攻める力」を探す。

「攻める力」がみつかったら、「攻め力(PR・販売)」通した事業計画を立てる。

そして、事業の将来を見据えて、
「攻める力の維持」「交渉力」が必要であれば、
特許出願を検討されたほうが良いと思います。
(もちろん、コスパを踏まえた中で)

逆に、特許出願等で守りにくい場合は、
 いかにして守りやすい形(仕組み)をつくっていくか?
 次の違う事業を目指すか?
となると思います。




最後までお読みいただきありがとうございました!

このブログを応援してくださる方、下の2つのバナーを、ポチポチっと投票してくださいませ!

       

       

       

       
2月より千葉市にサテライトオフィスを開設しました!
千葉市中央区富士見1-14-13 千葉大栄ビル8F(千葉公証役場の隣)

最寄駅 千葉駅から徒歩5分
 

 
千葉市、その周辺の企業様、そして、房総エリアの企業様どうぞよろしくお願いしたします!
 
 

弁理士かめやまの事務所HP ⇒ かめやま特許商標事務所

弁理士かめやまのFaceBook ⇒  亀山 夏樹

千葉県鎌ケ谷市在住の弁理士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。