そこまではまる必要はないような。 | 特許翻訳のプロが教える翻訳を仕事にする99の方法
May 28, 2017

そこまではまる必要はないような。

テーマ:日記
20代の頃から、いわゆるブラック会社を渡り歩いてきたので、趣味がほとんどありません。

テレビもほとんど見ない、漫画やゲームは家族に止められていたため、ほとんど経験なし。

家族に、「あんたは健常者で何でもできるのに、まだ楽しもうとするん?」といちいち言われるので、なんとなく遠慮してしまったのもあるかな。

40を超えてから、さすがにもう好きにしてもいいかなと。

少しだけ仕事をセーブしつつ、ぼちぼち趣味をやりだしました。

試験が終わってから、ダイエット目的で始めたジョギングは、今では毎週のようにマラソン大会に出るようになってしまったり。

↓こんなん行ってきました。暑かったー
{0DBD839C-6022-466D-B620-20C8935B817B}

仕事で繊維や糸について勉強したいと思い、実際に毛糸で編み物を試していたら、はまってしまって年に10着くらい作ってしまったり。

私の場合、無趣味なのではなく、趣味をやりだすと何でもはまりすぎてしまうので、今までやらなかったのかも。

我ながら、はまりすぎです。

特許翻訳アドバイザー河崎有美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]