「祈り」 | 吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」店主時計屋マサの脱線ノート

吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」店主時計屋マサの脱線ノート

東京都武蔵野市吉祥寺でアンティーク時計の修理、販売をしています。店内には時計修理工房を併設し、分解掃除のみならず、オリジナル時計製作や部品製作なども行っています。


テーマ:

 

 

昨日の朝、昨年の10月から身に着けていた 「赤銅ケースのカスタム腕時計」 が止まった。

 

この時計のムーブメントは、約100年前に作られたスイスの 「アガシ」。

 

そもそも赤銅ケースの耐久テストが目的で着用していたものだから、ムーブメントは入手した時のまま、未整備状態だったのだ。

 

 

不調の兆候はあった。

 

年明けくらいまではずっと 「ちょい進み」 状態だったのが、先月の半ばくらいになって 「ちょい遅れ」 に転じ、、、段々とその遅れ幅が増大。

 

裏のガラスバック越しに見えるテンプの振りも落ちてきていた。

 

 

「父ちゃん、明日時計貸して!」

 

センター試験の前日、入試を控えた長女が言った。

 

「ん? いいけど、あんまり正確じゃないぞ。 整備してないから。」

 

「あー、いいの。 買ってもらったシチズンの電池のやつが壊れた時の予備だから」

 

 

結局シチズンは壊れることなく動いたものの、「爆死したー!」 とか言いながら帰ってきた長女が翌日、、、「そう言えば父ちゃん、その時計遅れてたよ。 昨日は3分くらい。 今は、ほら5分くらい」

 

ちなみ100年前の時計とは言え、に3分とか5分というのは、明らかな故障。

 

このアガシは、充分に日差20秒以内に入るスペックを持っている。

 

「ふーん、、。 どうやらしばらく止まっていた時間帯があったかな、、。」

 

 

日頃、お客さんには 「油切れで動かすと部品が摩耗しますから、定期整備に出してくださいね」 などと言っておきながら、自分ではこの有様。

 

まあ言い訳をすれば、最低限、油が残っているのは確認していたが、、。

 

まさに、医者の不養生と言える。

 

 

「2月の初めの試験の時、また使いたいから、って言ってたわよ」

 

先月末、カミさんにそう言われていたが、、、その時取り掛かっていた時計に必死で、忘れていた。

 

思い出したのは、試験前日の昨日の朝。

 

見当違いな時間を示している時計をみて、 「あ、まずい、、。」

 

 

ということで、店に来てあたふたと整備に掛ることに。

 

まあ、高校受験の時に買ってやったシチズンのクオーツが止まることは、まずないだろう。

 

でも予備があるに越したことはない。

 

実際あの時も、試験に同行した友達が時計を忘れ、シチズンは友達に、長女は私の渡した馬鹿でかい 「ハミルトン920」 のカスタム腕時計を使ったのだ。

 

担任から 「まず無理でしょう」 と言われていた高校に奇跡的に滑り込んだ長女にとって、、、カスタム腕時計はお守りのような感じがあるのかもしれない、、。

 

 

分解した時計は、油がひどく粘質を帯びていた。

 

これじゃあ、止まるわ、、。

 

幸いシャフト類の磨耗は無かったが、地板の穴の広がった部分が2ヶ所。

 

加えて、心臓部分であるテンプ回りの調整は、お約束通りチョー テキトー。

 

片振り、片おもり、ヒゲのフレのオンパレード。

 

よくこんなんで最初のうちはそこそこ時間が合ってたな、と感動しながら(?)手を入れる。

 

ちびてしまったへなちょこなゼンマイも新品の合金ゼンマイに替え、組立て、注油、調整、。

 

このところ少し延びて来た陽が完全に暮れる頃、、、ようやっと時計は生まれ変わった。

 

「ほい。 やっといたよ。 絶好調だ。」

 

帰宅後、翌朝の準備をしている長女に時計を手渡すと、一言、、「あ、サンキュー」

 

 

もちろん本来なら、仕上がった時計を試験もせず人に渡すことはない。

 

でも時間が無いし、所詮、身内のこと。

 

天下のシチズンクオーツが壊れることは、まずない。

 

でも万一シチズンが壊れ、親父が直したこのカスタム腕時計も壊れた時は、、、娘よ、諦めろ。

 

古時計屋の娘に生まれたのが不運だったと、そう諦めればいいのだ。

 

 

「落ち着いてな。 頑張れよ!」

 

朝、珍しく長女を駅まで送ってやる。

 

「うん。 じゃあねー。」

 

シチズンを身に着け、私の時計をカバンに忍ばせた長女は、、、振りむくこともなく構内に消えていった。

 

 

 

 

マサズパスタイム ホームページ

☆Twitter☆
☆Youtube☆
☆Instagram☆

☆Facebook☆

マサさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス