「回想」 その63 | 吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」店主時計屋マサの脱線ノート

吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」店主時計屋マサの脱線ノート

東京都武蔵野市吉祥寺でアンティーク時計の修理、販売をしています。店内には時計修理工房を併設し、分解掃除のみならず、オリジナル時計製作や部品製作なども行っています。


テーマ:

 

「実はですね~、、」
 

イケメン店長は、私の目を正面から見据えながら話し出した。
 

何か表に出ていない、特別な物件があるのかもしれない。
 

そんな期待を持たせる目だった。
 

 

 

「うちは見ての通り住宅販売をやってるんですが、近いところでは杉並にも一店舗あるんですよ。 しかし正直なところ、直近の業績はあまり芳しくない、、。」
 

「あまり芳しくない。」 というところで、、彼はちょっと声を落とした。
 

ペラペラの壁一枚向こうでは5~6名の社員がパソコンの前に座っている。
 

業績が芳しくないことは皆わかっているのだろうが、、やはり皆の前で、それを部外者に大っぴらに伝えるのは憚られるのだろう。
 

 

 

「それで、先週の本社会議で、この吉祥寺店はその杉並店と統合することになったんです。」
 

「なるほど。 じゃ、このお店は、、?」
 

「2ヶ月以内に閉店、退室です。 まあそれはいいとして、貸し主とは退室にあたって全て現状復帰させる契約になっているんですが、、、これが正直ちょっと重い、、。」

 

「ああ、スケルトン返しって訳ですね。 これだけの店だと、結構大変でしょうね。」
 

「何しろトイレからキッチン、控え室から床まで全て壊してコンクリ剥き出しにしなければいけないし、残材を廃棄するのにもするのにも結構金が掛かる。 うちは住宅屋だから業者はいるんですけど、それでもざっと、300万は要るかな。」
 

 

 

私には、、、ようやっと話しが見えてきた。

この店は、2ヶ月以内に空く。

 

情報がどこにも出てなかったのは、それが先週決まったばかりのことだからだろう。

 

広さも立地も、私がついさっき説明した条件に合っているから、、、店長は私にイケるのでは、と思ったのだろう。

 

面積は事務スペースの奥まで入れると確かにヤマキの倍近くありそうだし、、駅からの距離も、徒歩6~7分くらいだろうか。

 

分からないのは、賃料、そして、、、彼の説明した 「現状復帰」 の費用の意味、、。

 

 

 

「この辺にしては賃料も悪くないと思いますよ。 50坪で60万だから、えーっと、坪¥12,000か。 路面で通りからの見映えも良いし。」

 

「60万!!」

 

私の胸は、ドキッと高鳴った。

   

全ての条件が、、、まさに私の予算にピッタリではないか!

 

「借ります!」 と言いそうになるのをすんでのところで抑えた私は、、、努めて冷静に、ちょっと渋顔を作って言った。

 

「しかし現状復帰が条件の貸主となると、、、私も自分が出る時は大変かなぁ、、。」

 

喜び勇んで即答し、「優先的に権利を譲る代わりに、いくらか現状復帰の費用を持ってくれ」 というようなことになってはマズい。

 

商売人としての20年は、、そそっかしい私を少しは賢くしたというところだろうか。

 

 

 

「そこでです。」

 

イケると思ったか、イケメン店長の声は熱を帯びてきた。

 

「スケルトンにするとなると、うちもキツイ。 まあそれはあくまでもこっちの都合ですが、、しかしそうなると、移ってらっしゃるあなたもゼロから造作を作ることになりますよね。 これだけの面積ですから、控えめにやっても500万やそこらは余裕で掛かりますよ。 何しろうちはそっちが本職ですからね。」 

 

「それはそうですね。 確かにそれはそれで大変だ。」

 

痛いところを突いてきた。 

 

確かに私の財布には、コンクリ剥き出しの状態から店を作る金は入っていない。

 

「仮にですよ、あなたがこのままの内装を引き継いでここに入居する、ということで大家が承諾すれば、、、うちは撤去費用が浮く、あなたは内装費用が浮く。 お互い悪いことはない。 勿論、あなたが退出する際は現状復帰しなければなりませんけど、、、でもそれはスケルトンから店を作った場合でも、同じことですよね。」

 

彼の言うことに、間違いはない。

 

問題は大家がそれで納得するかどうかだが、、、大家にしても、一月も空かずに次の借り手が決まり、出る時は現状復帰すると言うのであれば、問題があるとは思えない。

 

 

「んー、、。 なるほどねー。」

 

嬉しくなって、おしりのあたりがムズムズしてきた。

 

無理して作った渋顔とは裏腹に内心浮かれ切った私は、、、自分を鎮めるのに苦労しながら、次の言葉を探していた。

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

マサズパスタイム ホームページ

☆Twitter☆
☆Youtube☆
☆Instagram☆

☆Facebook☆

マサさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス