「回想」 その46 | 吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」店主時計屋マサの脱線ノート

吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」店主時計屋マサの脱線ノート

東京都武蔵野市吉祥寺でアンティーク時計の修理、販売をしています。店内には時計修理工房を併設し、分解掃除のみならず、オリジナル時計製作や部品製作なども行っています。


テーマ:

 

2000年の春、とにもかくにも、「マサズパスタイム」 は吉祥寺で開店した。
 

メンバーは岩田と私、お腹のせり出した悦ちゃん、それから週末には、知り合いのサユリちゃんも助っ人に。

開店したとはいっても、道行く人がいきなり2階の古時計屋に上がってくることは希で、、オープンしてしばらくの間、来客はもっぱらジャンクヤード久米川店の常連さん、それから悦ちゃんの東町の店のお客さん達が、入れ替わり立ち代わりと言った具合。
 

いずれにせよ、最も心配していた 『新装開店したはいいけどお客さんは来ない』 状態にはならず、、それなりに賑やかなスタートになったのだった。

 

 

それから1週間だったか2週間だったか、、、そんなオープン後の賑やかさが一段落すると、私と岩田はジャンクヤードから持ち越した時計の修理を再開した。
 

何しろ 「店探し」 が始まってからずっとバタバタしていて長いこと修理の方は中断したままだったから、遅れを取り返さないと!
 

当然ながら、納品しなければお金はいただけないし、、お金をいただかなければ、支払いが出来ない。

 

移転にあたって西武信用金庫から受けた融資は既に完全に使い果たし、、僅かな貯金も底をついていた。

 

結局私達は、オープン早々、ジャンクヤードの頃以上の 「時計漬け」 の生活に。
 

 

 

当時まだ久米川に住んでいた私と岩田は、毎朝私の車で一緒に通勤していた。

 

店を閉めると、、、それから本格的に修理に掛かる。

 

2時間か、3時間か、、それを何時まで続けるかは仕事の進み具合と私の気分次第だったが、、、大概は日付が変わる頃までやっていて、帰り際に飯を食って一緒に帰るというパターン。

 

よく考えてみれば自分の気分で決められる私の方はいいが、、、いつ終わるとも分からない残業が延々と続く岩田の方は、堪ったもんじゃない。

 

もっともそうでなければ 「新生パスタイム」 がやっていかれない状況だったのは間違いないが、、、今になって思えば、文句も言わずによく頑張ってくれたと思う。

 

 

 

その後私は東町のアパートに新居を移し、お腹の大きな悦ちゃんはギリギリまで店を手伝いつつ、出産の準備。

 

続いて岩田も、本町のアパートに引っ越して、吉祥寺デビュー。

 

その頃からだったか、、、少しづつだが、新規で店に入ってくる人が現れ出した。

 

近隣にお住いの方もいらっしゃったが、ホームページを見て、都内や遠方から訪ねてくる方も少なくない。

 

当時普及し始めたインターネットのホームぺージは、常連さんから手ほどきを受けた悦ちゃんが始めたものだったが、、、その手の物が苦手だった私には、「ふーん。 そういうものもあるのかー」 といった程度だったのだが、、。

 

 

 

「品川から来ました」 「千葉から来ました」

 

そんな風に伺う度 「何となくジャンクヤードの頃より、遠くからいらっしゃる方が増えたなー。」 と思っていたら、、、そのうち 「名古屋です」 とか 「博多から」 という方まで現れるように!

 

お客さんだけではなかった。

 

時計雑誌の取材はジャンクヤードの頃もいくらかはあったのだが、、、ある日電話を取ると、ロイター通信の記者が 「ドイツの新聞に掲載する記事の取材をしたい」 と言う。

 

どうしてパスタイムなのか?と聞けば、、、「インターネットで調べました」 と。

 

そんなことがしばらく続き、、心の中ではちょっとバカにしていたインターネットに対する自分の意識を変えざるを得なくなったのも、この頃だった。

 

 

 

ジャンクヤード時代のお馴染みさん、そしてに新たなパスタイムのお客さん。

 

気が付けば、パスタイムは明らかに賑やかになってきた。

 

平日はまだしも、週末ともなると岩田も私も、店頭の接客に加え、修理品のお見積もり、ちょっとした時計の手直し等で、一杯一杯。

 

助っ人のサユリちゃんや出産が目前の悦ちゃんも手伝ってくれるが、、、それも限界。

 

 

 

6月に入り、いよいよ悦ちゃんは、長女の出産を迎えた。

 

現場の4人は3人になり、、、パスタイムの人手は更に不足。

 

 

2000年、6月8日の夕方。

 

産科の医師から呼び出された私がお客さんに詫びつつ病院に駆け付けたのは、、、長女が生まれて、大分経った後だった。

 

 

 

 

(続く)

 

 

マサズパスタイム ホームページ

☆Twitter☆
☆Youtube☆
☆Instagram☆

☆Facebook☆

マサさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。