吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」店主時計屋マサの脱線ノート

東京都武蔵野市吉祥寺でアンティーク時計の修理、販売をしています。店内には時計修理工房を併設し、分解掃除のみならず、オリジナル時計製作や部品製作なども行っています。


テーマ:

嬉しいことに、インディアナポリスは、予想以上にアンティークだらけの街だった。
 

数十軒の店が一緒になっている大規模なアンティークモールや、雰囲気たっぷりな個人店。
 

そして週末に出くわした、郊外のアンティークフェア。
 

心配だった 「トラック&フォードの連結車両」 の運転も、とりあえず何とかなっていたし。

 

 

 

連日あちこち走り回り、目ぼしいものを拾って歩いてはトラックに放り込む。
 

治安の面ではやや不安なエリアも多く、荷物の積み込みの際などは注意が必要だったが、、、後々まで付き合いの続く業者とも出合い、忙しいながらも充実した毎日。
 

毎晩、モーテルに帰ってきてはサンドイッチやハンバーガーを食べながら、買った品物の数や値段、それから残金のチェックをする。

 

「こんなにいいランプがたった$20なんて、信じられないなー」 とか 「これなんか、プランタンで絶対売れるよ」 などと言いながら、、、それなりに充実した毎日。

 

そしてトラックの荷台が窮屈になってきた一週間後、、、私たちは北に向かって出発。

 

途中、何軒かのアンティークモールをチェックしつつドライブし、深夜にシカゴに到着した。

 

 

さてさて、、帰国の便は、翌々日の昼。
 

つまり残された時間は、実質、翌日一日のみ。

 

でも、買い込んだ荷物は出発の日の朝に日本通運の集配に引き取りに来てもらうことになっていたから、、、翌日は時計やアクセサリーなどの小物を買い足して、荷物の梱包作業は夕食後に済ませることに。
 

 

 

「大丈夫?梱包間に合うかなぁ?」
 

悦ちゃんは心配そうにしているが、私に不安は微塵もない。
 

「平気だよ。こんなの包んで渡すだけなんだから。」
 

 

 

翌朝、目星を着けていたアンティークモールを何軒か周ると、、、最後の一軒で、時計屋が目に入った。
 

『時計屋 ビル シュローダー』
 

アンティークモール2階の一番奥、隅っこの一画にその店はあった。
 

10坪くらいのスペースに置時計や掛け時計、そして正面に置かれた横長のショーケースに懐中時計が沢山入っているが、、どういうわけだか、腕時計は一つも見えない。
 

 

 

腕時計無いのかぁ、、。

 

でもまあ、取り敢えず覗いてみよう。

 

当時、ジャンクヤードでは専ら腕時計しか扱っていなかったし、私自身懐中時計には興味が無かったのだが、、、もしかすると、見えないところに腕時計もあるのかな、と思ったのだ。

 

 

「こんにちは。 素晴らしい店ですね。 見たところ懐中時計や置時計ばかりだけど、腕時計もありますか?」
 

しかし、60絡みの店主は、本当に恐縮したように言った。

 

「いや。 申し訳けないけど、腕時計はやってないんですよ。 、、うちは100年を越えるようなアンティーク時計ばかりで。」

 

 

白髪混じりの金髪に、上品な銀縁の眼鏡。
 

アメリカ人としてはかなり痩身で、、、どこか枯れた感じ。
 

それに物腰がとても柔らかく静かな声でゆっくりと話すところも、、、それまで私が知っていたアメリカ人とどこか違った。

 

 

 

「そうですか、分かりました、、、、でも じゃあ、ここにある懐中時計を見せて下さい。」 

 

そのまま出てしまうのも何となく気まずいなぁ、と思った私は、、、正面のショーケースに目をやりながら、そう言った。

 

「もちろんですよ。 ちょっとお待ち下さいね」

 

ビルはそう言いながら、沢山の鍵が束なった中からガチャガチャとそのショーケースの鍵を見つけて天板のガラスを開けると

 

「どうぞ、ゆっくり見て下さい」

 

 

 

ケース一杯にディスプレイされた懐中時計、、、おそらく50個くらいはあったろうか。

 

どれも綺麗で高そうに見えるが、、、あいにく値札が着いていない。

 

何か一つくらいは買って行きたいけど、、買えるかなぁ、、。

 

軍資金が底を尽きかけてるのは分かっていた、。


 

 

それにしても、ビルの店はイヤになるほど静かだった。

 

微かに聞こえるのは、動いている置時計の音くらい、。

 

彼は何も言わず、ケースの向こうに座っている。

 

いつも通りメモ帳とボールペンを持った悦ちゃんも、、、固まったまま、私の横にじっとしている、。

 

 

 

チク・タク、、チク・タク。

 

しかし、気づまりな時間がしばし流れた頃、、、泳いでいた私の目は、八角形の懐中時計の上で止まった。

 

 

 

(続く)

 

 

マサズパスタイム ホームページ

☆Twitter☆
☆Youtube☆
☆Instagram☆

☆Facebook☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マサさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。