こんにちは。企画営業の内藤千春です。

唐突ですが、どんなフライパンをお使いですか?
 
フライパンって、鉄、アルミ、フッ素樹脂コート(テフロン)、鋳物、多層タイプなど、素材だけでもたくさんあって、何が良いのか悩ましいですね。
 
我が家は、ずっとフッ素コートフライパンでした。
それは こびりつかないから、手入れが簡単だからの理由から。
◯ファールはもちろん、色々試しましたが、だんだんとコーティングが剥がれて、こびりつくから満足いく仕上がりにならず。
そうなると洗うのも大変で、ずっと悩みでした。
 
そんな時、料理教室でご一緒している方にご自身で購入したスグレモノを教えて頂きました。
聞けば江口恵子先生も使っていて「もっと早くに出会いたかった!」て言わしめた一品。
 
それは
 
マイヤー社(アメリカ)のアナロン ヌーベルカッパー
 
です。
 
マイヤー社は知りませんでしたが、高級調理器具で世界をリードするメーカー、そのヒット商品の一つが、アナロン ヌーベルカッパーだそうです。
多層構造、フッ素コート、裏には銅も入っていて熱伝導がとっても良い!
画像は裏側です。
 
表はこちら

 
かなり重いのが、デメリットと言えますが、最近ヘラと菜箸で炒める技を使い、フライパンはふらないので、全く支障なし。
紹介くださったSさんは、料理の達人なので、現品を確認することもご紹介のときに念押しされていました。そこで教えていただいた三越伊勢丹で実際に持ってみて、これならいけそうと判断しました。
大きさは迷いましたが、炒め物にも使いやすい24cmに決定!
ひとり分のオムレツだって、大は小を兼ねて、きれいにできますから
 
気になるお値段は
定価12,000円と安くはありませんが、
使い続けると考えれば高過ぎない金額と判断しました。
 
そして使ってみての感想は、「期待を上回る凄さ!」でした〜
 
オムレツもくるくると滑らかに回ります。
 
焼き餃子のおいしかったこと。
 
どれも外はカリッと、中はふわっと、出来上がます!
 
こうしてアナロンヌーベルカッパーは我が家の愛おしい一品になりました。
空焼きはせず、大切に扱い、多用していきます。
 
こうして振り返ってみると
選んでいる段階から今まで、ずっと楽しくて、この楽しさって 
エアサイクルハウジングの家づくりに似ている!
と気づきました。
 
家づくり
自分たちの暮らしを見つめて
何が良いのか、合っているのかリサーチ
 
信頼する家づくりの先輩の意見や感想を伺う
 
予算を最大限に活かして自分たちの夢を叶える会社を探す
 
それから間取りを考え、デザイン、素材を選定していって
腕のある職人で作り上げる
 
そして作ってから(完成してから)もずっと楽しんで暮らせる
 
そんな家づくりをお手伝いしている会社です。
準備の段階からワクワクが続く家づくり・リフォームをしたい方、ぜひお問い合わせください。
 
イベントは
家づくり・リフォーム、何から始めていいかわからないとき
 
失敗しない家づくりを学びたいとき
セミナーは日本橋の他、上野、大森会場でも開催します。