7/27,28パッシオパッシブビレッジ分譲販売会 内覧できる家の紹介~ムラがなく心地のよい冷房 | passiopassiveのブログ

passiopassiveのブログ

香川県のフルオーダメイド高性能住宅を建てている工務店のブログです

7月27日(土)、28日(日)、パッシオパッシブビレッジの分譲販売会を開催します。

内覧できるお家の紹介です。

 

 

この建物には、エアコンの室内機はありません。

天井カセットのエアコンもついていませんし、そもそもUa値が0.2程度の高断熱住宅には出力大きすぎます。

 

この建物にはダクトをつなげられるタイプのエアコン(アメニティエアコン)を採用し、第一種換気のダクトを利用した全館空調を取り入れています。

 

※ガデリウスのカタログより

 

換気装置の給気側(SA)の空気を温めたり冷やしたりして、各部屋に冷気や暖気を運ぶわけです。

 

第1種換気だとダクトは元々あるので、一石二鳥でとても合理的な方法です。

 

 

パッシブハウスクラスの建物ですと、計算上は6畳用エアコン1台で冷暖房できるくらいの性能です。

しかし、個室があったり、間仕切壁があると空気はうまく流れてくれず、どうしても温度差ができやすいです。

なので、サーキュレータやシーリングファンでかき回すわけです。

 

それに対し、換気の給気は原則各居室に吹き出し口がいっています。

なので、温度ムラが極少の快適な空間になります。

 

また、ルームエアコンに比べ気流を感じにくいのもよい点です。

(エアコンの風、苦手という人、多いですよね)

 

梅雨があけ、とても暑くなってきました。

ぜひ、ご体感くださいね。

 

イベントのページ