100日で自分らしい人生を再創造「新時代の女性の生き方革命ラボ」

100日で自分らしい人生を再創造「新時代の女性の生き方革命ラボ」

“いい嫁、良き母、バリキャリ…
お仕着せの社会的価値観にはもううんざり・・・”
そんな思いを抱くすべての40代女性たちへ
居場所探しはもう卒業!
『第3の女のポジション』を見つけて、
堂々と胸を張って生きられる
新しいあなたにライフシフトしませんか?

いつもブログを読んでくださっている皆様
初めてこのブログをご覧になられた方
ご訪問ありがとうございます
私は、普通の主婦からウォーキング講師になりました。
小さい頃から背が高いことがコンプレックスで、
気が付くといつも猫背。
自分に自信がなく、やりがいのある仕事も見つからない
パートの職場も長続きせず、転々と職場を変える日々でした。
そんな私が、ウォーキング講師になったきっかけとは?

元モデル、元CA、元ミス○○でもない
普通の主婦がミニスカートの伝道師と呼ばれ
三か月でミニスカートが履けるようになるウォーキングレッスンを
大阪・本町、神戸・三ノ宮で開催しています

中野香織の歩き方教室

NEW !
テーマ:

こんばんは。

 

 

40代女性の

「生き方シフト」の専門家

中野香織です。

 

 

 

 

この言葉は

ハラスメント

だと思うんです!!

 

 

 

 

 

なんでもかんでも

ハラスメントに

しすぎじゃない?

 

 

 

 

最近の風潮に乗って

ハラスメントを

利用してるんじゃない?

 

 

 

 

 

そう思われても

構わない。

 

 

 

 

 

なぜなら

この言葉を言われた人が

どんなに傷ついてるかを

知らないから。

 

 

 

 

 

言われても

仕方がない

という常識を

 

 

 

 

 

どうしても

変えたい!

 

 

 

 

 

子供がいない女性

にとって

一番傷つく

ひとこと

 

 

 

 

「子供を産んだ

ことがない人には

わからない」

 

 

 

 

子供がいない女性は

こう言われると

返す言葉を失う。

 

 

 

 

 

 

 

子供を産みたくないから

子供が嫌いだから

 

 

 

 

 

そんな理由で

子供がいない女性って

ほんの数%だと思う。

 

 

 

 

 

 

ほとんどの人は

なんらかの事情で

 

 

 

 

 

子供が産みたかったけど

産めなかった。

 

 

 

 

 

そういう人が

すごく多いのです。

 

 

 

 

 

それなのに

上記の言葉を

何の配慮もなく

 

 

 

 

 

平然と言われる

ことに、ずっと

矛盾を感じてた。

 

 

 

 

 

行き場の無い感情を

どうすることもできず

 

 

 

 

涙をこらえて

受け流すしか

なかった。

 

 

 

私は、自分の母に

この言葉を

言われました。

 

 

 

 

他人なら未だしも

実の母親に。

 

 

 

 

母とは

仲が悪い訳でもなく

 

 

 

 

たまに喧嘩も

するけれど

普通の親子関係だと

私は思ってた。

 

 

 

 

 

それが

ある日

何かの会話の中で

 

 

 

 

言われた

ひとこと。

 

 

 

 

「あなたは

子供を産んでないから

わからないのよ。」

 

 

 

 

 

おそらく

その時、母は

悪気とか悪意が

あった訳じゃない。

 

 

 

 

でもね

言われた本人は

心の中で

どんなに

傷ついてるか…

 

 

 

 

だって

今でも

忘れられない

のですから。

 

 

 

 

言った本人は

忘れている

でしょう。

 

 

 

 

今さら

そのことで

母を責める

気持ちはありません。

 

 

 

 

 

 

 

今、私が

声を出して

言いたいこと。

 

 

 

 

 

「むしろ

子供がいないからこそ

客観的に見られます!」

 

 

 

 

 

この反論を

何回飲み込んで

きたことか。

 

 

 

 

もう、

これ以上

飲み込み

たくない!!

 

 

 

 

そう、

覚悟を決めた。

 

 

 

 

 

 

この苦痛は

私だけじゃないから。

 

 

 

 

私と同じように

子供がいない女性は

 

 

 

 

何気なく

一番傷つく言葉を

 

 

 

 

予期せずに

何度も何度も

 

 

 

 

言われ続けて

いるから。

 

 

 

 

私は、

人生のドン底に

いた時

こう思った。

 

 

 

 

子育てだけが

人生でやらなければ

ならないことではない

 

 

 

 

 

『あなたたちの人生を

犠牲にしても

子供を産むべきだ』

 

 

 

 

と強要するのは

おかしいと思う。

 

 

 

 

時代錯誤の

ハラスメント

でしかない。

 

 

 

 

 

子供がいようがいまいが

思い通りの人生などない。

 

 

 

 

良いことも

悪いことも

双方にあると思う。

 

 

 

 

子供を持つ

持たないの選択は

 

 

 

 

それぞれに

尊重されるべき。

 

 

 

 

子供のいない女性が

これ以上

あの言葉で傷つく

ことを野放しに

したくない。

 

 

 

 

「子育て経験がない女性は

大人として未熟である」

 

 

 

 

そんな劣等感から

解放してあげたい。

 

 

 

 

子育て以外にも

あなたの役割は

いくらでもある。

 

 

 

 

それを一緒に

見つけてあげるのが

私も使命だと

思っています。

こんにちは。

 

 

 

40代女性の

「生き方シフト」の専門家

中野香織です。

 

 

美脚ウォーキングレッスン
「ミニスカートの伝道師」のブログ
→こちらをクリック

 

 

 

 

子供を産んで母になった女性と

未婚・未産の女性で

 

 

 

 

勝手に比較され

決めつけられることに

 

 

 

 

ずっと前から

疑問があった

 

 

 

 

 

どう比較されて

きたのかというと

 

 

 

 

女性は、

出産を経験すると
寛容になり

性格が丸くなる

 

 

こちらからお借りしました

 

 

 

 

それに比べて
未婚・未産の女性は
年齢を重ねていくと
「キツくなる」

と言われる

 

 

 

 

 

これって

真実なの?

 

 

 

 

 

出産経験が

あるかないか

だけで

 

 

 

 

なぜ

こんな風に

決めつけられる

んだろう?

 

 

 

 

 

 

「出産・子育てを経験する前後で

自分の性格や考え方に

変化があったと感じますか?」

 

 

 

 

この質問を

出産経験のある女性に

質問すると

 

 

 

だいたい

9割くらいの女性が

 

 

 

「出産前は自分勝手な人間でしたが、

出産・育児を通じて人間がまるくなり、

我を通さなくなりました」

 

 

 

 

と答えるでしょう。

 

 

 

 

子どもたちの相手をしているうちに

ある意味「大人になった」ことを

実感する人が多いよう。

 

 

 

それで

出産や子育ての経験は、

女性の価値観を

180度変化させてしまう。

 

 

 

 

と良い方向で

解釈されてる。

 

 

 

 

 

確かに

私の周りの

出産経験のある

女性たちも

 

 

 

 

同じようなことを

言ってた人がいるから

 

 

 

 

真実なのだと思う。

 

 

 

 

でも

一方で

未婚・未産の女性は
年齢を重ねていくと
「キツくなる」

と言われてるのは

本当なのかしら?

 

 

 

 

 

こんなこと

疑問に感じるのは

私だけなの?

 

 

 

 

 

たまたま

読んだ本の中で

 

 

 

 

人工知能研究者で

脳科学コメンテイターの

黒川伊保子さんが

書いてた言葉に

すごく納得した

 

 

 

 

どんなことが

書かれていた

のかというと

 

 

 

 

「子供を産んだ後の方が丸くなった

という女性はたくさんいる」

それは事実のみ

 

中には子供産んでも

性格がキツくなった人もいる

 

単なる

個人差の範囲

 

「女は子供を産むと

丸くなる」

 

「子供を産まない女は

ギスギスしている」

 

これは単に

世間の常識

 

 

 

 

 

この文章を

読んだ時

涙が出そう

になった

 

 

 

 

 

子育て経験のある

黒川さんの

この言葉で

救われた気がした

 

 

 

 

 

考えても仕方ない

世間の常識って

たくさんあるよね

 

 

 

 

 

例えば

「子供を産んでない

から親不孝」

とかね

 

 

 

 

本当に

親不孝なのかな?

と私は思う

 

 

 

 

世間の常識に

囚われて

自分の価値を見失い

つまらない人生を

送っている女性

 

 

 

 

そんな生き方をして

親は喜んでる?

 

 

 

 

それよりも

こういう風に

考えてみよう

 

 

 

 

あなたが

生きがいを見つけて

楽しい人生を

送っている方が

 

 

 

親は嬉しいんじゃ

ないかしら?

 

 

 

 

私も以前は

そういう世間の見方に

いつも卑屈になって

 

 

 

罪悪感を感じたり
肩身の狭い思いを

してきた

 

 

 

 

 

でも

卑屈になった

ところで

人生が好転する

わけじゃないと

気が付き

 

 

 

 

 

こんな風に

思うようになった

 

 

 

 

 

子供がいるいないは
女性の立場の

良し悪しには

関係がない

 

 

 


そのひとの生きる権利や
幸せになる権利

となんら関係がない

 

 

 

 

 

子供がいなくても

堂々と胸を張って

生きて行こうと決めた

 

 

 

 

 

たぶん

その時、心から

「子供のいない人生」

を受け入れることが

できたんだと思う

 

 

 

 

 

 

そして

子供のいない人生を

リスタートさせ

新しい生き方へシフト

できたんだよね

 

こんにちは。

 

 

 

40代女性の

「生き方シフト」の専門家

中野香織です

 

 

 

 

まず、最初に

お知らせです

 

 

 

 

これまで

ウォーキングレッスンや

姿勢と歩き方のことを

書いてきました

 

 

 

 

今後

ウォーキングに

ついての記事は

ホームページで

見てね

 

 

→こちらをクリック

 

 

 

 

今日は

いいお天気なので

先日、発見した

カフェで

お仕事しようと

出かけたら。。。

 

 

 

なんと

14時までだったアセアセ

 

 

 

せっかく

きたのにえーん

 

 

 

半泣きに

なりながら

 

 

 

仕方ないので

他のお店を

探そうと

 

 

 

 

ぶらぶら

歩いていたら

 

 

 

偶然

素敵なカフェを

発見!!

 

 

カフェにしては

珍しい

 

 

 

白とブルーが

基調のお店

 

 

 

cafe202

というお店

→こちらをクリック

 

 

 

 

これって

何かに似てる

 

 

 

 

どこかで

見たことある

 

 

 

この感じ

あれだよね

 

 

 

 

 

ティファニー

 

 

 

 

ティファニーブルーは

もっと濃い水色だけど

 

 

 

 

どことなく

感じが似てる

 

 

 

 

ティファニーを

想像させる

白とブルーの

テイストだから

 

 

 

 

普通のカフェと違う

少し高級感が漂う

 

 

 

 

お客さんも

あんまりいなくて

 

 

 

 

めっちゃ快適爆  笑

 

 

 

心斎橋って

土日は

人が溢れてて

 

 

 

 

どこのカフェも

人だらけショボーン

 

 

 

 

入ろうと思っても

席がない

 

 

 

 

いつも

そんな状態

 

 

 

 

そういう喧騒から

離れて

 

 

 

 

静かに過ごせる

贅沢な時間キラキラ

 

 

 

 

さてと

今から新しく

スタートする

プログラムを

仕上げるぞ〜

 

 

 

 

今までにない

ワクワクした

プログラムなので

お楽しみに音譜

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス