先日時間が有ったので淡路島へ車

今まで気になっていたが立ち寄った

事がなかったので行ってみました目

  北淡震災記念公園

ここには、1995年1月17日 午前5時45分に

発生した阪神・淡路大震災が残した爪痕(野島断層の動き)

が当時のまま現状保存され展示されています。

「既に皆さんご存じですよねあせる  

  上下0.5m 右方向に1.3mのズレ    国指定天然記念物の「野島断層」

 

 又、私自身も現状を直視した600mに渡って横倒しになった

阪神高速ガーン   本当に凄まじい状況でした。

ここ保存館を訪れ改めて写真パネルや説明書きを拝読し、

直下型地震の破壊力の凄まじいさを知ることとなりましたショボーン

保存館を出た所には

          「神戸の壁」 

     

この壁は1927年頃に建てられ第二次世界大戦の神戸大空襲

をしのぎさらに阪神・淡路大震災では倒壊全焼する中、この壁

だけが崩れることなく地震と火災に耐えた壁だそうです。

職業がら、コンクリートの厚みや配筋等が気になり 目 ・・・

奇跡ですね上差し

 

~私たちにでも出来る事~

子や孫に震災の記憶を風化させず感じたままを語り継ぎ、

震災から得た教訓と防災に対する意識を持ち続けてもらう事 

かなぁニコニコ

 

夕方近く、近くのカフェにコーヒーホットケーキ

大変有意義な一日を過ごしましたグッ