11月22日、株式会社パシオン設立25周年記念式典が開催されました。

 

 

 

心地のよいトランペットの音が鳴り響いた後、CM事業部三宅次長の開催宣言でいよいよスタート。

 

 

まずは、和太鼓の演奏。

力強い演奏が会場の雰囲気を高揚させていきます。

 

演奏が終わり、熱気冷めやらぬままトランペットによる「必殺仕事人」にのって、満を持して弊社社長が登場。

これまでのパシオン、またこれからのパシオンについてまさに『情熱』的な話で、感動的でした。

 

 

乾杯の合図と共に歓談が始まりました。

 

歓談の中、ご公務の都合により遅れて来場された国民民主党幹事長平野博文先生からご挨拶を賜りました。

ご多忙の中来場下さり誠にありがとうございました。

 

宴も酣、後半に差し掛かったところでステージを大々的に使って書道パフォーマンスが披露されました。

 

  大きく真っ白な紙面が鮮やかに彩られていき・・・

大胆で繊細なとても美しい『情熱』が描かれていました。

 

さて、パシオンの未来への展望として、モバイル事業部板野部長より発表がありました。

今後ますます大きく変貌を遂げていく世界の中において、弊社各部署が目指すそれそれの未来へのビジョンを持つことで、常にそれらに対応し進化し続ける存在になっていきます。

 

その後、これまでご協力、ご尽力頂きましたお会社様へ感謝状と記念品の贈呈を行いました。

また、代表致しまして株式会社黒建様が謝意を述べられました。

 

 

日下専務がお客様へ謝辞のことばを述べられました。。

最初からややフランクなノリで場を温めたあとは・・・

 

レディース&ジェントルマーン♪

と、まさかの英語で述べられたのはチョットびっくり( ゚Д゚)!!

 

 

そしてやはり最後は、弊社顧問林先生にきっちり締めて頂いて、式典は無事に閉会となりました。

 

 

25周年を無事迎える事ができましたが、これに満足する事なく進化し続けてまいります。

 どうぞこれからも株式会社パシオンにご厚意の程よろしくお願い致します。