河村典子 Mezzosopran und International Vocal Trainerin
  • 24Feb
    • 声が揺れる原因 Kein Nachdruck 

      声が揺れる原因特に曲の中で1音伸ばしてる間に揺れたり、不安定と言われた経験ありませんか?ほとんどの原因は、息の圧力後から息をプッシュ、舌のある部分に必要以上に力が入っているのが問題です。支えて、、もっと丹田に力を入れてこの方法、受け止め方次第では真逆にある筋肉を固く固定そのせいで喉仏も固くなり、それが支え正しい、、、教わってる方もいるかもしれません。健康な喉仏、筋肉の使い方を知れば、固めて、保持する力が無駄であると分かります。ロングトーンの極意はKein Nachdruck,nicht gewaltiger druecken舌とくにschluckmuskeln ごくんと喉がなる場所どうすれば良いか知っていますか?Supraleitung Methode Japan河村典子レッスンは完全予約制お問い合わせmusik.bs.europa□gmail.com□を@へ変換して下さい。

  • 19Feb
    • どんな会場でも響く歌声とは? 秘密の技術はここにあります★

      私がドイツ留学で約20名近くの著名な音楽家達から、徹底的に教わったことの一つ。それはいかに言葉がクリアに聴こえるように歌唱出来るか?それを理解すると・・・・大声が必要ない事、無駄なエネルギーを今まで使っていた事に気づくでしょう。https://youtu.be/BUGU-rS7dDA↑クリックすると スイス式最新発声法 Bewuustes Singen teil5 Besser artikulieren(発音をさらに改善するには?)舌の筋肉は複合的にとても複雑な筋肉群で構成されています。舌を制するものは、声を制すと言われているぐらい歌うにあたって、とても大切なBestandteil要素でありOraganisch器官である事に、気づく必要があります。日本語を正しく正しい喉の位置で発すれば、外国語と同じように良いポジションになります。また硬口蓋から鼻腔、軟口蓋から鼻腔の繋がりをどれだけ意識出来るか?ポイントとなります。共通するのは、決して押さないnicht gewaltiger druecken!Bewusstes Singen知覚すること、そろそろ始めませんか?Supraleitung: Der Weg zur Mitte - アマゾンwww.amazon.co.jp/...Weg-Mitte-Edit.../374481064Xスイス式最新発声法↑こちらから購入可能です(ただしドイツ語)この技術&本に関するお問いわせはSupraleitung Methode Japan認定Vocal trainer河村典子musik.bs.europa■gmail.com(■を@に変換して下さい)現在レッスンは予約制となっております。ご希望の2週間前までに、ご連絡をお願い申し上げます。海外留学・コンクール・基本的な発声の改善など お気軽にご連絡下さいませ。

  • 18Feb
    • 舌に力が入っていませんか?

      本日のテーマはZunge 『舌』です。言葉を発する時に、舌と顎はKettenriaktion連鎖反応で 舌が硬ければ顎も硬くなり、顎が硬ければ、舌が硬くなります。高い音を出す時、顎が硬い 舌根が硬いと言われた事ありませんか?声は貴方のパーソナリティ人格を表します。Edit Siegfired-Szavo先生のvideoのリンクを是非ご覧ください。https://youtu.be/KcgbWgiKoMEでは、実際にどのように実践するか?重要ですね。Supraleitung: Der Weg zur Mitte - アマゾンwww.amazon.co.jp/...Weg-Mitte-Edit.../374481064XEdit先生が書かれた、声のバイブル本がAmazonでも購入出来るようです。(ドイツ語のみ)Supraleitung Methode Japan代表 河村典子声に関するお悩み、海外留学・マスタークラス ・コンクール対策など、お気軽にご連絡下さい。musik.bs.europa■gmail.com(■を@に変換して下さい。)レッスンは現在、予約制のみ受け付けております。

  • 17Feb
    • 顎をリラックスさせて歌唱出来ていますか?

      昔 私自身の経験で・・・・舌根の力を抜いて(うん十年前)顎下げて下げてと習ったのですが、下げるほど喉が硬直してパッサッジョがうまく通過しなかかったり、顎の正しい位置にいつも疑問がありました。顎のポジションは歌を歌うのに、とても重要です。緊張した顎であれば、もちろん声はスムーズに抜けて行きません。スイスで私が手に入れた理論は、まさしくこれまでドイツでお世話になった全てのコーチ、総まとめ的な理論でした。皆さん、下顎が自然に開くとき・・・どこの筋肉と連動しているか知っていますか?それを知ることで、無駄に顎を下までに下げる必要がない事が分かります。https://youtu.be/8_LDX9hx23E←クリックするとEidt Siegfried-Szavo先生の動画がご覧いただけます。今まで歌を習って来られて、上手く声が出ない・・・それは先生が仰った事の受け取り方が上手く、捉えらてないかもしれません。Supraleitung Methode JAPAN代表 河村典子お問い合わせ musik.bs.europa■gmail.com(■を@に変換してください)海外留学・マスターコース・コンクールなど 受験生から〜愛好家まで、お気軽に連絡下さい。

  • 16Feb
    • 入門 歌うこと Das Eingangstour der Singen

      しばらくビデオ翻訳の進行が遅れて申し訳ありません。https://youtu.be/49pOzjOELu0Bewusstes Singenとは・・・?身体の成り行きを自覚する事、あらゆる筋肉を理解して、確かな安定を得て歌うことが出来ることです。Scalenus Anteriorという筋肉をご存知ですか?喉の奥深くに連結する筋肉群です。息を吸うと肋骨の一番目はautomaticに上に引き上がり、第3頚椎と連動します。この筋肉が自由であると、息のパイプも自由になります。決して無理やり鎖骨を引き上げてはいけません。Supraleitungとは、抵抗なくエネルギーをしなやかに使う事が出来る事です。喉に今まで沢山力を入れていませんでしたか?Supraleitung Methode Japan

  • 04Feb
    • 信念を貫く

      遅かれ早かれ・・・本物の神髄に触れる事一つ一つ起きる出来事を大切に今を精一杯生きたい今日も素敵な事に感謝潔ぎよく生きていこう

  • 02Feb
    • 4月5日 よみうり大手町ホール シューベルト『魔王』が鳴り響く

      この度、マエストロ 木村康人さん率いるチェンバー・フィルハーモニックの皆様と上記演目のソリストとして、共演させて頂けることとっても光栄です。ずっとずっと、マエストロと再び共演出来る事を願っていたので、本当に幸せです。ワーグナー『ヴェーゼンドンク歌曲集』はマチルデ夫人がワーグナーを支援していた時に、ワーグナーと恋仲になって作詞した、『トリスタンとイゾルデ』を作曲するきっかけとなった歌曲です。ロマンティシズムの中に恍惚と苦悩の間で揺れ動くワーグナーの世界。シューベルト『魔王』オーケストで歌うこと、バリトン・メゾの調ではないので、さらにドラマティックに聴こえると思います。フライヤーが公開になりましたので、さらにチケットのご予約が殺到する予想です。チケットご希望の方、河村までご連絡下さいませ。優先的にチケットを用意させて頂きます。チケットのご用命はnorikokawamura.mezzosopran@gmail.comまで連絡をお待ちしております。

  • 27Jan
    • 一流歌手の始まりは、楽器奏者

      『声』を出すメカニズム・・・とってもシンプルです。いつの間にか、迷路になって 声を出すメカニズムの根本が不明確になってしまうと、どの音域にいっても迷いが生じます。私はヨーロッパで宮廷歌手・劇場の専属歌手・専属合唱団・合唱指導者・音楽教育者ソプラノ メゾ アルト テノール バリトン バス様々な声楽技術を伝授して頂き、最終的にスイスのバーゼルで声を研究する第一人者の元で徹底的に理論も取得致しました。今まで感覚的でどこか分からなかった事が、スイスへ行き全部結びついたのです。そこまで長い道のり・・・果てしない道のりでした。そしてスイスへ行った事で、我が師匠テノールのSiegfried Jerusalem先生の教えがどれだか素晴らしいか、心底理解出来ました。80歳になっても変わらず衰えない声は、すべて徹底した理論にありました。そして、先生は40歳までファゴット奏者だった事が、歌手になる為に大きな助けになったと仰っています。またデュッセルドルフの大劇場で歌われる Romana Noack先生からの教え特に横隔膜の柔軟に使う発声は、はじめて知った訓練法で大変効果があります。

  • 12Jan
    • 2020年4月5日 東京公演のお知らせです

      【チェンバー・フィルハーモニック東京 第26回演奏会】  ~哀歌~ Lamentatione2020年4月5日(日) 2pm開演(1:30pm開場)よみうり大手町ホール (東京都千代田区大手町1-7-1)電車:東京メトロ千代田線/丸の内線/東西線/半蔵門線/都営地下鉄三田線/大手町駅C3出口直結メゾソプラノ:河村典子コンサートマスター:平山慎一郎指揮:木村康人W.A.モーツァルト:交響曲第26番変ホ長調K.184ヴァーグナー(モットル編):ヴェーゼンドンク歌曲集ハイドン:交響曲第26番ニ短調《ラメンタチオーネ》シューベルト(ベルリオーズ編):《魔王》D328シューベルト:交響曲第3番ニ長調D200チケット自由席2,000円(当日2,500円)チケットぴあにて2020年1月6日発売 [Pコード 173-867]https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1958978&rlsCd=001&lotRlsCd=先行チケット予約受け付けチケットご希望の方は、河村のメールアドレス      norikokawamura.mezzosopran@gmail.com までメッセージをお願い致します。 ・お名前・チケット希望枚数・チケット受け取り方法 郵送 or 当日受け付けにて受け取り        河村典子 Noriko KAWAMURA Mezzosopran東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。第53期東京二期会オペラ研修所修了。指揮者の準メルクル氏の推薦を受けて2015年渡独。ハンブルクのInternational College of Musicにて声楽を学び、バッハのクリスマスオラトリオを指揮者のMathias Husmann氏と共演。2016年ワーグナーの殿堂 カタリーナ・ワーグナー主催(バイロイト音楽祭の音楽監督、運営理事長)「バイロイト音楽祭」のスカラシップをきっかけに、ヨーロッパ本格的デビューを果たす。2017年イタリアのボルツァーノARTより客演歌手として「蝶々夫人」スズキ、「トリスタンとイゾルデ」ブランゲーネを好演。ドイツのFalkensteinより芸術助成を受けて、ピアニストのCostin Filipoiu氏とリーダーアーベントを好演。2018年南ドイツHerbstmusiktage Bad Urach音楽祭に出演。2019年ルーマニアICon Arts主催、シビウのASTRAホールにて客演。ヨーロッパの各プレスでは「圧倒的な情緒と説得力で魅惑的なメゾソプラノ」「もはや忘れることのできないメゾソプラノ河村典子」「人間の用いる様々な感情を時には皮肉に驚くべき熟達していた」オペラではカルメンタイトルロール、ヨハン・シュトラウス「こうもり」オルロフスキー、ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」ブランゲーネ、「ラインの黄金」エルダ、「神々の黄昏」ヴァルトラウテ等を好演。現在 宮廷歌手 Siegfried Jerusalem, 指揮者  Mathias Husmann,音声研究学者Edit Siegfried-Szavoの各氏に師事。2019年第15回ルーマニア国際音楽コンクール声楽部門の審査員を務める。インターナショナルVocalトレーナーとして、若手の育成及びマスタークラス ・講演会で高い注目を集める。ファーストアルバム「それはきっと素晴らしいこと」Amazonにて好評発売中。日本演奏連盟・日本ルーマニア音楽協会会員・スイス式発声法Supraleitung Methode Japan代表。木村康人  Yasuto KIMURA, Artistic Director幼少よりピアノ・ヴァイオリン・ヴィオラ・作曲を学び、私立東海高校を中退し、渡米。ウォルナットヒル芸術高校を経て、ニューイングランド音楽院別科作曲家卒、ニューヨーク・マネス音楽大学指揮科卒、国際基督教大学大学院比較文化研究家音楽専攻修了。これまでに指揮を田久保裕一、井崎正浩、ベンジャミン・ザンダー、マイケル・チャリー、サミュエル・ワン、マイケル・ティルソン・トーマス、クラウス・ペーター=フロールの各氏に師事。2010年第5回ゲオルク・ショルティ国際指揮コンクール本選に招待され、フランクフルト放送交響楽団を指揮。2016年第2回アトランティスティック・コースト国際指揮コンクール(ポルトガル)で日本人最高位のセミファイナリスト。ニューワールド交響楽団、ケベック州オーファール祝祭管弦楽団、チューリンゲン州立イエナ・フィルハーモニー管弦楽団、コンスタンツァ国立歌劇場管弦楽団、ルーマニア国立放送交響楽団及びロイヤル・チェンバー・オーケストラを含む国内外多数のオーケストラ、歌劇団、バレエ団、合唱団に登壇。2014年梅田芸術劇場主催・小池修一郎演出オーシャンズ11(出演:香取慎吾、観月ありさ他)大阪全13公演を指揮、2017年柳家花緑の落語バレエ「新・おさよ」ーバレエ「ジゼル」(東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団&東京シティ・バレエ団)の初演そ指揮し好評を博す。新国立劇場バレエ副指揮・東京トリニティ・コール常任指揮者、チェンバー・フィルハーモニック東京アーティスティック・ディレクター現職。平山慎一郎 Shinnichiro Hirayama, Concertmaster9歳で渡米。米ミシガン州インターローケン・アーツ・アカデミーを卒業後、ニューヨーク市マネス音楽大学で学ぶ。2004年及び2005年にルツェルン音楽祭アカデミーに招待され、故ピエール・ブーレーズ音楽監督の下、現代音楽プロジェクトに参加。東京フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団を始め各地のオーケストラにゲスト・コンサートマスター、フォアシュピーラーとして招かれている。チェンバー・フィルハーモニック東京とベルク・ストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲を、フレーリッヒ・ムジーク・オーケストラとブラームス、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を共演し好評を博す。赤松林太郎、寺田達郎氏とピアノトリオ、ムジーク・ケラーを結成。これまでサリー・トーマス、小林健次両氏に師事。浜松第2首席ヴァイオリン、チェンバー・フィルハーモニック東京初代コンサートマスター。

  • 12Dec
    • 6年ぶりの再会

      https://www.haus-marteau.de/files/03_Programm/Dozenten/singleview_dozenten.php?id=16&nav=9&subnav=57先日、故郷で第9とカヴァレリア・ルスティカーナを歌わせて頂きました。本番前、ある方が楽屋まで尋ねて来て下さり、「河村さん。ご無沙汰しています。ご留学される前、河村さんのドイツレパートリーをコンサートで聴いてから、しばらくどうしているかな?日本で次回いつ歌われるのかな?楽しみにしていましたよ。まさか、あの偉大なSiegfried Jerusalem へルデンテノールが貴女の師匠とは、日本で引っ越し公演で歌を聴いて以来、すっかりファンですよ。先生お元気ですか?オペラ歌手になる前は、ファゴット奏者だったそうですね」6年ぶりにお会い出来たお客様と、話しが盛り上がりました。やはり伝説のヘルデンテノールだったんだなぁと、我が師匠の功績に、ますます感激しました。★我が師匠 Prof.Siegfried Jerusalem先生のマスタークラスが来年の6月22日から26日まで、ドイツのBad Stebenで開催されます。世界中から歌手が大集結、次世代の歌手を発掘する登竜門的なマスタークラスです。絶大なる信頼と指導力、若い歌手に劣らず輝く美声は健在です。ドイツレパートリーを確立されたい方、世界コンペティションの対策など、親身にご指導下さいます。定員に限りがあります。ご興味ある方は、河村まで連絡下さいませ。

  • 30Nov
    • 河村典子メゾソプラノ2020年東京公演のお知らせ

      速報 先行チケット予約の受付 限定20名様2020年4月5日㈰河村典子メゾソプラノ東京公演のお知らせ東京のよみうり大手町ホールにて、シューベルト作曲「魔王」、ワーグナー作曲「ヴェーゼンドンク歌曲集」を歌わせて頂きます。私にとって大切なレパートリーです。魂で歌わせて頂きます。2016年、ワーグナーの殿堂『バイロイト音楽祭』カタリーナ・ワーグナー主催のスカラシップに選ばれたのをきっかけに、ヨーロッパで国際歌手としてキャリアが始まりました。ドイツ歌曲の分野では、ドイツのプレスやイタリアのプレスでも、音楽性を高く評価して頂きました来年4月のコンサートは、核となるレパートリーを、皆様と一緒に共有出来る事、とてもワクワクします久しぶりに、マエストロ 木村康人さんの指揮で演奏出来る事、心から感謝です。まだ一般発売前ですが☘️限定チケット20枚、先行予約を受け付けます。一般チケット発売は、来年1月頃です。🌸チケットの確保は河村まで、お問い合わせ下さいませ。どうぞ宜しくお願い致します♬問い合わせ先:norikokawamura.mezzosopran@gmail.comまたはブログのメッセージまで受付ています(チケット予約者のお名前・ご希望のチケット枚数を添えてメッセージをお待ちしています。)【チェンバー・フィルハーモニック東京 第26回演奏会 〜哀歌〜 Lamentatione】2020年4月5日(日) 2pm開演よみうり大手町ホール 千代田区大手町1-7-1(東京メトロ千代田線/丸ノ内線/東西線/半蔵門線・都営三田線 大手町駅 C3出口直結)http://yomi.otemachi-hall.com/hall/index.html自由席2,000円(当日2,500円)🌸メゾソプラノ:河村典子コンサートマスター:平山慎一郎指揮:木村康人【演奏予定曲】W.A.モーツァルト:交響曲第26番変ホ長調Kヴァーグナー(モットル編):ヴェーゼンドンク歌曲集ハイドン:交響曲第26番ニ短調《ラメンタチシューベルト(ベルリオーズ編):《魔王》D328シューベルト:交響曲第3番ニ長調D200シベリウス:悲しきワルツ (1904)/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/The New Tokyo Chamber Philharmonic Yasuto Kimura, Artistic Directorhttp://tokyochamberphil.org//_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

  • 23Nov
    • 合言葉は『Mozart』

      明後日から、東京出張です沢山のポテンシャルを秘めた生徒さん方と、ドイツ歌曲・オラトリオ・オペラをさらに発展させる為に、スイス式発声法&舞台語発音を丁寧に指導させて頂きます私の歌の偉大なる師匠Siegfried Jerusalem先生が、仰っていた合言葉『Mozart』この一瞬簡単であるけれども、そこに歌手として必要な喉の開け方が、集約されておりますドイツ留学・海外コンクールなど・・・様々な方面から、ご相談を受けておりまして、サポート出来る事にとても幸せを感じます。私の全ての経験が、各一人一人の生徒さんにお役立てる事に、感謝です。合言葉は『Mozart』ですübermorgen komme ich nach Tokyo, mit wunderbaren Schülern zu arbeiten. Es freut mich sehr, dass sie deutsche Lieder&Oratorium und Oper weiter entwickeln könnten. sie haben viel PotenzialUnser Kennwort ist ''Mozart''(Zitat: Mein grossartiger Prof. Siegfried Jerusalem)

  • 15Nov
    • 気付き 

      クラシック音楽の中で、オペラ 声楽分野は開花、いわゆる本格的デビューまでは、長い道のりがかかるとされています。今世の中はAI時代に突入、アナログの時代から近未来に加速しています。人間から発せられる「声」こそ、アナログであり、人の心を揺さぶり、機械では魂は作れません。「声」は、魂を移し出し、貴方を表現する大切な道具です。使い方を間違えると、「声」は貴方の意志とは真逆の意志を伝えてしまう。一生懸命歌う、話す、、、のに、伝わらなかったり誤解されたり。それは道具の使い方を知らないから。もうみんなと同じ、、、なんていう日本特有の時代は流行りません。貴方の人生は、貴方だけの大切な時間。ネガティブな人間に惑わされてる時間がもったいない。「声」は、貴方にいつも語りかけます。今 自由に生きれているか、、、Supraleitung Methode Japan

  • 13Nov
    • 最新スイス声楽発声本の中身について。

      ブログにご訪問下さいまして、誠にありがとうございます「声」に関する専門書は、ご存知のように 初級から上級編まで巷に溢れております。外国人著者の声楽専門書において、🇨🇭Edit女史が刊行された「Der Weg zur Mitte」は、身体のパーツにフォーカスして、31日間すなわち一ヶ月のプログラム期間で、Bewusstes Singen 知覚·意識して歌う活気的な本、私には大変刺激的であり、革命的でした。この本を通して、「声」を仕事にされている、あらゆるプロからアマチュアまた初級の方々へ(声楽 ミュージカル 合唱指導者 舞台俳優 音楽大学生 学校教師 司会者 アニメの声優etc)正しい「声」の取り扱い方を知って頂き、最終的に確実に安定した技術を手に入れ、自信を持ち 様々な舞台に活かしませんか?先日もブログでお伝えさせて頂きましたように、私は、この🇨🇭スイス最新声楽発声の本「Der Weg zur Mitte」を執筆された著者 Edit Siegfried Szavo女史 本人に会い、この本の内容を徹底的に理解しているお墨付きを頂き、日本の代理店及び代表としてSupraleitung Methode Japanを設立する運びとなりました。本の内容は以下のReihe.順序となっていますTag1-Unterdruck 低圧;負圧Tag2-Scalenus Anterior 全斜角筋Tag3-Nasenatmung 鼻呼吸1.Tag4-Der Psoas 大腰筋肉/腸骨筋Tag5-Der 12.Brustwirbel 胸椎12.Tag6-Bauch muskeln 腹筋Tag7-Die Schulter 肩Tag8-Die Augen 目Tag9-Die Zunge 舌Tag10-Die Lippen 唇Tag11-Das Zwerchfell 横隔膜Tag12-Der Damm 会陰部Tag13-Bauchmuskeln2. 腹筋2.Tag14-Nasenmuskeln2. 鼻呼吸2.Tag15-Der Kaumuskel 咀嚼筋Tag16-Der Kiefer 顎Tag17-Der Kehldeckel 喉頭蓋Tag18-Das Gesicht 表情Tag19-Die Stirn und die Zunge 額としたTag20-Die Hinterkopf 後頭部Tag21-Die innere Brustmusklaturインナー胸筋Tag22-Die Zwischenrippenmusklatur肋骨間筋Tag23-Schulterblaetter 肩甲骨Tag24-Das Schluesselbein 鎖骨Tag25-Die Augen 2. 目2.Tag26-Die Arme, Haende und Fingerspitzen腕 手 指先Tag27-Die Beine 足Tag28-Die Wirbelsaeule 脊柱Tag29-Das Herz 心-魂Tag30-Unliebsame Koeperlichコンプレックスな部位Tag31-Vorbereitung fuer die Uebung im 2Monat2ヶ月 準備期間の練習貴方は「声」を発する際,どれぐらい各パーツを理解して、貴方が苦手な箇所をクリア出来ていますか?また、今までどれだけ曖昧な言葉にふりまわされてきましたか?このプログラムは、貴方が苦手なところから始められますこの本の技術&レッスンについてのお問い合わせはnorikokawamura.mezzosopran@gmail.comまで。さぁ 迷ってないで、始めませんか?Supraleitung Methode Japan

  • 06Nov
    • ♦︎本当に行く甲斐があるドイツの声楽マスタークラス♦︎

      日本で知られている夏・冬の声楽マスタークラス と言えば、何を思い浮かべますか? 有名どころでは、ウィーン国立音楽大学始め・・名だたる音大のマスタークラスが大手の音楽代理店で、高い値段を払って短期留学された経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう私は現在、ドイツ音大に留学を叶えてヨーロッパで夢に向かって精進する学生・海外視野を入れて準備に取り組む学生・もう一度きちんとドイツ語の基礎から、ドイツ歌曲に取り組みたい方・声に何らかのトラブルを抱えている方・・・など指導しています。彼らの共通点は・・・『もっと早く 正しい情報を知りたかった。長い時間遠回りしてしまった。』・・・と、私のところへ相談にいらっしゃいます。私自身・・・・随分遠回りをして、ドイツ留学を叶えましたので、自分の苦い経験がリアルにあるからこそ、生徒達には、本当の情報を提供します年齢制限が厳しいコンクール・国立音大の準備は、容赦無く年齢の壁が立ちはだかります。ドイツの国立音大に入学すれば、ほとんど学費がかからずに音楽に集中する環境に没頭出来ます。また、オペラStudioと連携していますので、そこから劇場就職にも繋がります。迷ってる時間はありません本当に価値のある声楽マスタークラスへ行きませんか?ドイツのマスタークラスHaus Marteuで毎年開催されているマスタークラス があります。早々たる教授陣が貴方を待っています。ここで素晴らしい教授陣と出会い、次のステップへ行かれることをお勧めします私の師が、来年6/22~6/26まで声楽マスタークラスを開催致します。(今年で14回目を迎えます。)Prof. Siegfried Jerusalem ジークフリート イェルザレムgeboren 1940 in Oberhausen. Studium an der Folkwang Musikhochschule (Fagott, Klavier, Geige). Von 1961 bis 1977 war er Fagottist in verschiedenen Orchestern. Ab 1971 nahm er Gesangsunterricht in Stuttgart. Erste Engagements 1976 in Darmstadt und Aachen, 1977 in Hamburg, Zürich und Stuttgart, wo er jeweils den Lohengrin sang. 1977 Debüt als Froh (Das Rheingold) bei den Bayreuther Festspielen, wo er bis 1999 Mitglied des Ensemble war. Als Wagner-Sänger hat er sich internationales Ansehen erworben, und mit Partien wie Siegfried, Lohengrin, Parsifal, Rienzi, Tristan gastierte er an allen bedeutenden Opernhäusern. Heute widmet er sich vermehrt der zeitgenössischen Musik und dem Liedgesang. Immer wieder ist er in Charakterrollen auf der Bühne zu erleben, zuletzt u.a. als Aegisth in der Oper „Elektra“ und als Herodes in der Oper „Salome“. Von 2001 bis 2009 war er Rektor der Musikhochschule Nürnberg-Augsburg.ドイツのオーバーハウゼン1940年生まれ。Folkwang音楽大学で、Fagott/Klavier/Gesnagを学んだ。1961年から1977年まで、ファゴッティストとして様々なオーケストラで活躍した。( Stuttgart交響楽団など)1971年からStuttgartで本格的に声楽を習った。最初の歌劇場契約はドイツのDarmstadt・Aachen歌劇場,1977年からHamburug,Zuerich,Stuttgartの歌劇場で、ローエングリンを客演。1977年からはバイロイト音楽祭で『ラインの黄金』Froh役でデビュー。1999年まで同音楽祭のメンバー。インターナショナルなワーグナー歌手として名声を得たのは、ジークフリート ・ローエングリン・パルジファル・リエンツィ・トリスタンの役で、世界の主要の歌劇場で客演。今日は現代音楽や歌曲の分野に貢献している。さらにキャラクターテノールとしてキャリアの最後に『Elektra』のAegisth,『Salome』のHerodesを演じた。2001-2009年まで、ニュルンベルク音楽大学の学長を務めた。ジークフリート教授は、これまで世界の歌劇場に、優秀な歌手を世に送り出してきました。最近ならば、ウィーン国立歌劇場でお馴染みのAida garifullinaなど、また声楽の世界コンペティションの審査員長を務めています。留学したいけれど一歩踏み出せないで迷っている貴方へ。迷っている時間が勿体ないです。準備のお手伝いをさせて頂きます。ご相談されたい方は、河村までnorikokawamura.mezzosopran@gmail.comまでご連絡下さいませ。受講枠に限りがありますので、なるべく早くご相談受け付けておりますKurseクリックすると、マスタークラス の日時など 詳細が見れます。<span style="color:#ff007d;">22/20 - Meisterkurs für Gesang (22.06.2020 - 26.06.2020)</span>

  • 05Nov
    • スイス式 最新発声法上陸 『支える』理解してますか?

      ベルカントテクニックはイタリアだけのもの!イタリアオペラ以外はベルカントではない!・・・なんてたまに豪語する方がいますが、困ったものですね。一体bel cantoが何か?・・・理解しないで、豪語するのは理屈に合わないです。そもそも世界でベルカントオペラを歌う歌手が、イタリア人だけ?なんて聞いた事がありません。私はその疑問をすでに、高校生の頃に感じていました。私が惹かれた音楽はドイツ音楽だったので、当然ドイツレパートリーを得意とする歌手の録音を手に取る事が多かった。もう亡くなってしまって伝説化しているFritz Wunderlichフリッツ・ヴンダーリヒ,かのパバロッティも1990年のインタビューで、歴史上最も傑出したテナーはと聞かれて『フリッツ・ヴンダーリヒ』と答えています。(Wikipedia参照)メトの女王ルネ・フレミングも昔インタビューでベルカントって、皆さんどんな定義を持っていますか?疑問を投げかけていました。ベルカント歌手ではないとか昔酷評された事があった・・とベルカントの?はここまでにして・・・本題に入ります。よく 支えて、もっと支えて、そうよもっと丹田を使って・・・と声楽・合唱を学ばれた方は、耳にタコが出来るほど聞きませんでしたか?支えたのに、声が揺れる息が続かない不安定になるのは何故でしょうか私はヨーロッパの数えきれない経験の中で、この支え: Stuezeについて、今師事している二人のジークフリート師匠に出会うまで、探して探して探しまくって来ました。その探しまくった結果、何十パターンも女性・男性問わず、海外の生徒も含めて指導しています。★スイスで出会った最新発声法を書かれたEdit Siegfried-Szavo女史は、惜しげも無く100近い動画の中で、様々な項目ごとにドイツ語で技術説明しています。私の同僚外国の歌手仲間達も、ふと基本からブレそうになった時に、この動画を見て学び、著者の声のバイブル『Der Weg zur Mitte』を読んだり、コンクール前やオーディション前にはスイスまでレッスンを受けたりして調整しています。日本では、私が代理店として先生の技術をお伝えしていく所存です。(ブログに証明書が記載されています)今回のテーマは基本的な『支え』の導入編です。https://youtu.be/0bgBzH3Tji4☝️クリックすると動画を見れます。そもそも支えとは、呼気(ausatmen)吸気(einatmen)の拮抗バランスによって生じる圧力(Unterdruck)が、安定した支えとなり、横隔膜と声帯が正しく振動して稼働する事。この呼気(ausatmen)と吸気(einatmen)のバランスが悪いと、息漏れが生じたり、望む音程に届きません。拮抗する圧力のバランスを毎日整える事で、貴方のお声はバランスが整います。その圧力を例えると、掃除機が原理に似ています。モーターは中で稼働して、外に排出する。外側(Aussen) ⇆ 中側(innnen)より中側へエネルギーが流れ始めると、横隔膜はどの音程にも正しい音程を与えます中身をより詳しく知りたい&支えを改善したい方はSupraleitung Methode Japanmusik.bs.europa@gmail.com 代表の河村までご連絡下さい

  • 04Nov
    • しなやかな声を作る為に必要な声

      しなやかな声を作る滑らかな声を作る声がれしない声を作る長時間枯れない声を作る長時間講義で疲れない声を作るどの筋肉が貴方を苦しめてるか知ってますか?低い音が鳴らない、高い音が鳴らないのも筋肉の使い方を知らないで、なんとなく?歌ってきていませんか?一人悩まないで、プレッシャーをかけないで下さい。知りたい!!と思った瞬間から貴方の声が変わろうとし始めます。Supraleitung Methode Japan

  • 31Oct
    • オフィシャル発表♦︎スイス式発声法 Supraleitung Methode JAPAN♦︎

      https://www.bewusstseinstrainerin.chクリックすると、スイス式発声法の先駆者Edit Siegfried-Szavoさんのホームページへ声のバイブル本の著者、Edit Siegfried-Szavoさんのホームページに、オペラ歌手河村典子の事が掲載されました 以前お知らせしたように、唯一日本の代理店Supraleitung Methode Japanの代表として、今後このメソードの普及活動をしていきます 先日のブログにも書いたように、著者のEditさんは、これまでに英語の翻訳などの依頼があっても、頑なに断って来ました。巷に溢れるVoiceトレーニング、声楽法とは一線を画すものであり、これまで皆さんが声楽を習ってこられて、不明確だった事、先生に言われても自身がうまく取り込めない事など、この著者が書いた『Der Weg zur Mitte』に、秘密が書かれています。Eiditさんのホームページに書かれている事を、要約します。Supraleitung Methode:それは革新的な道 メンタルの中心へ(これ以下より、この技術をスープラと略します)スープラを通して、自分自身で学び、その目的に応じて 貴方が今必要とする身体の一部をくまなく観察出来ます。いつの間にか、不必要で不合理的な貴方の姿勢や習慣が、貴方の本来持つ輝かしい声をブロック妨げているのです。このメソードで、それを取り除き、改善する事が出来ます。貴方の本来の声は、流動的で自由であり、貴方自身の自由が、貴方の人生を豊かにします。貴方は勇気と常に戦っています。貴方の才能を存分に楽しみ、創造的なポテンシャルを伸ばすことが出来ます。それこそ本当の幸せです。支配人・電話番・先生・講師・歌手・音楽家・スポーツマン・どんな個人であろうとも、どの声も心地よく響き、以前よりベストな声に出会う事が出来るのです。貴方がもし声帯や話し声のトラブルを抱え、もしくはグローブシンドロームや歌のレッスンで私の所に来るとしたら、スープラは私のベーシックな方法として、形成されています。私は約30年以上の仕事の中で、気づ来ました。私たちがどれだけ多くの創造性を持っているか・・・ということを。どんな人間も自分の核があるのです。それを自分自身で感じると、誰からも惑わされずに、自分らしく振る舞う事が出来ます。自主決定はよそからされません。人生とは、ポジティブであり、破壊的なものではありません。私は、野心的なプロのみを世話する事はなく、どんな人にでも貴方の人生を貴方自身で輝かせるられるような意義あるものとしています。私の生み出したスープラのルーツは、今までにない全く新しいもので、比類のないものです。そしてその技術は物理学の知識にならいます。物理学の中で、Supraleitungとは元素の結合。それは抵抗なく電流が、導体によって流れる事が出来ます。この原理は、人間の身体にも置き換える事が出来ます。流動的な流れは、人間の身体では、物理・心理的な要素で妨げられます。このスープラとは、私たちの身体の繊細で小さな筋肉の為、特別な理学療法的な一種です。私はクライアントに応じて、様々な深層筋肉を感じるトレーニングを指導しています。これらが、活発になる事で、メンタルも改善されます。このメソードによって、貴方の筋肉はしなやかに流れ、貴方の核を見つける事が出来ます。短時間で変化を感じ、多くの苦しみも短期間で消えて、そこに留まりません。呼吸法は更に重要です。特に呼気のトレーニング。その練習法によって、ある種の内部の安定が生まれます。ある内部の張力により、外的な装用を緩める事が出来ます。内側の支えと、外側のリラックスによって、自身に満ち溢れた感覚になり、人々に特別な影響力を与える事が出来ます。すべての人々に適していて、貴方の声は、貴方だけのオリジナルを更に発展させる事が出来ます。私は教育者として、30年以上 このメソードを発展させて来ました。その成功により、私の生徒達・グローブシンドローム・声帯のトラブル・プロやアマチュア問わず 大きな前進を成し遂げました。私はこのメソードが更に精密化するように、常に駆り立てられています。またプロの器楽奏者にも、これは役立ちます。すでに固定化されてしまった筋肉を緩和させる事が出来ます。楽器の音色を色彩豊かへと変化させます。有名な日本人のオペラ歌手 河村典子さんは、私のメソードをすでに以前から取り入れていました。彼女はこの新しいメソードに着目して、導入しています。日本では、すでにSupraleitung Methode Japanを設立しました。この技術&本に関するお問いわせSupraleitung Methode Japan認定Vocal trainer河村典子

  • 30Oct
    • ♦︎配信開始 スイス式 最新発声法 導入編の日本語訳♦︎

      本日から、スイス式 最新発声法の動画の日本語訳をアップしていきます。Bewusstes Singen- Einfuerung Edit-Siegfried Szavo意識(自覚)して歌う 導入編  著者:エディト ジークフリート スツァヴォ心より君たちへ挨拶をします。『Bewusstes-Singen』のビデオを始めます。沢山の人々が『声』のトラブルを抱えています。ある日は絶好調だったのに、次の日は声が塞がれて狭い感じがしたり・・・このビデオの中(一連)で、解剖上を明確にすること、体の中で何が起こっているのか?毎回のレッスンで、体を通して学びます。頂上から足の先までの体の柱、前と後ろ、水平の感覚これらを感じた時に、物理学で言う『Supraleitung』と言う感覚が生まれます。Supraleitungとは、エネルギーを障害なく、くまなく使えると言う意味です。『支え』と言う器具を明確に理解する事で、『声』がどのように機能するかを学びます。『息の支え・声のポジション・鼻の空間・喉の空間・感情を豊かにして歌う事』左脳では、合理的に説明がする事が出来て、右脳では芸術的・感情的に生きる事が出来ます。これらを結び合わせて、バランスが生まれます。このビデオ一連で、どうやって君たちの感情開き、体の機能を自覚して、それを体には反映させる事が出来るのか?ビデオを通して、説明していきます。https://youtu.be/J5veRemyl4Eスイス🇨🇭で生まれた声の最新テクニックこの技術に関するお問い合わせはmusik.bs.europa@gmail.comスープラライトゥング JAPAN認定 VOCAL-TRAINER代表 河村 典子

  • 28Oct
    • ♦︎スイス最新発声法 スープラライトゥングJAPAN♦︎

      皆様こんにちは。ブログがアメバに移ってから、今までの経験や実績について、述べてきました。ご存知の方もいらっしゃるかもしれまんが、『声』という楽器は、感情的な理屈だけでは、完璧に操れません。私の声の師匠であるEdit Siegfried-Szavoさんが書かれた 声のバイブル SUPRALEITUNG『Der Weg zur Mitte』この本は、『声』に多く悩みを抱えるプロからマチュアまで、圧倒的な支持を得る革命的な声のバイブル本です。あまり商業的な方向に行きたくない、著者の思いからドイツ語と母国語であるハンガリー語のみで出版されています。日本人でこのバイブルを知っている方は、恐らくまだほとんどいらっしゃらないと思います。私は、著者の研究スタジオがある、スイスのバーゼルまで渡り・・・この本の中身について、Edit女史と徹底的に理解し合いました。お陰で、著者のEdit女史からは、日本人でただ一人このSUPRALEITUNGメソードを広めて良い権利を得ました。とても有難いです。河村の弟子(ドイツ・スイス・日本)達に、毎回レッスンでは、メソードを段階に応じて様々な技術を提供しています。『もっと早く知りたかった』『誰にも教えたくない技術』『喉の使い方を初めて知った』『日本人の歌手の癖が把握出来た』『どの言語関係なく対応出来る技術』『今までと違って確実に声が安定した』『以前と違い、緊張しなくなった』『声のコントロールが以前より楽になった』様々な反響を頂いております。 著者のEdit女史からの認定証♦︎Was bedeutet Bewusstes Singen? ♦︎Durch eine Kenntnisse/Wahrnehmungeine gewisse Stabilität zu bekommenBewusstes Singen とはそれはあるいくつかの知識・知覚を通して確かな安定を得られて、歌うことが出来る♦︎Supraleitung♦︎Ohne Widerstand geschmeidig fliessend singen Können抵抗なく しなやかに流れるように歌う事が可能スイス🇨🇭で生まれた声の最新テクニックこの技術に関するお問い合わせはmusik.bs.europa@gmail.comスープラライトゥング JAPAN認定 VOCAL-TRAINER代表 河村 典子