JAZZ PIANIST ぱくよんせ Park Yeongse
はじめまして、ジャズピアニストのぱくよんせです。

出演依頼、ライブ詳細、ライブのご予約、レッスン、楽譜作成等、お気軽にメールをくださいニコニコ

info@parkyeongse.com

東北のほうで流れている21seikiさんのCMで演奏させていただきました。
素晴らしいピアニスト小林岳五郎さんと二台のピアノでやりました。
編曲、録音は岩手の素晴らしいギタリスト、作曲家、編曲家の小林道夫さん。
このCMは第48回岩手広告賞 テレビの部「企画賞」受賞したそうで大変光栄に思います。
ぼくは人形と同じ衣装を着ております

よかったら動画もご覧になってください
https://www.youtube.com/watch?v=hO09slkY_Qo
https://www.21seiki-group.com/pc/CM/cm.html



レッスン詳細→こちら

初リーダー作 "With 9 Singers"出ました!!ぜひご注文よろしくおねがいいたします!!


CD本体はディスクユニオンで、iTunes、AmazonMP3はデータ配信です(少し安いです&1曲ずつ購入できます)

http://diskunion.net/portal/ct/detail/1006529887


https://itunes.apple.com/jp/album/id949182612


http://www.amazon.co.jp/dp/B00QOD44FO


ライブ情報をダイレクトメールで送らせていただきます。
ダイレクトメールをご希望の方は info@parkyeongse.com まで ダイレクトメール希望と書いて送っていただければこちらで登録します。別のアドレスで登録したい場合はそのメールアドレスをご記入ください。
お名前を書いてくださればありがたいですがもちろん匿名でも大丈夫です。どうぞよろしくお願いいたします。電話番号やご住所等は必要ありませんのでご安心ください。
パソコンメールを拒否されている携帯電話の場合、設定から @parkyeongse.com を迷惑メール対象からはずしていただくと確実にメールを受信していただけます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年08月17日

謙虚でいること

テーマ:ブログ

演奏であちこちに行くけども、どこにいっても聞くことは「お山の大将」がいるという話である。

つまり実力もないのになんらかの権力をなぜかもっていて威張り腐っているという連中である。

 

人付き合いが悪いとかコミュニケーションがとりにくいとかいうのはまだ許せるが、傲慢なミュージシャンというのは許し難い。

そもそも傲慢なミュージシャンというのはあり得ないのである。

 

なぜあり得ないか?

 

世界には音楽の神様がたくさんいてそんな次元に達している人などほとんどいないからである。

クラシックならバッハ、モーツアルト

ジャズならサッチモ、パーカー

誰がその次元に達しているというのかね?

 

なるほどスポーツならきちんと記録が出るから世界一位になることもできよう。

しかし音楽はそうではない。はっきり数字で出ないから勘違いするやつが出てくる。

 

お金はきっちりもらわないといけないし自分のことも守らないといけない。しかしまず謙虚でいること、これが最重要である。

そもそも普通に音楽を聴いていれば勝手に謙虚になるはずなのだから。

 

 

2018年06月21日

今日の事件について

テーマ:ブログ
今日は冷や汗をかきました

埼京線で新宿まで行って中央線の快速に乗り換えようとして12番ホームで待っていたのですがふと気づいたら右手にあるはずのカバンがない
そういえばシンセを持っていたので埼京線で棚の上に置いたのであったえらいこっちゃどないしよあの電車はそのままなんか横浜とかもっと先に行ってしまう電車に変わるんやないやろなやばいやばい中には財布と譜面とそれから人には言えへんようなやばいもんが入ってるんやえらいこっちゃえらいこっちゃそうや埼京線の折り返しやったらまだホームにおるかもしれんでももう五分くらいたってるしなやばい終わったどないしよとりあえず今日のライブの譜面コピーさせてもらわなあかんなあ申し訳ないなとりあえず見に行ってみよあったらラッキーやあるかなあるかなあるかなあるかな……うおーまだ電車いるーこの電車のってきた埼京線ちゃうかまだカバンあるかな俺のオレンジのカバン大事なかばんあったあったあったー助かった助かった神様ーありがとうー
2018年06月05日

サウナについて

テーマ:ブログ
最近サウナにはまっている。

というのもぼくはうちから徒歩三分のところの安いスポーツクラブに通っており、最近のスポーツクラブにはお風呂とサウナが併設されているからである。

まあお風呂は別にいい。素晴らしいのはサウナだ。

サウナの入り方というのは学校で教えてくれない。ぼくはただ汗をかくところだと思っていた。ところがそうではない。水風呂とセットだからこそのサウナなのである。

水風呂なんて冷たくて入れないというあなた。この言い方はぼくは嫌いだがあえていわせてもらう。「人生の半分損してます」

サウナで体がぽっかぽっかあっちっちになるまで入る。その後水風呂でじわりと体をひやす快楽。これが最高なのであります。しかし本当に最高なのはこのあと。水風呂からあがりイスか何かに座ってぼおっとする。すると、身体中がぽかぽかしてきてふわあっという感覚におそわれる。これ最高。

なるほどなあ、小さいころは謎であった「なぜおじさんたちはサウナに通うのか」がこの歳になって解明された。これはぜひ通うべきである。というか若い人こそ経験するべきだ。年長者はサウナと水風呂の魅力を若い人に伝えるべきであーる。

そんなこんなで
サウナの国フィンランドに行きたくなっているところである
http://www.visitfinland.com/ja/kiji/finlando-jin-to-isshoni-sauna-ni-hairou/
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス