今日はいいお天気の1日でした。

 

と言うことで爽やかな秋晴れの中での祝日プログラムでした。

 

最初のクラスは遥先生の基礎初級クラス。

 

普段は遥先生のクラスを受けられない生徒さんたちも多数お見えになって盛況でした。

 

しっかりと床を踏んで立ち上がるという基本中の基本を大事にしたクラスでした。

 

とてもシンプルなエクササイズを正確に繰り返すことで身体が正しく覚えていきます。

 

今日習ったことはしっかりとおさらいをしておきましょう。

 

次は引き続き遥先生でポワント入門クラスでした。

 

足裏の正しい位置をしっかり使って正しく立つこと。

 

ポワント初心者にはなかなか感覚的に体得できないことではありますが、

まずは頭で理解してイメージすることから。

 

ポワントを履くと、いかに普段のレッスンが大切なのかよくわかると思います。

 

頑張りましょう!

 

次は私で足裏ワークショップ。

 

バレエで最も重要なのが足裏といっても過言ではありまん。

 

建物で言うと土台の杭がしっかりしていないと、その上の建物は傾いていきますよね。

 

揺れたら大変!

 

足裏は身体の土台、足の骨は脛の骨に繋がり、脛の骨は膝を介して大腿骨に繋がり、大腿骨は股関節を介して骨盤につながり

骨盤は仙骨を介して背骨に繋がり・・・足が崩れているとその上をどんなに作っても崩れてしまいます。

 

足首の捻れ、膝の捻れ、股関節の内旋、

この状態でどんなに外旋六筋や体幹を鍛えてもまた下から崩れていきます。

 

つま先が伸びない(甲が出ない)、膝が伸びない、ターンアウトできない、引き上げ(押し上げ)ができない、片足になるとぐらぐらする、

脚が太くなる、いつも前モモがパンパン、ふくらはぎがパンパン、O脚で外重心・・・。

 

これらは足裏を鍛えることでずいぶん改善されます。

 

足裏といっても筋肉だけでなく骨も・・・

 

足裏を正しく使おうと思うと、骨盤のアライメントや正しくプリエをすることなど、バレエで重要なことに必ず繋がっていきます。

 

今日やったことは家でもできることがあるので、毎日コツコツやっていただけたらと思います。

 

また、近いうちに足裏ワークショップやりますので、今日参加できなかった人は次回一緒に勉強しましょう。

 

ちなみに私の足は一日中ポカポカです!

 

 

 

今日の最後は初級クラス。

 

足裏を意識しながら密度濃い90分でした。

 

足裏クラスに参加した方は今までと違う足裏の感覚を味わいながらのクラスだったのではないでしょうか。

 

足裏の感覚の変化が感じられなかった人はもう一息頑張りましょう!

 

 

 

明日は石井先生の基礎初級・初級クラスからです。

 

身体の使い方をしっかり学びながら力強いバレエを身につけていただけたらと思います。

 

今日も一日ありがとうございました。

 

感謝。

 

★当スタジオにおける新型コロナウィルス予防のための取り組み

スタジオ内とストレッチスペースの換気。手指用アルコール消毒剤の設置。

床、バー、ドアノブ、ロッカー、トイレ等の適時アルコール消毒、高濃度次亜塩素酸水消毒。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
https://www.parksideballet.com

<体験レッスン受付中!>
クラス充実、大人のオープンクラス!「基礎を正しく」が上達の秘訣。

3〜6歳フェアリークラス 、6〜11歳ジュニアA/B/Cクラスも!

 

★才能を伸ばそう!プロ目線でクォリティアップを目指す!

オーディション対策、留学対策、コンクール対策!
10歳〜13歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら