一気に秋が深まり空気が冷たくなってきました。

 

今年もYGP Japan(旧YAGP。今年名称変更しました。)にチャレンジしてきました。

 

尼崎での1週間という期間があっという間に過ぎ去りました。

 

場当たりでの真剣な目、袖で緊張する姿、夢中で踊る姿、どれを見ても輝いていました。

 

でも、ここは発表会ではなく悲喜こもごもの大型コンクールです。

 

当然ながら勝ち残れた子もいればそうでない子もいます。

 

負けてもしっかりと現実を受け入れて、リベンジに燃える強い気持ちを持ってまた練習に励んでもらえたらいいと思います。

 

出場者がこのコンクールに求めるものは総じて海外留学の切符です。

 

そのために毎日練習を積み重ね、自分磨きに身を粉にしています。

 

みんな努力をしてるのは事実ですが、努力の量と質には大きな差があります。

 

それはクラスを見てもわかりますし、舞台で踊る姿を見てもわかります。

 

努力は才能の一部と言いますが、何をどう努力してどこに達すればいいのか頭を使って練習しないと、努力も徒労に終わってしまいます。

 

私は練習にも5W1Hが必要だと考えています。

 

誰が、いつ、何を、なぜ、何を、どのように

 

たかがプリエ、されどプリエだということはバレエをする人ならみんな知っていること。

 

このプリエの正しい方法やトレーニングの方法などを書き出してみれば5W1Hに容易に当てはめられるでしょう。

 

プリエはフィーリングでやっていれば身につくと思っていたら大間違いですからね。

 

天才と言われるダンサーたちだって地道に長い時間をかけて身につけているのですから。

 

努力とは時間をかけて体を動かすだけでなく、しっかりと考えて理解を深めていくことだと思います。

 

正しい努力、賢い努力をどのくらいやったか。

 

それがヴァリエーションにもつながってくるわけです。

 

だから指導者は決してフィーリングだけで教えてはいけないと思っています。

 

日本人が世界で活躍できるバレエダンサーになるにはたくさんのハンデを乗り越えなければならないからです。

 

しっかりと学習しながら成長していく必要があるのです。

 

昨今では日本以外のアジア勢の躍進も目を見張るものがあります。

 

パークサイドバレエスタジオのジュニアSクラスは、そういうライバルに負けないような技術と知識を身につけるようトレーニングしています。

 

留学先で困らないバレエ、留学先の先生に認めてもらえる技術、全ては基礎力の向上が源泉です。

 

これからも自分を信じて頑張ってくれたらと願っています。

 

がんばれ!!!!!

 

今回のYGP Japanの結果はまだ出ていません。

 

ドキドキの結果待ちです。

 

そして、いつも誰よりもサポートしてくれている家族全員に感謝をしましょう。

 

家族の支えがなければ今の自分はなかったと自覚してね。

 

 

 

 

 

 

食欲も旺盛のYGPでもありました!

 

 

 

パークサイドバレエスタジオでの教えも1週間ぶり。

 

皆さんのバレエと真剣に向き合う姿を見て安心しました。

 

 

 

SクラスはYGPの反省を踏まえてさらに基礎力強化です。

 

 

今日も一日ありがとうございました。

 

感謝。

 

★当スタジオにおける新型コロナウィルス予防のための取り組み

スタジオ内とストレッチスペースの換気。手指用アルコール消毒剤の設置。

床、バー、ドアノブ、ロッカー、トイレ等の適時アルコール消毒、高濃度次亜塩素酸水消毒。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
https://www.parksideballet.com

<体験レッスン受付中!>
クラス充実、大人のオープンクラス!「基礎を正しく」が上達の秘訣。

3〜6歳フェアリークラス 、6〜11歳ジュニアA/B/Cクラスも!

 

★才能を伸ばそう!プロ目線でクォリティアップを目指す!

オーディション対策、留学対策、コンクール対策!
10歳〜13歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら