今日は少し湿度が高めの秋晴れでした。

 

やっと緊急事態宣言が解除されたばかりのタイミングでの発表会、感染対策に神経を使いながらの開催でした。

 

リハーサルもずっとマスクを着用していたので、出演者の皆さんにはさぞ息苦しかったでしょう。

 

先生方の妥協ない注意や指示に終始一生懸命に応えようとしてくれた出演者の皆さん。

 

その頑張りがちゃんと舞台に現れていましたね。

 

2部構成で、第1部が小品集。

 

ヴァリエーションあり、パ・ド・ドゥあり、コンテンポラリーダンスありの11作でした。

 

リハーサルの密度がそのまま舞台に現れました。

 

舞台は正直です。

 

純粋にバレエと向き合って、一生懸命研究と練習を積み重ねていると、ちゃんと結果に現れてくるものです。

 

どんな舞台でも反省点はあるものですが、みんなが及第点の踊りができたことは自慢してもいいと思います。

 

リハーサル中には悩むことも多かった人もいましたが、しっかり乗り越えました。

 

次回はさらに輝いた踊りをお見せできるよう、またコツコツと頑張っていただけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

第2部はコッペリアでした。

 

今回もたくさんお褒めの言葉を頂戴致しましたが、その中にいくつか教師冥利に尽きるものもありました。

 

「基本を大事にしているのが舞台の上から伝わってきた。」

 

「みんなが生き生きと踊りながら、自分勝手なバレエになっていなくて素敵だった。」

 

「大人から子供までとても品がよかった。」

 

「先生が出演者に求めるクォリティが高いのがわかった。出演者の皆さんすごい!」

 

などです。

 

クラシックバレエは品性が大事です。

 

品性は人間性の表れでもありますが、ことパークサイドバレエスタジオの舞台では端正な踊り、正しく身体を使った美しさにこだわっています。

 

そういうところを見ていていただけたら本望です。

 

今回はジュニアの生徒も多く、舞台上は賑やかになりました。

 

みんなよく頑張ってくれました。

 

今回はフェアリークラス、ジュニアCクラス、ジュニアBクラスで彩先生、早耶先生が振り付けと指導に大活躍でした。

 

舞台上でみんなが輝いて見えて、きちんと統制が取れた構成でした。

 

リハーサルまで先行き不安だったフェアリーの子達たちも、本番でばっちり!

 

ジュニアAクラスは喜入先生と朝枝先生が頑張ってくださいました。

 

さすがのお二人です。

 

勢いの良さと相まって全員が輝いて見えました。

 

大人の人は圧巻でした。

 

リハーサルで大汗をかき、自習でも大汗を流しながらスキルアップに励んでくださいました。

 

今回もいただきました「まるで公演でした!」

 

皆さん頑張りましたもん!

 

会場でお配りしたプログラムにもかきましたが、うちの顧問のロバート・テューズリー氏がよく言います。

 

Ballet is work! Not fun!!

 

ちょっと厳しいかもしれませんが、上手くなりたいと思ったらその通りなのです。

 

Joy is beyond the work!!

 

これは私が付け足した言葉です。

 

何事においても喜びは努力の向こうにありますよね。

 

明日に向かってコツコツと。

 

我々先生陣も、常に研究を怠らずコツコツ頑張ります!

 

ちなみにパークサイドバレエスタジオのモットーはこれです。

 

「バレエは努力が美しさに昇華する芸術」

 

 

 

 

 

 

 

バレエ団同期の西山裕子ちゃんも駆けつけてくれました!

 

忙しい中本当にどうもありがとう!!!

 

今日も一日ありがとうございました。

 

感謝。

 

★当スタジオにおける新型コロナウィルス予防のための取り組み

スタジオ内とストレッチスペースの換気。手指用アルコール消毒剤の設置。

床、バー、ドアノブ、ロッカー、トイレ等の適時アルコール消毒、高濃度次亜塩素酸水消毒。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
https://www.parksideballet.com

<体験レッスン受付中!>
クラス充実、大人のオープンクラス!「基礎を正しく」が上達の秘訣。

3〜6歳フェアリークラス 、6〜11歳ジュニアA/B/Cクラスも!

 

★才能を伸ばそう!プロ目線でクォリティアップを目指す!

オーディション対策、留学対策、コンクール対策!
10歳〜13歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら