今日は快晴で気温も33℃という真夏の暑さでした。

 

いよいよ今週はオリンピック開幕です。

 

無観客ということで、まるで記録会の様相ですが、この大会を開催まで漕ぎつけた多くの関係者の方々の努力に報いるよう頑張ってほしいと思います。

 

日本では夏に本公演をするバレエ団もありますが、世界的には夏はオフ。

 

ダンサーは夏休みを楽しむ人もいれば、営業に励む人もいれば、ツアーで各地を回る人もいます。

 

バレエ学校は総じて夏休み。

 

秋の新学期に向けて、みんな地元でレッスンに勤しんでいます。

 

うちのスタジオからは今年も留学する子がいます。

 

慣れない環境とコロナ禍ということで、不便も多かもしれませんが、強い気持ちでがんばってほしいです。

 

なんだかんだで、バレエは情熱がとても大事です。

 

テクニックを身につけても、人を魅了する演技は体の中から気が溢れるような情熱がないとね。

 

普段のレッスンの時から自分のサクセスストーリーをイメージしておくこと。

 

そのためにも心の鏡はいつもピカピカに磨いておく必要があります。

 

バレエの技術はとてもデリケートです。

 

ちょっとした心の乱れが影響してしまいます。

 

うちのスタジオでは、正しい身体の使い方には徹底するようにしていますが、突き詰めていくほどに新たな課題が噴出してきます。

 

それすらパズルを解くように楽しみながらチャレンジする人は伸びます。

 

成長は喜びにつながり、喜びは努力につながります。

 

曇った心では伸び悩むのは目に見えてきます。

 

自分の心がピカピカだと、それだけでパワーがみなぎってくるもの。

 

私は、そんなエネルギッシュな人が思う存分レッスンできる環境を作ってあげられたらなと思っています。

 

そのためには先生自身も情熱がないと伝わりません。

 

だから私も頑張ってます^_^

 

さて、今日は尚子先生の入門クラスから始まり、基礎初級クラス、初級クラスと進みました。

 

尚子先生はすごく丁寧で、美しく見せるポイントをきめ細かく教えてくださいます。

 

自分の動きを一つ一つ確かめながら、バレエを表現していく力を養っていただけたらと思います。

 

 

 

 

ポワントクラス、ジュニア超基礎クラスは私が担当。

 

超基礎クラスは10月の発表会に向けてのヴァリエーションの練習です。

 

技術の達成度と同格で大事なことは音楽性や表現力です。

 

センスや考え方は個人の素養によるところですが、何かきっかけをつかんでもらえたらと思っています。

 

昨日山井先生がジュニアにコンテンポラリーダンスを教えてくださいましたが、動きに自分の思いを乗せることを大事に教えてくださいました。

 

クラシックバレエのヴァリエーションは振り付けは決まっていますが、その振り付けをどう演じるかとか、どのように見せるかは裁量によりますよね。

 

自然と様々な情景や想いが湧いてくる子もいれば、哲学的な子もいます。

 

そういう個性を見ているのもまた楽しいです。

 

 

 

クラスの後は大人の方のリハーサル。

 

今日はヴァリエーションの練習にしました。

 

みなさんとっても情熱的でした。

 

大人の方は技術より情熱が前に出てきます!

 

若い子は逆のことが多く・・・。

 

うまくバランス取れるといいのですが。

 

でも一生懸命が一番輝いています!

 

素敵でした♡

 

 

今日も一日ありがとうございました。

 

感謝。

 

さて、明日もリハーサルだー!

 

★当スタジオにおける新型コロナウィルス予防のための取り組み

スタジオ内とストレッチスペースの換気。手指用アルコール消毒剤の設置。

床、バー、ドアノブ、ロッカー、トイレ等の適時アルコール消毒、高濃度次亜塩素酸水消毒。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
https://www.parksideballet.com

<体験レッスン受付中!>
クラス充実、大人のオープンクラス!「基礎を正しく」が上達の秘訣。

3〜6歳フェアリークラス 、6〜11歳ジュニアA/B/Cクラスも!

 

★才能を伸ばそう!プロ目線でクォリティアップを目指す!

オーディション対策、留学対策、コンクール対策!
10歳〜13歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら