今日は晴れていいお天気の1日でした。

 

怪我はいつでもあなたの隙を狙っているもの!

 

せっかく頑張っているバレエでも、怪我をしたら治るまでできなくなります。

 

突発的に起きやすい捻挫や打撲、いつの間にか忍び寄ってくる靭帯損傷や疲労骨折。

 

一生経験しない人もいれば、オンパレードの人もいます。

 

怪我自慢は不名誉なことですからね!

 

怪我の予防

 

1、ウォームアップ

 

これちゃんとやってない人多いですよね。

 

ウォームアップとクールダウンを混同している人多いです。

 

しっかり心拍数上げて、体温上げて!

 

2、正しいアライメント。

 

正しい体の使い方を学んで、しっかり体に落とし込むこと。

 

3、筋力トレーニング

 

バレエってけっこうハードなものですから、柔軟性だけでなく筋力の向上はマストです。

 

3、水分補給

 

できればミネラルも同時に補給できるといいです。

 

4、食事

 

間違ったダイエットをしていたり、偏食、不規則な生活は怪我を呼び込みやすくなります。

 

栄養は身体を作る

 

5、睡眠・休養

 

睡眠は成長ホルモンの分泌を促します。時には身体を休めることも大事。

 

6、身体の知識

 

身体の構造を知ることは怪我を知ることにもつながります。

 

7、アフターケア

 

スポーツマッサージなどで疲れた筋肉をほぐしてあげましょう。

 

8、身体の声に耳を傾けること。

 

神経質に慣れと言うことではないですが、いつもと違う違和感には気遣うようにしてあげられるといいですね。

 

バレエを100倍楽しむためにも、自分の体を大切にしながらレッスンしましょう。

 

過信、油断は禁物ですね。

 

それでも怪我をしちゃったら、焦らずに適切な治療を。

 

我慢し続けると慢性的になったり悪化してしまったりすることもあります。

 

バレエをする人みんなが健康でハッピーで楽しんでいただけたらと願っています。

 

さて、今日は彩先生の基礎初級・初級クラス、ポワント30で始まりました。

 

彩先生のダイナミックなバレエをよーく見て、注意をよーく聞いて真似していただけたらと思います。

 

今日も内転筋たっぷり使ったのでは!?

 

 

 

 

夕方は彩先生と早耶先生でジュニアCクラス、ジュニアBクラスです。

 

新クラスも始まりましたから発表会を意識したエクササイズも交え、密度濃いレッスンをしました。

 

ジュニアBクラスはキャラクターシューズでチャルダッシュの練習も。

 

バレエをする上でキャラクターダンスもマストです。

 

慣れない踊りもありますが、まずは覚えましょう。

 

 

 

クラス後に自習する子。えらい!

 

 

次は尚子先生の代講で早耶先生によるジュニアAクラス。

 

クォリティを上げるべく、みっちり充実のレッスンでした。

 

先生の熱い指導と生徒の情熱のせめぎあいになってくれたら嬉しいです。

 

そうすると一気に成長していきますからね。

 

 

今日の最後は私の基礎初級クラス、ポワント入門クラスでした。

 

基礎を手抜きなしでみっちり!

 

基礎を身につけるときに妥協すると正しく身につきませんからね。

 

シンプルなエクササイズを正しく何度も!

 

バレエが上手くなるため、美しくなるため、健康のため、そして怪我をしないためです。

 

みなさん、最後までとてもがんばりました!

 

このクラス続けていたら身体作れます!

 

 

 

 

明日はバレエに欠かせないリリースや筋肉の使い方を学ぶボディワークバレエストレッチから。

 

心身を解放しながら知識と感覚を養っていきましょう!

 

今日も一日ありがとうございました。

 

感謝。

 

★当スタジオにおける新型コロナウィルス予防のための取り組み

スタジオ内とストレッチスペースの換気。手指用アルコール消毒剤の設置。

床、バー、ドアノブ、ロッカー、トイレ等の適時アルコール消毒、高濃度次亜塩素酸水消毒。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
https://www.parksideballet.com

<体験レッスン受付中!>
クラス充実、大人のオープンクラス!「基礎を正しく」が上達の秘訣。

3〜6歳フェアリークラス 、6〜11歳ジュニアA/B/Cクラスも!

 

★才能を伸ばそう!プロ目線でクォリティアップを目指す!

オーディション対策、留学対策、コンクール対策!
10歳〜13歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら