これは僕たち2人のメダルだよ | パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエスタジオ東京のブログです。
スクールのこと、バレエのレッスンのこと、バレエ観劇のこと、バレエのことたくさん載せていきます。

今日も晴れてはいましたが朝からずっと寒い1日でした。

 

今日もまたローザンヌ国際バレエコンクールの話題ですが、私の予想が的中しました。

 

1位、マルコくん、2位、アバちゃん、3位、サンタナくん

 

クラスの映像を見て瞬間的にこの二人はいけると思って、スタジオでおしゃべりしていました。

 

マルコくんの受賞インタビューは素晴らしかったです。

 

「これは僕たち2人のメダルだよ」

 

けがのため途中棄権した山田ことみさんを気遣って、舞台上でこんなこと言ったのです。

 

「この賞をささげたい特別な人がいます。美しいダンサーで僕のクラスメート、ことみ。彼女はけがで決勝に出ることができなかった。この舞台で踊るために、彼女は本当に努力してきたんです。だからことみ、これは僕たちのメダルだよ」

 

と胸にかけられたメダルを客席にぐっと向けました。⁠

 

ことみさんは準決勝の前日、コンテのレッスン中に左足の小指を骨折してしまい、全治約1カ月と診断されてしまいました。

 

マルコくんは一緒に練習してきた仲間として、彼女の悔しさが痛いほどわかっていたのです。

 

バックステージでメダルを首にかけてもらった彼女のちょっぴりはにかんだ顔がかわいいですね。

 

 

ドラマの多いローザンヌ、さて次は4月にYAGPが控えており、ローザンヌ決戦出場組から14人がニューヨークでの戦いに挑みます。

 

うちの衣世がどこまで自分を出せるか、そしてどのような評価をしていただけるのか今からワクワクします。

 

バレエダンサーはコンクールが全てではないですが、ビッグチャンスには敢然とチャレンジしてほしいと思っています。

 

さて、今日はパークサイドバレエスタジオの永遠のアイドル尚子先生の入門クラス、基礎初級クラス、初級クラス、

そして私のポワント30、ジュニア超基礎クラス、放課後にヴァリエーション。

 

充実のバレエ 曜日でした。

 

尚子先生のクラスでも身体の使い方、注意すべきところはたくさん指導してもらえます。

 

勉強熱心で努力家の尚子先生だけに優しい笑顔の裏側にはたくさんのことを経験している重みもあるのです。

 

今日もたくさんデモを見せてくれていい勉強になったと思います。

 

たくさんレッスンして綺麗なバレエを身につけていただけたら幸いです。

 

とにかくバレエは正しく!

 

正しい知識から。

 

 

 

 

 

ジュニア超基礎クラスは、地味ですがと〜っても大事なことをたくさんレッスンしています。

 

バレエにはだいぶ慣れてきましたが、ウォームアップなどを見ていると、総じて運動能力を高めてあげられたらと思いました。

 

バレエはコーディネーションが大切ですし、この子たちが一人前の年齢になる頃にはコンテも大多数をしめるようになると思います。

 

がんばれ!

 

 

放課後のヴァリエーションは微に入り細に入り丁寧に!

 

テクニックだけでなく、個性もしっかり表現できるよう踊りの幅を広げられたらと願っています。

 

今日も一日ありがとうございました。

 

感謝。

 

2月度祝日プログラム&特別クラスのご案内

学べるプログラムがいっぱいです!

 

★当スタジオにおける新型コロナウィルス予防のための取り組み

二酸化塩素ガス溶存液の設置、手指用アルコール消毒剤の設置

適時アルコール消毒、次亜塩素酸水消毒

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
https://www.parksideballet.com

クラス充実、大人のオープンクラス!「基礎を正しく」が上達の秘訣。

3〜6歳フェアリークラス 、6〜11歳ジュニアA/B/Cクラスも!

 

★プロ目線でプロが求めるクォリティを目指す!

オーディション対策、留学対策、コンクール対策!
10歳〜13歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら