将来のためにしてあげられること | パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエスタジオ東京のブログです。
スクールのこと、バレエのレッスンのこと、バレエ観劇のこと、バレエのことたくさん載せていきます。

今日は風が強く今年でいちばん冷え込んだ1日でした。

 

突然ですが、生まれ変われるとしたらどういう自分になりたいですか?

 

あるいは何になりたいですか?

 

深夜にローザンヌ国際バレエコンクールのライブを見ながら、ため息ついた人けっこういるのでは?

 

私も若い頃は自分がこうだったらとか、こういう環境だったらとか思ったことが少なからずはありましたが、今はほとんどなくなりました。

 

バレエは進化しています。

 

20年前、30年前と今とではバレエダンサーに求められる要件や環境が違います。

 

バレエ界でクラシックバレエが燦然と君臨していた時代、その型に入ることが成功への第一歩でした。

 

ですが今の時代は違います。

 

ダンスの種類も増え、ありのままの自分、自分の条件にあった表現方法や作品スタイルを選べるようになりました。

 

ダンサーはお客様に見てもらって成り立つ商売であることには変わりはありませんから、選択肢が増えるほどに多様性や個性というものの重要度が増してきたのかなと思っています。

 

世界の中での日本の立ち位置は特殊です。

 

習い事としてのバレエは世界のメジャー国を凌駕するほどですが、バレエ教育の中身や就職までのフォロー、政策などではだいぶ遅れをとっています。

 

優秀な子がどんどん海外目指して行くのは歓迎しますが、その反面国内で中抜け状態がおこることも事実。

 

才能がある子が途中で気持ちが変わってしまうケースも多々です。

 

若い子が本気で夢を持って、未来に向かって頑張れる環境を作ってあげること、そしてどこに行っても恥をかかないしっかりとしたバレエを教えてあげることが私たちバレエ教師の役割だと思います。

 

バレエの基礎がしっかりと身についていれば、将来自分がどの方向性に歩いて行こうとも芯の通ったダンスができます。

 

バレエの基礎、人間としての基礎、エンターテインメントの世界で生きて行くためのたくましさ、どれだけ伸ばしてあげられるかわかりませんが、一歩一歩生徒と共に歩んで行けたらと思っています。

 

さて、今日は私のボディワークバレエストレッチでスタート。

 

午前中はフレッシュで集中力もあり、自分の体と向き合うのにいいですね。

 

バレエのクラスでよく言われる注意の根本的な身体の感覚を学んでいただいています。

 

身体の使い方がわかれば、後は反復練習あるのみです。

 

 

 

次は初級クラスとポワント30。

 

みなさんの頑張りはとてもよく見えています。

 

エクササイズはシンプルにしていますが、その分身体の使い方や基本はおろそかにしない。

 

自分の身体の条件の範囲で可能な限り正しく使う。

 

美しいバレエの根幹です。

 

 

 

 

 

夕方は石井先生のジュニアAクラス。

 

今日もみんな元気にレッスンを楽しめたと思います。

 

あっという間に大きくなって、大人のバーでレッスンする子が増えました。

 

 

 

夜はジュニアSクラス。

 

どれだけ完璧に近づけるか!

 

というと語弊があるのですが、自分の身体の条件や特徴と鑑みながら、どれだけ美しくダイナミックに動けるか。

 

がんばれ!

 

最後は尚子先生のオールレベル基礎クラス。

 

今日もたっぷり動きながらたくさんレッスンできたのではないでしょうか。

 

バレエって高揚感が大切。

 

先生と一体となってバレエに夢中になっていただけたら幸いです。

 

 

 

 

今日も一日ありがとうございました。

 

感謝。

 

明日も明るく頑張りましょう!!

 

 

★当スタジオにおける新型コロナウィルス予防のための取り組み

二酸化塩素ガス溶存液の設置、手指用アルコール消毒剤の設置

適時アルコール消毒、次亜塩素酸水消毒

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
https://www.parksideballet.com

クラス充実、大人のオープンクラス!「基礎を正しく」が上達の秘訣。

3〜6歳フェアリークラス 、6〜11歳ジュニアA/B/Cクラスも!

 

★プロ目線でプロが求めるクォリティを目指す!

オーディション対策、留学対策、コンクール対策!
10歳〜13歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら