朗報!ミュンヘンスカラ | パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエスタジオ東京のブログです。
スクールのこと、バレエのレッスンのこと、バレエ観劇のこと、バレエのことたくさん載せていきます。

今日も真冬とは思えない陽気の1日でした。

 

さて、まずは朗報から。

 

先週D&Dマスタークラスのジュニアの部に参加していた、当スタジオジュニアSクラスの畑石衣世が、ミュンヘン州立バレエアカデミーの短期スカラなど計3つのスカラシップをいただきました。

 

困難を乗り越えてまた一歩、歩みを進めることができました。

 

完成度はまだまだかもしれませんが、基礎力をしっかりと養ってきた結果だと思います。

 

きちんと見られて然るべきところをきちんと見てくださった先生方に感謝です。

 

本人も幸先の良い1年のスタートを切ることができました。

 

3月はミュンヘン、4月はYAGPニューヨークファイナルです。

 

本当の戦いはこれからです。

 

未来は自分で切り開くものですが、頑張っている人だけが希望を語れるのです!

 

だって頑張ってない人には希望がないわけで・・・。

 

 

さて、今日ははるか先生の基礎初級クラスで始まりました。

 

上半身を美しく使った優雅なバレエを学べるクラスです。

 

はるか先生はバレエを指導するにあたり、きちんと解剖学やさまざまなエクササイズやコンディショニングを学んできています。

 

新国立劇場バレエ団での舞台経験をベースに生徒さんに伝える技術を考えながらレッスンをしてくれています。

 

バレエはコツコツと積み上げていくものですが、優雅で美しく踊るバレエを目指して続けていただけたらと願っています。

 

 

 

 

次はボディワークバレエストレッチ。

 

今日も気持ちよ〜くエクササイズを楽しみました。

 

筋肉の隅々まで意識しながらバレエで大事な感覚を学んでいただきました。

 

 

 

次は初級クラス。

 

基本に立ち返って正しく身体を使うことを念頭にじっくりレッスンを進めました。

 

じっくりやってみると新しい発見もありますし、疑問点や課題も見えてきます。

 

どうしたら足が上がるの?

 

どうしたら骨盤が傾かない?

 

こんなシンプルなことのひとつひとつが合わさってバレエ全体に影響するのです。

 

今日学んだことは忘れないうちちちょこっとおさらいしておくといいですね。

 

 

 

 

夕方は森下先生のフェアリークラス。

 

みんな元気です!

 

元気なのが一番ですが、レッスン中はちゃんと先生のいうことをよく聞いて、バレエに集中しましょう!

 

 

 

夜はジュニアSクラスから。

 

みっちり細かくレッスンしましたので、バーだけで終わってしまいました。

 

もっともっと精度をあげて、いつか舞台の上でお客様を楽しませる素敵なダンサーに育ってくれたらと願っています。

 

今日の最後は喜入先生の初中級クラス、ポワント30でした。

 

今日もクラスで一番元気なのが喜入先生!

 

ダイナミックなバレエをたっぷり学んでいただけたと思います。

 

バレエは、舞台の上では客席の後ろの方のお客様や4階席のお客様にも演技が伝わらなければいけません。

 

そのためにもダイナミックな動きは必要ですし、正しく美しく踊ることが求められるわけです。

 

よく先生のデモを見て、楽しくレッスンしていただけたらと思います。

 

 

 

 

今日も一日ありがとうございました。

 

感謝。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
https://www.parksideballet.com

クラス充実、大人のオープンクラス!「基礎を正しく」が上達の秘訣。

3〜6歳フェアリークラス 、6〜11歳ジュニアA/B/Cクラスも!

 

★プロ目線でプロが求めるクォリティを目指す!

オーディション対策、留学対策、コンクール対策!
12歳~16歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら