腸活、腸トレ | パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエスタジオ東京のブログです。
スクールのこと、バレエのレッスンのこと、バレエ観劇のこと、バレエのことたくさん載せていきます。

今日は雲が多い1日でした。

 

突然ですが腸活、腸トレしていますか?

 

そもそも腸活と腸トレの違いは?

 

ネットや本を見るとごっちゃになっていますが、腸活は食物やサプリなどで腸の中から元気にさせること。

 

腸トレは腸にいい運動のこと。

 

バレエをしていると腸の状態はその日の調子に大きく影響します。

 

腸の状態がいいということはその他の消化器官も正常に働いているということ。

 

内臓と体幹はその位置関係から密接であり、特に腎臓なんかは筋膜と内臓膜が大腰筋とくっついています。

 

腎臓が弱っていると大腰筋がうまく働かないという現象も起こるので、内臓の状態はいつも健康に保った方がいいのです。

 

特に腸は免疫力を司る器官でもあるのでとても重要です。

 

ボディワークバレエストレッチのクラスでは呼吸法や上体のねじる運動などで、かなり腸を元気にしてあげるエクササイズを取り入れています。

 

今まで腸を意識していなかった人はちょっと意識してみるといいかもですね。

 

呼吸法を正しく使うことだけでも、とてもいい腸トレになりますからね。

 

腸の良し悪しは体のキレに大きく影響します。

 

また、バレエダンサーは食事には気を使います。

 

私はあまりサプリを摂らないで、なるべくバランスの良い食事をするよう心がけています。

 

難点は仕事柄で規則的な食事ができないのが残念。

 

ちょっと改善しないとなんですけどね〜。

 

さて、今日ははるか先生の基礎初級クラスでスタート、私のボディワークバレエストレッチ、初級クラスと続きました。

 

バレエの美的センスを磨くことは自分のイマジネーション力と比例します。

 

バレエのレッスンとは舞台芸術のレッスンですから、その時の音楽に合わせて雰囲気を出して動くと良いです。

 

でも、あまり悦に入りすぎて動きが誤った方向に行かないように。

 

1、エクササイズを覚える。

 

2、先生の要求を瞬時にキャッチする。

 

3、動きの中で大事なポイントを瞬時に整理する。

 

4、そして自分の色を表現する。

 

なかなか4にたどり着けないという人も多いかと思いますが、エクササイズの覚え方も工夫してみると良いですね。

 

昔美術の授業で24色の基本色を覚えさせられたことがあると思いますが、これの覚え方も人それぞれでした。

 

リズムで覚える人、24色の図を全体の絵として覚える人、文字としてひたすら覚える人。

 

頑張りましょう。

 

 

 

 

 

夕方は森下先生のフェアリークラス 。

 

新しいお友達も増えて、楽しくレッスンしました。

 

クリスマスパフォーマンスの練習もそろそろね。

 

さて、どんな衣裳を着るのか楽しみですね!

 

 

 

夜は私でジュニアSクラス。

 

このクラスはプロになりたいという夢を持った若者が切磋琢磨するクラス。

 

どこに行っても恥ずかしくないバレエを基本から徹底的に学びます。

 

最初は心も身体も弱かった子が、だんだんと歯を食いしばって頑張るようになり、心が強くなり身体も強くなり

積極性も出てきます。

 

バレエは頭を使ってするものです。

 

頑張れ!

 

 

最後は喜入先生の初中級クラス。

 

今日も密度濃く、喜入先生の一生懸命が伝わってくるクラスでした。

 

先生が一生懸命だと、教わる方も元気になれるもの。

 

今日もバーだけ受けさせてもらいましたが、とっても気分爽快!

 

 

 

今日も一日ありがとうございました。

 

感謝。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
http://www.parksideballet.com

クラス充実、大人のオープンクラス!

「基礎を正しく」が上達の秘訣。

 

★プロ目線でプロが求めるクォリティを目指す!

オーディション対策、留学対策、コンクール対策!
12歳~16歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら

 

★小学校高学年のバレエクラス!ジュニアAクラス

バレエは正しく習えば心も身体も美しくなれます!

生徒募集中!バイリンガルでとっても楽しいクラスです!

 

★ジュニアBクラス(小学校1〜3年生)

バレエ経験のあるお子様もないお子様も、基礎から正しくバレエを学美、

心身ともに美しく成長しましょう!

詳細はこちら