筋肉の疲れにアクティブレスト | パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエスタジオ東京のブログです。
スクールのこと、バレエのレッスンのこと、バレエ観劇のこと、バレエのことたくさん載せていきます。

今日は真夏再来を思わせる暑い1日でした。

 

爽やかな秋はもう少し先かもしれませんね。

 

気温差に体が不調を訴えている人もいらっしゃると思います。

 

普段と同じことをしていても筋肉疲労が激しいとか。

 

疲労の原因で最も比重が高いのは脳の疲労だそうです。

 

なかなかトレーニングの疲れが取れなくなってきたときは、実は脳からの疲れた信号が原因ということも往往にしてあるのです。

 

脳が疲れた信号を発すると、全身が疲れた感覚に覆われます。

 

悪いことにそうなると血流も良く無くなります。

 

ますます筋肉に負担がかかり、コリもひどくなってきたりします。

 

そんなときは睡眠、入浴、食事、休養が大切なことは周知の通りですが、オススメしたいのがアクティブレストです。

 

アクティブレストとは読んで字のごとく運動で疲れを取る方法のことです。

  1. きつい運動はしない
  2. 頑張らない
  3. 気持ちいいと感じる
代表的なのは軽いジョギングやウォーキングなどです。
 
自然の中を歩いたり、公園の木々の中を走ったりすることで心身ともにリセットされます。
 
パークサイドバレエスタジオでオススメなのはボディワークバレエストレッチとジャイロキネシスです。
 
バレエで必要な感覚を養うのが目的ではありますが、無心でエクササイズすると心身が解放されます。
 
バレエの役にも立って一石二鳥です。
 
実際に私も疲れた時にはこのボディワークバレエストレッチやジャイロキネシスを積極的にやるようにしています。
 
血流が良くなり、脳も体も復活してクラスの時にしっかり体が動くようになるのです。
 
ということで、筋肉の疲れを感じたら、アクティブレストで脳からリラックスさせてあげましょう。
 
さて、今日は石井先生の初級クラス、ポワント30でスタート。
 
夕方はジュニアCクラス、ジュニアA・Bクラス。
 
夜は私のジャイロキネシス、初級クラス、ポワント30でした。
 
ジャイロキネシスはまさにバレエに直結した奥深いエクササイズですので、理解を深めながらコツコツ積み上げていきましょう。
 
バレエのクラスで注意される骨格のことや使い方なども、ジャイロキネシスをやっていると早く合点がいきます。
 
合点がいけばあとは努力あるのみです。
 
頑張りましょう!
 
 
 
 
 
今日も一日ありがとうございました。
 
感謝。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
http://www.parksideballet.com

クラス充実、大人のオープンクラス!

「基礎を正しく」が上達の秘訣。

 

★プロ目線でプロが求めるクォリティを目指す!

オーディション対策、留学対策、コンクール対策!
12歳~16歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら

 

★小学校高学年のバレエクラス!ジュニアAクラス

バレエは正しく習えば心も身体も美しくなれます!

生徒募集中!バイリンガルでとっても楽しいクラスです!

 

★ジュニアBクラス(小学校1〜3年生)

バレエ経験のあるお子様もないお子様も、基礎から正しくバレエを学美、

心身ともに美しく成長しましょう!

詳細はこちら