マンハイムへの旅立ち。 | パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエスタジオ東京のブログです。
スクールのこと、バレエのレッスンのこと、バレエ観劇のこと、バレエのことたくさん載せていきます。

今日は晴れたり曇ったり、まずまずのお天気でした。

 

日中は蝉、夕方からは鈴虫と季節の変わり目を感じる今日この頃です。

 

夏の終わりは少し名残惜しく淋しいものですが、もっと淋しいのは生徒が巣立つ時。

 

今日また一人、ドイツ国立マンハイムバレエアカデミーに巣立っていきます。

 

でもそうやって夢の実現に向かって巣立てるよう育てるのが私の使命。

 

この子はとても自分に厳しい子で、たくさんの困難を乗り越えて1歩前進しました。

 

辛いことを乗り越えた分だけ人間は大きくなるものです。

 

パークサイドバレエスタジオに来て2年弱ですが、来た当初と比べると別人です。

 

今日彼女がくれた心のこもった手紙に、

 

「体の条件がいいわけでもなく、メンタルも弱い、基礎もテクニックも知識さえもなかった自分に、1度も見捨てることなくただまっすぐに向き合ってくださった先生だからこそ、私の中で最大限信頼できる存在であり、必ず変わりたいという意志を持たせてくれたのだと思います。」

 

と、ありました(涙)

 

心から感動しました。

 

バレエも変わりましたが、人としても大きく成長してくれて、今やSクラスのリーダー的存在になってくれました。

 

彼女は時間をかけて切磋琢磨し、その場しのぎではない心の根底から溢れる「何か」が出てきました。

 

人はその「何か」のことをパワーとかオーラとか言いますが、私はその「何か」の正体がなんであろうと構いません。

 

例えるとしたら心の中の炎だと思います。

 

この炎を絶やすことなく、夢の実現に向けて、自分自身でもっと大きな炎に育てていってほしいと思います。

 

これからも苦心し、自分で考え、自分で答えを見つけ、自分で道を切り開いていってほしいと願っています。

 

まずはおめでとう!

 

 

 

さて、今日は盆子原先生の入門クラスでスタート。

 

よく動きよく学ぶ。

 

バレエの上達には正しい知識と、慣れるまで反復することがとても重要です。

 

盆子原先生のデモをしっかり見ながら頑張っていただけたら嬉しいです。

 

 

 

次は私のボディワークバレエストレッチ。

 

最近とっても問い合わせが増えています。

 

バレエ上達のためのエクササイズ。

 

体の使い方を学びながら、正しく使った時の感覚を覚えていってほしいと思います。

 

 

 

次はバレエ初級クラスとポワント。

 

バレエは体の条件に大きく左右される踊りですが、自分の条件の範囲でしっかりと体を使うことが美しさの大前提です。

 

バレエをする人は皆、健康と美容の両方を目的にしていると思いますが、教わったことをちゃんと理解して体を使っていただければどちらも手中に収めることができます。

 

一緒に頑張りましょう!

 

 

 

 

夕方は喜入先生にバトンタッチで基礎初級クラス。

 

元気いっぱいに教えていただきました。

 

一生懸命先生の真似をしようとすると、身体が萎縮してしまうということもよくあります。

 

ですが、喜入先生のダイナミックな動きこそがバレエです。

 

頑張って先生に近づけますように!

 

 

 

今日の最後はジュニアSクラスでキャラクタークラスでした。

 

キャラクターダンスはバレエをする上でとっても大事。

 

伝統の様式美をしっかり身につけて、海外に行ってもまごつきませんように。

 

 

 

今日も一日ありがとうございました。

 

感謝。

 

旅立つ生徒へ最後の一言。

 

頭使って死ぬ気で頑張ってこい!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
http://www.parksideballet.com

クラス充実、大人のオープンクラス!

「基礎を正しく」が上達の秘訣。

 

★プロ目線でプロが求めるクォリティを目指す!

オーディション対策、留学対策、コンクール対策!
12歳~16歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら

 

★小学校高学年のバレエクラス!ジュニアAクラス

バレエは正しく習えば心も身体も美しくなれます!

生徒募集中!バイリンガルでとっても楽しいクラスです!

 

★ジュニアBクラス(小学校1〜3年生)

バレエ経験のあるお子様もないお子様も、基礎から正しくバレエを学美、

心身ともに美しく成長しましょう!

詳細はこちら