原点は自分を愛すること | パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエスタジオ東京のブログです。
スクールのこと、バレエのレッスンのこと、バレエ観劇のこと、バレエのことたくさん載せていきます。

今日も毎度の猛暑!

 

遅い梅雨明けにイライラを募らせたのはついこの間ですが、この暑さにももう飽きました。

 

暑中見舞いは昨日まで、今日から残暑見舞いですが末尾の「ご自愛ください」の文字はまだまだ続きそうです。

 

ところでバレエやっている人は、自分にとってバレエをする意義とか考えたことありますか?

 

それは人それぞれです。

 

好きだから。

 

はまっているから。

 

できないことができる喜びが大きいから。

 

憧れているから。

 

健康にいいから。

 

自分を変えたいから。

 

いろんな理由がありますよね。

 

人間は理由なく一つのことを続けられるものではありません。

 

続けていれば必ず目の前にやってくるのが厚い壁。

 

乗り越えるのかぶち壊すのか、あるいは避けるのかは本人次第ですが、壁にも色々。

 

バレエの技術的な壁、モチベーションの壁、目標設定の壁などなどです。

 

そんな時どうしますか?

 

何かが見えてくるまで続ける。

 

何が何でもチャレンジし続ける。

 

誰かの手助けを待つ。

 

自信喪失してやめる。

 

悩んだときは、なんで?どうして?と自分の気持ちを掘り下げてみるとよくわかります。

 

絶対にしてはいけないことが自己否定、自虐です。

 

そんなことしたら自分がかわいそうですし、産んでくれた親に申し訳ないです。

 

自己肯定感を高めることはとっても大事なことなのです。

 

物事をポジティブに考えるには、まず自分を愛することから。

 

自分を愛することは、自分の強みも弱みも全て認めること。

 

自分のネガティブな一面も受け入れることで、ポジティブな自分でいられるのです。

 

逆にポジティブでいられたら、ネガティブな自分を受け止め流ことができるのです。

 

両者は光と影みたいなものですね。

 

光が強ければ影もくっきりです。

 

ということで、バレエで悩んだら、まずは「ご自愛ください」ませ!

 

さて、今日は私のボディワークバレエストレッチから。

 

しっかり心と体の声を聞きながら体を整えていきます。

 

バレエで必要な体の感覚を養っていっていただければと思います。

 

 

 

次は初級クラスとポワント30。

 

今日はカラダの使い方をしっかりと分解しながらクラスを進めていきました。

 

でもたくさん動きました。

 

理解してたくさん動く、これが上達の秘訣。

 

わからないことは、まずわかるまで確認を!

 

 

 

 

夜はお休みの石井先生に代わり尚子先生のジュニアSクラスからでした。

 

尚子先生の丁寧なクラスでしっかり体を使ってレッスンできたのではないでしょうか。

 

どんなエクササイズでもきちんと即応して修正することはすぐに修正できないとね!

 

それと、いつでもどんな時も明るい尚子先生。

 

大いに見習って欲しいですね!

 

 

今日の最後は尚子先生のオールレベル基礎クラス。

 

基本しっかりのクラスです。

 

尚子先生のデモをたっぷり見ながら丁寧にレッスンしていただけたのではないでしょうか。

 

 

 

今日も一日ありがとうございました。

 

感謝。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
http://www.parksideballet.com

クラス充実、大人のオープンクラス!

「基礎を正しく」が上達の秘訣。

 

★オーディション対策、留学対策、コンクール対策!

プロ目線でプロが求めるクォリティを目指そう!
12歳~16歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら

 

★小学校高学年のバレエクラス!ジュニアAクラス

バレエは正しく習えば心も身体も美しくなれます!

生徒募集中!バイリンガルでとっても楽しいクラスです!

 

★ジュニアBクラス(小学校1〜3年生)

バレエ経験のあるお子様もないお子様も、基礎から正しくバレエを学美、

心身ともに美しく成長しましょう!

詳細はこちら