エモーショナルトレーニング〜表現力は心と脳と経験の産物〜 | パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエのブログ

パークサイドバレエスタジオ東京のブログです。
スクールのこと、バレエのレッスンのこと、バレエ観劇のこと、バレエのことたくさん載せていきます。

今日も湿度の高い1日でした。

 

突然ですが、日常的に表現することを意識していますか?

 

表現することに決まったルールはありません。

 

その人のやり方、内面の発露こそが個性でもあるわけです。

 

とはいえ先天的に表現力のある人ならともかく、普通は簡単に思い通りの表現ができるわけでもなく・・・。

 

ということで7月28日の5周年記念発表会を控え 

今日は表現力強化のためエモーショナルトレーニングのスペシャリスト水井博子先生にお越しいただき、

表現力ワークショップを開催しました。

 

2時間という限られた時間の中で、皆抵抗感を感じることもなく自然に楽しんでたくさんのワークをこなしていきました。

 

表現というものは感情と直結していることは皆わかっていますが、具体的にどう直結しているか

ということから始めていただきました。

 

普段あまり意識していない五感や記憶や想像力と表現の関係を体感し、生徒みんなが目を丸くしていました。

 

色々なワークを進めていくうちに生徒たちの顔がどんどん生き生きしていき、

ワークショップが終わる頃には皆スッキリした顔になっていました。

 

日常、無意識に流してしまっていること、たくさんありますよね。

 

街ゆく人や電車に乗っている人の表情や仕草を観察したり、

風の音、虫の声、町の騒音、レストランから漂う匂い、花屋の匂い、空の色、雨の匂い、地面の感触、暑さ、寒さ、など、そういう何気ない感覚や記憶の中からエモーショナルな感情やストーリーを産み出すことができます。

 

ただ身の回りの情景を見るだけでなく、感覚を養うためにも感情で受けとめてみたら、今までとは違った景色が楽しめると思います。

 

そういうことの積み重ねがバレエをする上での表現につながる、今日のワークショップでそんなことに気づかされました。

 

形ではない本当のバレエ。

 

フェイクではない本当の表現。

 

感覚だけでやっていける恵まれている子はひとにぎりです。

 

しかし、私は思考することで感覚だけに頼れない普通の子(いわゆるそこまで恵まれてない子)でも普通以上にしてあげられるのではないかと思っています。

 

考えることで成長した生徒はたくさんいます。

 

思考と感覚。

この両輪をどれだけバランスよく育ててあげられるか。

 

今後の私の課題です。

 

生徒には、昨日まかれた種が今後どのように芽を出し育っていくかが楽しみです。

 

水井先生に今回のワークショップの生徒たちのフィードバックを読ませていただき、

彼女達が本当の自分を見つめ素直に様々な気づきを持ってくれたことに、私もこみ上げて来るものがありました。

 

私も今日から物事を近視眼にならず、五感と想像力と思考をたくさん駆使して今よりもっと多彩な表現ができるよう努力してみようと思いました!

 

水井先生ありがとうございました!

 

私だってまだまだ成長しますよ〜!

 

 

 

今日も一日ありがとうございました。

 

大感謝。

 

 

★ 7月28日(日)5周年記念発表会開催!

第1部・バレエコンサート 第2部・シンデレラ全幕

@江戸川総合文化センター open 16:30 start 17:00

全席自由席 入場料1000円(税込)<好評発売中>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パークサイドバレエスタジオ
http://www.parksideballet.com

クラス充実、大人のオープンクラス!

「基礎を正しく」が上達の秘訣。

 

★オーディション対策、留学対策、コンクール対策!

プロ目線でプロが求めるクォリティを目指そう!
12歳~16歳 選抜バレエクラスジュニアSクラス特設サイト
詳しくはこちら

 

★小学校高学年のバレエクラス!ジュニアAクラス

バレエは正しく習えば心も身体も美しくなれます!

生徒募集中!バイリンガルでとっても楽しいクラスです!

 

★ジュニアBクラス(小学校1〜3年生)

バレエ経験のあるお子様もないお子様も、基礎から正しくバレエを学美、

心身ともに美しく成長しましょう!

詳細はこちら