峰部落へ行く | 廃墟自転車パンケーキ

廃墟自転車パンケーキ

メインは廃墟巡り。その他、趣味のサイクリングとか美味しいパンケーキとか紹介してく。


テーマ:
記念すべき第一回は、峰部落という奥多摩の廃村です。


「電車で行ける」「東京の廃村」ということで訪れる人も多いのだとか。

この集落は、室町時代に秩父方面からの入植者により村が形成され、木材の切り出しや炭焼きで生活を営んでいた。
炭の需要が無くなりつつあった昭和32年から離村下山が始まり、昭和47年に「峰」集落の長である"福島文長"とその一家が下山、無人となった。

http://yourmap.jp/24/25/mymap97.html

とのこと。


2012年10月9日
with Y氏


アクセス

(私が高校生で車の運転が出来ないので駅から歩いて行く方法になります。)


峰部落へ行くには、JR青梅線の鳩ノ巣駅で降りるのが一番近いです。

駅を出て右手側に進むと、踏切があるので渡ります。こっからしばらく坂道が続きます。
$くもとりの廃墟巡り-坂道

だいたいこんな傾斜。舗装道路が一番足にこたえる。


上りきると右手に寺、正面に立て札が見えてきます。立て札が示す左側が登山ルートなのでそちらに向かいます。ここからは山道になります。

$くもとりの廃墟巡り-山道

こういう道がだいたい50分ほど続く。


途中で道が曲がったりしますが、とにかく道なりに進みます。すると、道祖神が見えてきます。
$くもとりの廃墟巡り-道祖神

これがそうです。これを通過します。


$くもとりの廃墟巡り-工事中

そして、事前の調べでは分からなかったことなのですが、新たに道を作るための工事がされていました。


Y字路を右側に、つまり工事している右側の道へ向かいます。しばらくは下り坂が続いています。途中、上に向かう階段があるのですが、無視してまっすぐ進みましょう。

すると、道が途切れたようになっている場所があります。

くもとりの廃墟巡り-行き止まり?

この先に行きます。すると……


くもとりの廃墟巡り-丸太越え

沢山の丸太が道に横たわっています。おそらくは間伐材で、ということは工事で作っている道は林業用の道路なのでしょうか。


なにはともあれ、これを越えて行かなきゃ目的地には辿りつけません。丸太の上を歩いていきます。
登山靴をはいていても足が滑るので、十分な注意が必要です。右手側が急斜面なので、足を滑らせると洒落になりません。

丸太を渡りきると、赤符が木に巻かれてます。ここまでくればあと少し!!赤符に沿って、まっすぐ進みます。

しばらく行くと、右手側に見えてきましたよ……

$くもとりの廃墟巡り

峰部落、到着です。



写真

$くもとりの廃墟巡り

家がつぶれています。過去のサイトだと残っている家があるという話なのですが、我々が行った頃には一軒も残っていませんでした。


$くもとりの廃墟巡り

錆ついたミシン。


くもとりの廃墟巡り-ガスタンク

これまた錆ついたガスタンク。奥多摩の「奥」という文字が読めます。


くもとりの廃墟巡り-自転車

自転車。私は自転車好きでもあるので、なんだか悲しいです。そもそも、こんな山奥で自転車に乗るようなことがあったのでしょうか?見た感じ子供用のサイズなので、これで遊んでいたのかもしれませんね。


くもとりの廃墟巡り-更地

何も無い場所が広がっています。広場のような場所だったのでしょうか?今では植物が覆って一面緑色。美しい光景でした。


$くもとりの廃墟巡り-井戸

井戸(?)まだ水が入ってますね。決壊していない証拠です。


くもとりの廃墟巡り

子供用の長靴が落ちている。こういうところに生活の跡が見て取れます。


くもとりの廃墟巡り

たった一つ、最近建て替えられたであろう建物。何か祀ってある感じのものなので、大切なものなのでしょう。


そして、峰部落で超有名なのがこちら。
くもとりの廃墟巡り

急須と湯のみ……ではなく、その下です。






くもとりの廃墟巡り


はい、この人形。おお怖い怖い。私はホラーの類が苦手なので、なんというか、夢に出てきそうです。

場所的にもこの人形がもとからあったものでないのは明らかなのですが、今ではこの廃村の一部としてすっかり溶け込んでますね。最初にこれを置いていった人は非常にいい仕事をしてくれたなと思いますwww




まとめ

峰部落。当時の生活の跡が未だに残っている貴重な場所だと思います。ここにいる人はどうやって生活してきたんだろう、とか色々想像できることがある。

気になってこととしては、残されていた長靴やサンダル、スニーカーなどがどれも子供用だったこと。こういった生活の跡に考えさせられることも多いのでは?


峰部落へ行く際の注意。

・絶対に登山靴で行くこと。スニーカーだと山道がまず辛いし、丸太の上を歩くのにはあまりにもたよりないです。
・部落に落ちているものを拾わない。当時のままに遺しておきましょう。


東京に住んでいる人でも日帰りで行けるのが素晴らしいですね。



<検索ワード>

奥多摩 廃村 峰部落 行き方 アクセス 鳩ノ巣

psknさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス