Takaomi Ogata OFFICIAL BLOG

緒方貴臣(映画監督)公式ブログ


テーマ:
『子宮に沈める』から考える、フィクションとドキュメンタリーの境界線

$Takaomi Ogata OFFICIAL BLOG
大阪で起きた実事件を基とした、フィクション映画『子宮に沈める』。
実事件をモチーフにフィクションで描くこと、実事件の後にドキュメンタリーで描くこと、
その “フィクションとドキュメンタリーの境界線”について、
ジャーナリストの佐々木俊尚さんと、
緒方貴臣監督・主演女優の伊澤恵美子が語り合うトークイベント。


■イベント概要
日 時: 11月28日(木)21:00の回上映終了後(22:35~トークイベント)
場 所: K’sシネマ 東京都新宿区新宿3-35-13 SHOWAKANビル3F
出演者: 佐々木俊尚(ジャーナリスト) 緒方貴臣(『子宮に沈める』監督・脚本)・伊澤恵美子(『子宮に沈める』主演女優)
料 金: トークショー参加費無料(映画料金のみ)
定 員: 80名

■ゲストプロフィール
佐々木俊尚
ジャーナリスト・評論家
$Takaomi Ogata OFFICIAL BLOG
兵庫県西脇市生まれ。愛知県立岡崎高等学校卒業。早稲田大学政治経済学部政治学科中退後、1988年毎日新聞社入社。警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人事件や海外テロ、コンピュータ犯罪などを取材する。1999年10月、アスキーに移籍。『月刊アスキー』編集部などを経て2003年2月退社。現在フリー。
杉並区住基ネット調査会議委員、情報ネットワーク法学会会員、朝日新聞社総合研究本部客員研究員、オーマイニュース編集委員、経済産業省情報大航海プロジェクト制度検討タスクフォース委員、成城大学文芸学部非常勤講師、早稲田大学政経大学院非常勤講師、東京大学大学院情報学環電通寄付講座「コミュニケーションダイナミクス」特任研究員。
総務省情報通信白書編集委員。著書に、「キュレーショ ンの時代」(ちくま新書)・「『当事者』の時代」(光文社新書)・「マスコミは、もはや政治を語れない」(講談社)など多数。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
『子宮に沈める』から考える、 シングルマザーの環境

$Takaomi Ogata OFFICIAL BLOG
作中にて描かれる、「シングルマザー」の姿。
彼女達をとりまく、社会環境・体制などの現状について、
NPO法人Wink理事の新川てるえさんと、
監督緒方貴臣が語り合うトークイベント。



■イベント概要
日 時: ①11月20日(水)21:00の回上映終了後(22:35~トークイベント)
②11月25日(月)21:00の回上映終了後(22:35~トークイベント)

場 所: K’sシネマ 東京都新宿区新宿3-35-13 SHOWAKANビル3F
出演者: 新川てるえ(NPO法人Wink理事)・緒方貴臣(『子宮に沈める』監督・脚本)
料 金: トークショー参加費無料(映画料金のみ)
定 員: 80名


日 時: ①11月20日(水)22時35分~(レイトショー上映終了後)
②11月25日(月)22時35分~(レイトショー上映終了後)
場 所: K’sシネマ 東京都新宿区新宿3-35-13 SHOWAKANビル3F
出演者: 新川てるえ(NPO法人Wink理事)・緒方貴臣(『子宮に沈める』監督・脚本)
料 金: トークショー参加費無料(映画料金のみ)
定 員: 80名

■ゲストプロフィール
$Takaomi Ogata OFFICIAL BLOG
新川てるえ
作家・コメンテーター・家族問題カウンセラー・NPO法人Wink理事
1964年 東京都葛飾区生まれ。千葉県柏市育ち。10代でアイドルグループのメンバーとして芸
能界にデビュー。その後、2度の結婚、離婚経験を生かし97年12月にインターネット上でシン
グルマザーのための情報サイト「母子家庭共和国」を主宰。シングルマザーコメンテーター・
家族問題カウンセラーとして雑誌、テレビなどに多数出演。2002年子どもの健全育成と家庭問
題に悩んでいる女性の自立支援のためのNPO法人Winkを設立。インターネットコンテン
ツプロデューサーとしても活躍中。「子連れ離婚を考えたときに読む本」(日本実業出版)
「ひとりで子育てしようと思ったら読む本」(イーストプレス)等著書21冊。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
特定非営利活動法人 児童虐待防止全国ネットワーク(東京)が運営する、
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」(※1)の推薦映画に認定されました。
また11月は、厚生労働省が定めた「児童虐待防止推進月間」(※2)です。


『子宮に沈める』では、ママを優遇します。

 ①「ママ割り引き」を実施
   母子手帳を受付にてご呈示いただくと、1,000円にて入場できます。

 ②毎週水曜日の朝の回は「ママ・タイム」
   毎週水曜日の朝の回を「ママ・タイム」として設定。
   どうしてもお子様連れでしかご鑑賞いただけないお母様のために、
   お子様とご一緒に劇場に入れる時間を設定しました。

 ③ベビーカーの駐車場「ベビーカーパーキング」あります。
   劇場のロビーに、ベビーカーの駐車場「ベビーカーパーキング」を設置。
   段差のない場所に、ベビーカーを置くことができます。



※1
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」とは?
NPO法人全国虐待防止全国ネットワークが主体となって活動する、子
ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、
子ども虐待をなくすことを呼びかける市民運動。日本では、虐待で死
亡する子供は1週間に1人といわれおり、この不幸を無くしていこうと
いうこの運動は年を増すごとに拡大しています。

※2
11月の「児童虐待防止推進月間」とは?
厚生労働省は2007年の11月から、毎年11月を児童虐待防止推進月間とし、
各都市・各地域にて、オレンジリボンの啓発活動やセミナー、イベントを実施。
また、市街をオレンジの色で埋め尽くそうというイベントも計画されています。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
11月9日(土)の初日舞台挨拶が決定しました。
12:00からの回、21:00からの回の上映後になります。
伊澤恵美子、辰巳蒼生、田中稔彦、緒方貴臣監督(敬称略)

上映劇場のK's cinemaは、立ち見ができないため、
席がなくなり次第、ご入場できなくなります。
あらかじめご了承ください。

3階入口のカウンターにてチケットをご購入の上、
入場番号付き整理券をお受け取りください。
特別鑑賞券、招待券をお持ちのお客様も一度受付カウンターにて
入場番号付き整理券にお引き換えください。
入場番号付き整理券の受付は当日劇場が開いた時間より、
当日すべての回を発行できます。

K's cinema公式サイト

現在、特別鑑賞券を劇場ほか、プレイガイドにて販売中です。
ご購入は11月8日までとなっております。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。