Takaomi Ogata OFFICIAL BLOG

緒方貴臣(映画監督)公式ブログ


テーマ:
昨夜、Facebookに上げた文章ですが、こちらにも掲載します。


この作品の撮影は2年前、原案は4年以上前にもなります。
ラブドールの設定の映画と言えば、『空気人形』を思い出す方が多いと思います。
本当は、僕の最初の作品になるはずでしたが、
前述の『空気人形』が製作中との話を知り、特異な設定なので、パクリ疑惑なんてかけられたら嫌だったんで、企画を無期限延期にしました。

『空気人形』が公開され、観に行きましたが
人形を恋人にする設定は同じものの、
作品自体はマンガ原作のファンタジーよりになっていました。
個人的には、この物語は現実的に描きたかったので
残念に思いました。
やっぱりこの設定で僕も作品を撮りたい想いが再燃して
周りの方に相談したら、
『空気人形』を超えればいい、というお言葉をもらいました。
是枝監督を超えるなんて畏れ多いですが、
その時は、やってみようって思っちゃったんですね。

そう言ってる間に、『終わらない青』を撮っていて
映画祭での上映で観た方々から
技術的な指摘をいくつか頂きました。

正直、当時同じコンペにノミネートされた作品を観たのですが
レベルの違い過ぎに、同じ場にいることをとても恥ずかしく思ったことを覚えています。

ただ中には、技術的なものを抜きに気に入ってくれる方も沢山いて、次回作では協力するよって言ってくれる方々が集まり
本作『体温』ができました。

今観ると、まだまだ足りない部分はありますし、
撮り直したい、再編集したいところもありますが、
当時の僕にできることは全てしたつもりなので
是非たくさんの方々に観てもらいたいです。

僕の作品は、娯楽性がほとんどありません。
物語というものもあまり感じられません。
劇中には、環境音以外の音楽はありません。
セリフも少なく、大きな事件は起こりません。
人物がいるだけ、と言ったら大げさですが、
以上の文章を読むだけで
つまらなさそうですね。
そう、現実はつまらない。
映画やドラマのように事件やイベントなんて
そうタイミングよく起こるものではないし、
基本的に辛く、つまんないと思ってます。

全然、宣伝する文章になってませんが、
それでも面白かったと言ってくれる人たちはたくさんいました。
海外でも反響が強く、劇場公開の話まで来たくらいです。

映画を観に行くって、すごくパワーがいることです。
よく「映画は劇場で」って言いますが、
これは大きなスクリーンで観るとか、
集中して観られる環境で、とかだけではないと
僕は思ってます。
一番、重要なことは、赤の他人と観ること、と思ってます。
社会との繋がりを持って観ることは、
映画を映画の世界だけで終わらせない
大きな要因になると信じてます。

公開はまだ先になりますが、
『体温』を公開の際には是非観てほしいです。
よろしくお願いします。

緒方貴臣
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『体温』公式HPにて、作品に寄せられた
著名人の方々からのコメントを掲載しました。

http://bodytemperature.paranoidkitchen.com/comment.html


今後もコメントが届き次第、更新していきますので
お楽しみに。
こちらで一部のコメントをご紹介します。


人の心は移ろいやすく、冷たい。
咲かせた花をいとも簡単に枯らせてしまうように。
いつでも自分を救ってくれるのは、自分が愛した人ではなく、
自分が愛した『事実』なのだと、この映画を見て確信した。
——浜崎容子(アーバンギャルド)

 

嫁さんと2人で観ました。
ダッチワイフと三角関係で揉めてた嫁と…。
倫太郎はかつての俺や。トキエに恋してた頃を思い出すわぁ。

ーー桂楽珍(落語家)



笑いごとでなく
ラスト突きつけられる現実は
自分の世界に生きる者たちの
最も恐れている事態を表している

——原田重光(マンガ原作者「ユリア100式」)

http://www.younganimal.com/yuria/


それぞれの観客が持つ「愛のカタチ」によって見解が違ってくる作品です。
私にとっての『体温』はコメディ作品、ラストはハッピーエンドに思えました。

——村上賢司(映画監督・テレビディレクター)


村上賢司監督は、オリエント工業製ラブドールが出演の
映画『ラブドール 抱きしめたい!』の監督でもあります。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
映画『体温』の第一弾チラシが完成、そして納品されました!
チラシやチケットができると公開される実感が湧きます。
同時に宣伝も本格的に動き出します。
公開まで4ヶ月。

前作でも、思いましたが、
この宣伝活動期間が映画に関わる過程で一番辛い。
作るのは簡単だけど、誰かに観てもらうのは本当に大変です。

前作では、8種類のチラシを作りました。
今回は、既にゆうばり映画祭で作ったチラシに続き2種類目。
今後、4種類のチラシを作る予定です。
大作映画と違い印刷部数は少ないので
今月下旬から都内劇場に設置される下記画像のチラシを是非探してみてください。
そして全種類コンプリートしてほしいですね。

今作は、『アダムとイヴ』をモチーフにしていることもあり
タイトルと英語タイトル、監督、キャスト名で
十字架を表現しています。
前作からデザインをしてくださっている木下デザイン事務所の木下さん、
ありがとうございます!

裏面では、『体温』への著名人からのコメントを一部掲載しています。
僕が以前から大ファンのアーバンギャルド浜崎容子さん、
ラブドールと奥さんの三角関係で揉めていた落語家の桂楽珍さん、
マンガ『ユリア100式』の原作者の原田重光さん、
映画評論家の塩田時敏さん、映画批評の萩野亮さん、
米国FantasticFestのディレクターであるTim Leagueさんからの
コメントを掲載してます。

他にも、
「南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで 特殊用途愛玩人形の戦後史」著者
である高月靖 さん、
『ラブドールを抱きしめて』の監督・テレビディレクターの村上賢司さん、
映画監督のいまおかしんじさん、
女優の水井真希さん、
「福岡アジア映画祭」ディレクターの前田秀一郎さんなど
たくさんの方々からコメントを頂いています。

近日中に映画『体温』公式HPにて公開しますので
もう暫くおまちください!

それでは、引き続き映画『体温』をよろしくお願いします。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。