Takaomi Ogata OFFICIAL BLOG

緒方貴臣(映画監督)公式ブログ


テーマ:
「子宮に沈める」

6、7月の撮影が終わり、ずっとしていた
「子宮に沈める」の編集が終わりました。
CGや整音はまだですが。
脚本当初、周りのスタッフからは
これ映像化できるの?
役者の芝居に求めるものが高すぎるけど、大丈夫?
なんて心配されていました。

子役をキャスティングすることもあり、
大変とは予想してましたが大誤算でした(笑)
撮影初日で心折れそうになってました。
それはキャスト、スタッフも感じていたのがわかったので
不安にさせないように
絶対に表に出さないようにしてましたが。
無事クランクアップを迎えましたが
撮影時のトラブルに対処する為に、
台本の変更やシーン削除、追加などがかなりあり、
正直言うと、編集で繋いで観るまで
脚本で表現したかったことが映像になっているのか不安でした。

編集終えた本編を通しで何度も観ましたが、
自分で言うのもなんなんですが、
完成度、満足度は高い作品になりました。
年末の完成試写に向けて、残りの行程を進めたいと思います。

「体温」

当初、今年公開で進めていましたが、
諸事情により来年になりましたが2月公開で決まりました。
現在、連日、宣伝部スタッフやキャスト事務所、オリエント工業、デザイン事務所
などと打ち合わせをしています。
チラシ、パンフレットデザイン作成、予告編編集、イベント情報、
著名人からのコメントなどの
解禁はもうしばらくお待ちください。


「燃えるキリン(仮)」

新作ですが、今月初稿を上げる予定でしたが、
全く進んでおりません。
ただ取材も全て終わり、参考資料として集めた数十冊、数十本の
本や映像は、目を通したので、あとはアウトプットするだけです。
今作は、自傷行為、いじめ、美と醜、死について描き、
生きることに関する映画になると思います。
来年末公開を目指して動いてまして
今後、脚本上がりましたら、キャスティング、スタッフィングを始めます。
引き続き応援よろしくお願いします。


今進めているものが、来年にはお届けできると思いますので
楽しみにしていてください。
今年もあと3ヶ月で終わりますね。
肌寒くなってきましたが、皆さんご自愛ください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2013年2月公開映画『体温』に出演している桜木凛さんが
先月末に長い活動休止状態から復帰しました。
これで文字通り役者が揃い
公開に向けて大きく動き出しました。
まずは昨年撮影をして放置してました桜木凛さんへの
インタビュー動画前編を公開しました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さん、お待たせしました。
映画「体温」2013年2月オーディトリウム渋谷から全国順次劇場公開が決定しました!
日本語公式サイトも解禁!
http://paranoidkitchen.com/movie/bodytemperature/


今後、予告編、ギャラリー、インタビュー、コメントなど
追加情報をどんどんアップしていきますのでお楽しみに!

映画「体温」Facebookチャンネルもオープン!
http://www.facebook.com/BodyTemperature



【監督コメント】

主なる神はエデンに一つの園を設けて、 その造った人をそこに置かれた。
また主なる神は、 見て美しく、 食べるに良いすべての木を土からはえさせた。
(創世記2章8、9節)

私たちの身の回りには機械やモノで溢れてます。
その中に、 本当に無いと生きていけない程大事なモノはどれくらいあるでしょうか。
お金、 時間、 電車、 車、 電話、 メールなど
いつのまにか、 私たち人間の方が機械やモノに飼いならされています。
この物語の主人公、 倫太郎は、 恋人さえもモノ(心のない人形)で代用しています。
人形を恋人にする男と聞くと、 かなり異常な印象をもたれるかもしれません。
しかし、 この関係は古くギリシア神話にも登場します。
キュプロスの王ピュグマリオーンは自らの彫刻に食事を用意したり、
話しかけたりし、 人間と同様に愛しました。


「意志を持ち、 相手を裏切ることもある」人間に対する幻滅などから、
恋愛対象とする相手の姿(理想像)を「意思のない、 理想のフォルムを持つ」人形に投影・再現して、
擬似的な恋愛感情を継続させようとすることは、 神話の他にも時代を問わず描かれてきました。
人が普遍的に持つある種のナルシズムの顕れといえるかもしれません。


ピュグマリオーンと本作の主人公・倫太郎だけでなく、
アイドルに過剰な感情を持つ者たちにも
同様の関係性を見ることができると、 私は考えています。


彼らにとって理想的な女性とは、 否定することもなく、
傷つけることもしない存在です。
はたして、 自分の思い通りになる世界=苦痛のない世界が、 本当に幸福なのでしょうか。


この物語では『創世記』の『アダムとイブ』をモチーフに、
楽園追放を新しい解釈で描きました。

緒方 貴臣
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。