我が家のアビシニアンは鉄砲魚みたいに水を飲む | MUDAMUDA DAM

MUDAMUDA DAM

無駄なことに情熱を注いでます 基本は雑食 勝手な分析を綴るBLOG 宜しく


この魚知ってる?

PARANOIA TRAINの日々-我が家のアビシニアンは鉄砲魚みたいに水を飲む

鉄砲魚(テッポウウオ)っていうネーミングが凄いな。

名前のとおり、口から水鉄砲を発射して水面上にいる小動物を撃ち落とし捕食にする、この魚の能力は初めて見た時は凄いビックリした。

水の中以外で捕獲するこの魚の特長は僕が知る限りでは全く聞かない能力。


なんか食虫植物と接点というか、植物なのに肉食的な....

そこまで知能あるのであれば、もっと他に進化しないのも不思議。

しかもテッポウウオ科に属するらしい。てか他にいるの仲間達?

僕がこの鉄砲魚を知ったのは小学生の時。

漫画「おれはナマズ者」の中で校長先生が飼ってた話があり、そこで初めて知った。


本物の動画を観たのはもっと後になる。


ディスカバリーチャンネルとかでも放送されたと思うけど、この映像はやはり凄い。

Archer Fish



こんな能力がある魚は非常に珍しい。

どうやってこの能力を身に付けてったのかな?

たまたま口から出た水しぶきを徐々に応用して、結果的にこの水鉄砲で仕留める技を得たのかな。


姿だけ見るとブラックバス釣りに行ってかかってほしくないブルーギルにも見えなくもないけど、鉄砲魚と比較したら雲泥の差で見た目も行動も違うね。

比較する方が失礼かも。。。


前置きは毎回長いのが、このBLOGの特長で申し訳ないけど、ここから本題。

我が家の猫も接点ある。

PARANOIA TRAINの日々-我が家のアビシニアンは鉄砲魚みたいに水を飲む

以前、行方不明になった行方不明のアビシアンを48時間後に救出あの雌猫アビシアンのハナが鉄砲魚と接点ある。

我が家のアビシニアン 鉄砲魚みたいな水の飲み方


観た?


若干だけど水を...水鉄砲までいかないけど飛ばしてる。


訓練すれば第20世代くらいには鉄砲猫が繁栄するのでないかと思ったりもする。


っていうより、アビシアンは狩りが大好きな猫。


鉄砲水....全く必要ない。


落ち着きない分、凄く野生的で活発的なのがアビシニアン。

我が家のアビシニアン 雌猫ハナは落ち着きがない


日本猫と違って甘え方も全く違い、特に雌猫のハナに関しては気難しい。


突然、興奮する行動パターンは現在進行形。

PARANOIA TRAINの日々-我が家のアビシニアンは鉄砲魚みたいに水を飲む

興奮してすぐシラフになるのも特長的。

PARANOIA TRAINの日々-我が家のアビシニアンは鉄砲魚みたいに水を飲む

撮影してる目の前でバッチリとマーキング。


一応、この動画はリラックスしてる方で雄猫フータが居たら、この様子とはまた違った習性になる。


雄猫フータは爆睡してたので、ハナもリラックスできた。

PARANOIA TRAINの日々-我が家のアビシニアンは鉄砲魚みたいに水を飲む

雄猫のアビシニアンは寝てるとき、何故こんなにもリラックスできるんだろ?

PARANOIA TRAINの日々-我が家のアビシニアンは鉄砲魚みたいに水を飲む

極端な性格という印象が強いアビシニアン。非常に面白い習性が特長的。

PARANOIA TRAINの日々-我が家のアビシニアンは鉄砲魚みたいに水を飲む

雄猫フータも狩りが大好きだけど1番の生き甲斐は食い道楽。


鉄砲魚の話しに戻るけど、楽して捕獲したいから水鉄砲で捕獲する能力を養ったのか、捕獲するものが水中に居なくての能力なのかが謎だね。


雄猫フータは狩りプラス飯を通常の2倍は食べる。


玄関を開ける音を聞いただけで、ダッシュで走って来て飯を請求する。


フータは耳と舌が進化するDNAを持った猫なのではないのだろうか?


体型は既にアビシニアンではなくアメリカンショートヘアに進化して行ってる。


でも何故か身軽。


アビシニアン....謎多し。


こちらのメインBLOG「PARANOIA TRAINの日々」も宜しく。
(バナーをクリックでBLOGに飛びます)



以上。


ベリサンキュ。