台湾ドラマで中国語:男友達 | いろいろあるけど、やっぱり台湾

いろいろあるけど、やっぱり台湾

下町グルメ、南国フルーツ、親日家の人たち、
繁体字の中国語、連日の雨、中国との微妙な関係…

わかったようで、よくわからない。
だから、やっぱり台湾はおもしろい!


テーマ:
 
 
我和我的四個男人(3)
 
過去記事(1)(2)
 
 
今日は、ちょっと矛盾のあるセリフです。
 

(Line TV1-1)
 
 
妳說我是不是妳的好閨蜜
(僕のこと大親友だと思ってるよね?)
 
 
「閨蜜gui1mi4」は、女の子同士の大親友。ところがこのセリフは、右の男性のものなのです。
 
 
ね、矛盾でしょ?
 
 
ドラマの登場人物紹介では、「男閨蜜nan2 gui1mi4」と書かれています。女の子にとって、恋愛感情抜きに付き合える仲良しの男友達のこと。
 
でも、ドラマのセリフでは、「男」はついていません。しかも、「閨蜜」という言葉を使うのはほとんど男性の方(まだ前半までしか見てませんが)。それが、オネエキャラの設定に上手く合っているのです。
 
 
この「閨蜜」という言葉。私の印象では、台湾ドラマより中国ドラマの方が断然聞く機会が多い。だから、台湾ではあまり使わないのかな、と思って同僚に聞くと、冗談っぽく使うことはあるらしい。本当に大親友だと思ってる人に「閨蜜」と言うと、軽すぎる感じがするようなので、ご注意くださいね。
 
 
ちなみに、「男閨蜜」という言葉で検索すると、「恋愛感情抜きの男女の友情は成り立つのか」という古典的な命題がたくさんヒットします。
 
「閨蜜」にはいつもベタベタくっついてるイメージがあるので、この「男閨蜜」という言葉を使っている限り、上手く距離感を保ちながらよい友人関係を作るのは難しい気がしますが枝豆
 
 
 
 
bean*「台湾ドラマで中国語」の目次はこちら
 
 
 
 
 

まめさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス