沢山川の水路隧道 | 道にあるちょっと古いもの

道にあるちょっと古いもの

トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物を訪ねた記録

【名称】不明
【所在地】夷隅郡大多喜町西部田
【竣工】不明
【延長】50mぐらい?
【幅員】約10m(目測・最大部)
【高さ】約5m(目測・最大部)
【訪問日】2019年9月23日

 

 

大多喜町西部田(にしべた)、夷隅川の支流沢山川にて。奥に見えるのは、建設中止になった大多喜ダムのダム湖の周回道路の一部となるはずだった沢山橋の橋脚。

 

前を進むのは、自称「オレ、ガチじゃないから」のmayaさん。

 

 

元々河床だった部分にきょうきゃく

 

 

橋脚設置の際に作られたと思われる水路。湛水されていれば、全部水没していたはず。

 

 

沢山橋を見上げる。橋桁は欄干も設置されない状態で放置されている。

 

 

少し上流に進むと川は平穏な姿を取り戻す。

 

 

更に上流に進む。

 

 

途中、倒木で埋まったエリアがあったが、なんとか突破。

 

 

なぜか立ち枯れした木が林立するエリア。

 

 

正面の山から川が流れてでいる。ということは。。。

 

 

水路隧道の登場だ。これが、なかなかエグい水路隧道だった。

 

 

内部には滝がある。

 

 

この後の動画を見ていただきたいが、カメラを抱えたままでは突破は無理そう。

 

 

ところが、さすが、自称「ガチじゃない」mayaさんは単身でよじ登った。その勇姿も動画に収録してある。

 

     ※     ※     ※

 

 

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地理へ
にほんブログ村


地理 ブログランキングへ