房総最大規模の長大地下壕 ~ 旧陸軍第147師団洞窟陣地跡(推定) PART③ | 道にあるちょっと古いもの

道にあるちょっと古いもの

トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物を訪ねた記録

【所在地】千葉市緑区
【建設時期】1945年頃?
【延長】400m超(推定)
【訪問日】2019年6月23日

 

 

千葉市緑区某所にて。尾根道から斜面を降下中。この付近は東金牛久崖線とよばれる地形で、それゆえなのか、他の下総台地外縁部によくみられる谷津に比べて斜面が急峻だ。

 

 

20メートル程降下したところに壕口がある。

 

 

悩まず突入するガチと自称ガチじゃない怖いおじさん達。

 

 

なんか、埋まりかかってるぞ(;´Д`)、と思うと、内部から感嘆の声が聞こえてきた。

 

 

続いて入ってみると、、、

 

 

ををを、こりゃ、見るからに規模の大きい壕だということがわかる。

 

 

左右にこのような部屋が。

 

 

充分な広さが確保されている。

 

 

30メートル程で細くなる。

 

 

側壁がズルッと落ちている(^-^;

 

 

さらに進むと崩落してきたと思われる土砂が。

 

 

その先は急に地質が悪くなるようで、大きく崩落していた。

 

 

最後は閉塞?埋戻し?いずれにせよ長居はしたくない場所だ(^-^;

 

 

それでも左右に計4つの部屋があった。

 

 

戻って、最初にスルーした分岐を進む。

 

 

灯り置き。

 

 

別の壕口があった。

 

 

再び広い空間が。

 

 

緩やかな下り坂があった。その先には、、、

 

 

下に口を開けた謎の穴が。なんと、この下にもう一つの階層があるとのこと。

 

     ※     ※     ※

 

 

ということで、尾根の反対側にやってきた。

 

 

ここが下の階層への入り口だという。

 

 

なぜか左右の壁が汚く?見える(^-^;

 

 

20メートルほど進むとT字になっている。

 

 

右に進むと、、、

 

 

突き当り。だが、ここまで来るとちょっと行き過ぎ。

 

 

振り返ると天井に大穴が開いている。

 

 

先程の穴を下から見るとこうなっているのだ。しかし、これは一体何なのだろう?

 

 

穴に頭を突っ込んでいる様子(^-^;

 

     ※     ※     ※

 

 

すごいところを探索した時あるあるなのだが、写真をまともに撮っていなかった(^-^; というわけで、この探索の10日後に動画だけを撮り直しに行ってきたときの模様。上の階層のみだが、それでも規模の大きさを実感していただけるかと。

 

     ※     ※     ※

 

この山、確認しているだけでも、6箇所の壕がある。ただ、動画をとってあるのはとりあえずここを含めて既に発表済みの3箇所のみ。残り3箇所は行くのがかなり大変なので(^-^;

 

とりあえず、過去分のまとめ。

 

その①

https://ameblo.jp/papagenopapagena/entry-12492076010.html (ブログ)

https://youtu.be/HVqSbdDzNWs (Youtube)

 

その②

https://ameblo.jp/papagenopapagena/entry-12500225192.html (ブログ)

https://youtu.be/JxJBoIK5Z9Y (Youtube)

 

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地理へ
にほんブログ村


近代化遺産 ブログランキングへ

 

モトユキ グローバルソー 万能刃 ARB-147