道にあるちょっと古いもの

トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物を訪ねた記録


テーマ:
【名称】怒田橋
【所在地】君津市怒田
【竣工】1985(H60)年3月
【延長】約10m(目測)
【幅員】約3m(目測)



2015年8月2日訪問

怒田橋

君津市怒田、山に囲まれた水田地帯(耕作放棄地or休耕田)の中にいる。現在地はココ(←クリック)で南西を向いている。

怒田橋

法面をちゃんと工事していない道はところどころプチ路肩決壊が始まっている。数年後には車で通るのも困難になりそう。

怒田橋

周囲は山に囲まれている。隧道水路隧道を堪能した。そろそろ次に向かおう。

怒田橋

御腹川に架かる小さな橋。東側より。

怒田橋

ここから林道怒田福野線になるらしい。ということは、ここから東の福野集落までの道はどのような指定になっているのだろう?

怒田橋

東側左の銘板。「昭和60年3月竣工」

怒田橋

橋の上から北の下流方面を望む。正面には大きな川廻しの水路隧道が真っ黒な口を開けている。御腹川の旧流路は水田のある場所なのだろう。水田を広げるための努力の跡。

怒田橋

南の上流方面。

怒田橋

西側より。

怒田橋

西側左の銘板。「怒田橋」

怒田橋

再び山を越えて久留里方面に向かう。

怒田橋

振り返り。

怒田橋

切り通しを過ぎるといよいよ登り坂の始まり。

怒田橋

東の道はかなり荒れていたが、こちらは概ねよく整備されていた。

怒田橋

いつの間にか随分高くまで登ってきた。

怒田橋

現在地はココ(←クリック) 北向地蔵尊。後で調べたら、どうやらそれなりに由緒のある地蔵尊だったようだ。でも、くたびれ気味だし暗くなりかけていたのでスルー(^-^;

怒田橋

これはたぶん、近くにあった路傍のお地蔵さん。

怒田橋

これもまた近くにあった石仏。

怒田橋

やったぁ、下りだぁ。と喜んだりしたのだが、そうそうは順調にはいかず、登ったり下ったりしながら進み、、、

怒田橋

怒田福野線の起点に到着。現在地はココ(←クリック) ここで、先ほどスルーした地蔵尊が「名所」だったことを知る(^-^;

怒田橋

さらに少し下って集落に。



にほんブログ村 その他生活ブログ 道・道路へ
にほんブログ村

地理 ブログランキングへ


怒りの席田―板付飛行場物語 (1974年)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パパゲーノさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。