梅ノ木台1号隧道 | 道にあるちょっと古いもの

道にあるちょっと古いもの

トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物を訪ねた記録


テーマ:
【名称】梅ノ木台1号隧道(うめのきだいいちごうずいどう)
【所在地】君津市正木
【竣工】1945(S20)年
【延長】85m(「平成16年度道路施設現況調査」より)
【幅員】3.0m(同上)
【高さ】2.5m(同上)



2013年3月10日訪問

梅ノ木台1号隧道

三島湖畔の駐車場。おなじみまきき氏のテリオスキッドの登場。

梅ノ木台1号隧道

とりあえず、肩慣らしのつもりで一番近くにある隧道へ。もう見えてるし(^-^;

梅ノ木台1号隧道

三島湖を作る三島ダム。1955(昭和30)年に竣工した灌漑目的のアースダムで、堤高は25.3メートル。

梅ノ木台1号隧道

ちょっと不思議なものを見つけた。

梅ノ木台1号隧道

新聞受けとチャリ。新聞受けには確かに新しい新聞が入っている。い、いったい、購読者はどちらに???

梅ノ木台1号隧道

考えていても答えは出てこないだろうし、チャリや新聞を盗もうとしていると思われても困るので、とっとと先に進む。

梅ノ木台1号隧道

西側坑口。坑口付近はありふれたコンクリ巻き立てだが、すぐに素掘りとなる。

梅ノ木台1号隧道

西側坑口から内部を望む。

梅ノ木台1号隧道

内部から見た西側坑口。

梅ノ木台1号隧道

さて、素掘区間へさしかかる。相変わらず照明以外の明かりは見えない。まぁ、カーブしている隧道によくある事と言えばそれまでだが・・・

梅ノ木台1号隧道

ここのカーブは半端なものじゃないのだ・・・

梅ノ木台1号隧道

そう、直角カーブ!!

梅ノ木台1号隧道

曲がった先から振り返り。このイカレタ曲がりっぷりこそ、この隧道の真骨頂。もちろん現役。

ちなみに、亀山湖畔の(仮称)稲ヶ崎隧道も西側坑口近くで直角に曲がっていたが、あちらは大分以前から廃隧道状態(水路隧道の保守管理用としてのみ活躍?)となっている。

梅ノ木台1号隧道

さて、曲がった先はすぐにコンクリで補強されている。美味しい区間はもう終了。

梅ノ木台1号隧道

東側に抜ける。

梅ノ木台1号隧道

東側坑口から内部を望む。

梅ノ木台1号隧道

東側坑口。

まきき氏が何かしてる・・・(^-^;

     ※     ※     ※

梅ノ木台1号隧道

30分後・・・

まきき氏が車で通りたい衝動を抑えられなくなった!!(笑) おいらは、こういう所って、なるべく車では通りたくないのだが、同業者にはまきき氏のように、こういう道にあえて車で突入したがる奇特な人が多いようで・・・(笑)

梅ノ木台1号隧道

カーブ地点で車を停めて大喜びのまきき氏と愛車テリオスキッド。ちなみに100万キロまで乗るつもりだそうだ。

梅ノ木台1号隧道

カーブを曲がって・・・

梅ノ木台1号隧道

走り去っていった。




近代化遺産 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 道・道路へ
にほんブログ村


梅ノ木屋敷のキリン


パパゲーノさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス