(仮称)大庭隧道 | 道にあるちょっと古いもの

道にあるちょっと古いもの

トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物を訪ねた記録


テーマ:
【名称】不明
【所在地】長生郡長柄町大庭
【竣工】不明
【延長】
【幅員】
【高さ】



2013年11月3日訪問
前回(2011年8月15日)

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

この日はここから出発。笠森観音の長南町営駐車場より。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

国道409号の南にある道(ひょとしたらかつての参道?)をのんびり東に進むと見覚えのある橋に遭遇。下乗橋だ。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

以前の記事で横からの姿を載せていなかったので1枚。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

苗代谷橋

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

その先の無名橋。2年前はこの先にイノシシの罠が仕掛けてあったっけ。こんな所にまでイノシシが出るの?とかなりビビった記憶が(^-^;

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

戌谷橋

     ※     ※     ※

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

さて、そんな東回りのルートから目的地に近づいた。

道にあるちょっと古いもの-大庭隧道

ここで道は一気に軽四サイズのダートに縮小。そして、そのままカーブして山の中に吸い込まれていく。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

2年ぶりの対面。前回の写真がピンボケだらけの悔いだらけで、ようやく再訪できた。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

東側坑口。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

東側坑口から内部を望む。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

扁額がないことは解っているけど、プロトコルになっているので見上げる(^-^;

道にあるちょっと古いもの-大庭隧道

一応全面通行止めということになっているが、農家のおっちゃんが駆る軽トラはどこでも入りこむもの。これぐらいの道ならヘッチャラだ。って、これが軽トラの轍とは限らないのだけど(^-^;

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

内部から見た東側坑口。

道にあるちょっと古いもの-大庭隧道

天井を見上げる。このトンネルも古典的房総素掘隧道の特徴、観音掘りなのかなぁ?

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

さて、このトンネルの見所は西側にある。まずは西側の見事な掘り割りを。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

そして抜けた先で振り返って見る西側坑口。

どうよ、このフォルム!個人的には、堅い岩盤に穿たれたワイルドな坑口を持つ素掘りが一番の好みだが、この細やかさもまた捨てがたい。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

おや、上からロープ(ツル)が垂れている。引っ張ってみたが結構しっかりしている。誰かが意図的に垂らしたものとは思えないが、なぜここだけに?

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

西側坑口から内部を望む。おや、途中から壁面の風合いが変わっているぞ。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

うん、近寄って見ると確かに違う。ただ、何が違うのかよく解らないのだけど(汗) 粘土質?

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

内部から見た西側坑口。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

この深い掘り割り。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

上の山はあまり人の手が入っていない様子。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

排水用の溝なのかな?掘り割りの深さともいい、随分と手間を掛けて築かれた道だという印象。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

ゆったりと下りつつ掘り割りの西端に。西側の掘り割りは100メートルほどだろうか。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

掘り割りを抜けて振り返る。

道にあるちょっと古いもの-(仮称)大庭隧道

西側より。




古道・廃道 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 道・道路へ
にほんブログ村


料理の基本 (ORANGE PAGE BOOKS 男子厨房に入る)

パパゲーノさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。