道にあるちょっと古いもの

トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物を訪ねた記録


テーマ:
【名称】大貫隧道(おおぬきずいどう)
【所在地】南房総市千倉町大貫/館山市古茂口
【竣工】1926(T15)年9月
【延長】210m
【幅員】4.3m
【高さ】4m



2011年3月19日訪問

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

千葉県道188号館山大貫千倉線(たてやまおおぬきちくらせん)にて。現在地は、ちょうど地図にある県道記号の右側付近。

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

バリケードの先が旧道なのだが、、、

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

道は下っている。そしていきなり坑口がくぱぁと開いている(;゚〇゚)
西側坑口東側坑口。
(↑ 2012.8、まきき氏の指摘により誤植発覚&訂正。しかしよくチェックしてるなぁ。。。ちゃんと読んでくださって、ありがとうございます)

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

ちょっと横の方に回ってみた。長靴があればなんとかなりそうなのだが、うっかり忘れてきてしまったので隧道まで行くのは大変そう。ということで、西側から近づくことにする。

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

こんな農道然とした道だがかつては県道だった。

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

やがて道は荒れはじめる。たぶんこの下も舗装されているのだとは思うのだが、、、

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

いつしか掘り割りの中に。なにやら境界の看板らしきものが見えてきた。道はこの先右カーブしている。いよいよか?

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

キタ━(゚∀゚)━!
西側坑口。

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

この時は3月だったのでまだましだったが、今頃は草ボウボウで虫もブンブン飛び回っているんだろうなぁ。。。(;´Д`)
しかし、なんとも異様な雰囲気。

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

坑口左側のアップ。なんじゃこりゃー(゚Д゚;)
水抜きのパイプだってことは解るのだが、なぜにこんなにウジャウジャと、、、キモイ(-。-) ボソッ

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

右側にも。

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

そして謎の穴ボコまで。。。

道にあるちょっと古いもの-大貫隧道

先ほども書いたが、この日は長靴を忘れてしまった、それにせっかく温泉に浸かってきたというのに、帰りに泥にまみれるというのも激しく気分が萎えそうなので、ここで撤退。冬になったらまた来よう。次はバームクーヘン状になっているという噂の内部もチェックしなきゃ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パパゲーノさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。