無能な日本政府に代り安全保障を担っているのは? | 加納有輝彦は習近平国家主席の国賓待遇での来日に断固反対いたします。
新型コロナウイルスに関する情報について

無能な日本政府に代り安全保障を担っているのは?

令和2年がこのような幕開けになろうとは・・・。

 

 幸福実現党大川隆法総裁は、昨年3月、台湾に入り「台湾はすでに独立している!」と講演会において台湾人に呼びかけた。

 北京政府をこれ以上刺激する言葉はなかった。タブーの中のタブー発言であった。これを公言する勇気を持つ者は「人間界」に存在しなかったといっても大袈裟ではあるまい。

 

 北京政府にとって台湾は中国の一部という認識(核心的利益)は、金輪際、絶対に変わらない。

 

「『平和統一・一国二制度』が国家統一を実現する最良の形だ。我々は武力の放棄は約束せず、あらゆる選択肢を保持する。」昨年1月の習近平氏の台湾統一に向けての発言である。

 

 この発言の4時間後、蔡英文総統は、「一国二制度は絶対に受け入れられない。それが台湾の人々の共通認識です。」と返答。

 

 一国二制度は絶対に受け入れられない。これが昨年の段階での精一杯の言葉であった。

 

 ところが、昨年、夏より香港革命の狼煙があがり、「今日の香港は、明日の台湾」と台湾の人々の間に危機感が共有され、年明け、台湾総統選においては、蔡英文氏が、歴史的勝利を収め、再選された。

 

 蔡英文総統は、再選後初となる英BBCのインタビューで、中国は「台湾がすでに独立国家である」ことを認めるべきだと述べ、台湾の主権を侵害するいかなる試みも「大きな代償を伴う」と警告した。

 

 一年を経て、大川隆法総裁が発言した「台湾がすでに独立国家である」というタブー中のタブー発言が、とうとう蔡英文総統の口から発せられたのである。

 

 この流れから容易に想像できる事は、北京政府が黙ってはいないということだ。

 

実は、武力行使の可能性が、最大限に達していたのだ。

 

 そして年明け、武漢肺炎の発災である。

 

 はからずも、これが、北京政府の武力行使のブレーキとなった。

 

 武漢肺炎の発災は、自然現象、偶然であったのか。

 

実は、中国の覇権を許さない「天意」が働いていた。

 

それは、昨年の大川隆法総裁による台湾講演から「天意が内包」され仕掛けられていたのだ。

 

 危機管理に対して完全に「無能」であることが明らかになった「日本政府」に変わって、この国の安全保障を担っているのは、実は、「天意」を実行している「宇宙人連合」である。

 

これ以上荒唐無稽に響く話はないであろう。

 

 しかし、現実が、「無能なお花畑安倍政権」の頭越しに「安全保障」を担うべく進行していることを見れば、

 

~理性的であるものこそ現実的であり、

現実的なものこそ理性的である~

 

 我々は現実に「神意」を目の当たりにしている。

 日本政府の無能を現実が追い越しカバーしている。

 

日本の、台湾の、香港の安全保障を担っているのは、「武漢肺炎の蔓延」をこの世にもたらした「天意」である。

 

天意とは、大川隆法総裁、そして総裁を外護する「宇宙人」なのである。

 

 もはや無能な安倍政権の出番はなく、その無能が異次元の存在の介入を許したのだ。

 

 アベノミクスの終着点としての

 

 中国マネー頼みのインバウンド

 中国マネー頼みのIR(カジノ)

 中国マネー頼みの観光立国

 

これらは、神意により全て否定された。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村