建国記念の日街宣 ~日本人の魂を信じる~ | 加納有輝彦は習近平国家主席の国賓待遇での来日に断固反対いたします。
新型コロナウイルスに関する情報について

建国記念の日街宣 ~日本人の魂を信じる~

 昨日、2月11日「建国記念の日街宣」を行いました。

 

党岐阜県後援会連合会宮崎会長と一緒に、多治見市、美濃加茂市、岐阜市、大垣市を回りました。

 

 岐阜市では、森國党首特別補佐も加わりました。

 

 多くの党員の皆様にご協力頂きました。この場を借りて感謝申し上げます。

 

 新型コロナ・ウィルスの影響でしょうか、例年に比べ街を歩く人が少ない感じがいたしました。

 

今回の街宣では、加納有輝彦後援会により、「習近平氏 国賓待遇反対署名」も同時に行いました。

 

 いまや、国際社会からヒトラー以上の残忍な独裁者として「お墨付きを得た」習氏を、天皇のお客様「国賓」として迎える事は、国民を大御宝(おおみたから)として慈しんでこられた皇室の歴史を汚し、日本の国體を破壊する天に唾する行為であります。

 

 残忍な独裁者の共犯者としての「天皇像」が、宮中晩さん会の映像と共に、世界に配信され、日本の裏切り行為に、香港の若者、台湾の若者、米国議会、自由のために戦っている世界を失望させるでしょう。

 

 「今だけ、ここだけ、票だけ、カネだけ」の二階何某を代表とする政治家が、日本の国體、伝統を破壊しようとしている。いや、破壊するという認識も全くないであろう。

 

 死者の声を忘却している。

畢竟、それは神仏の声など眼中にないということだ。

 

つまり、自公という「票だけ」のパラサイト関係が、日本を中国化している。神々を殺している。

 

 彼らにとって、皇室は、政治利用に供する存在でしかない。日本の伝統、歴史への尊崇はない。(彼らは女系天皇も容認している)

 

 私が言っていることは、大袈裟なことではない。事実は、もっと先を行っている。

 

安倍首相は、政権維持のために神を捨て、この世に屈した。

 

さて、「習近平氏 国賓待遇反対署名」である。

 

問題意識を持った人は、力強く一筆を託して下さった。

「いい話を聞かせてもらった。私も日本人だ。応援する。」

「全面的に賛成する。がんばって欲しい。」

 

 

しかし、そのような人は少数。

 

 多くの人が、この問題を認識しておられなかった。

一日中、テレビを見ているという方が、「テレビではそのような事はいっていないぞ、そんな問題があるのか?」

 

 驚いたのは、りっぱな大人でも習近平を全く知らないという人がいたことだ。そして学生諸君も、ぼんやりと名前を知っている程度、習近平のことを詳しくは知らなかった。

 

 香港の若者たちのこともぼんやりと聞いた事がある程度。

 

 これが現実だ。

テレビに出ることが現実。

テレビに出ないことは、存在しない。

 

ただ、日本人は、ひとたび黒船が来ると、豹変することに希望を持ちたい。皆、やさしい、いい人たちだ。

 

神を捨てた為政者、テレビ、マスコミが、現代の「神」なのだ。やむを得まい。

 

 日本人の魂を信じる。


多治見市のスーパーにて


 

 

美濃加茂市のスーパーにて

 

JR岐阜駅北口 森國英和党首特別補佐が合流

 

JR大垣駅北口にて

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村