ホリエモンの「N国・幸福実現党」認識・考 | 加納有輝彦は習近平国家主席の国賓待遇での来日に断固反対いたします。

ホリエモンの「N国・幸福実現党」認識・考

ホリエモンこと堀江貴文氏がN国党に入れ込んでいるようだ。

次期衆院選で、N国党から立候補?するしないと耳目を集めている。

 

画像(動画)は、本年9月当時のものだが、以下のようなキャプションが後半に見られた。

 

ホリエモン曰く

 昨今、世界的潮流として、英国、米国、伊太利亜等で、右派ポピュリズムが台頭し、政権を取っている。

 

わが国で『右派ポピュリズムに近いのは幸福実現党なんだけど』その『幸福実現党と選挙協力しているN国党』は、次期衆院選で数議席とるかも?

 

 ・・・・・・・・・・・・・

 

 幸福実現党が、N国と選挙協力しているというホリエモンの認識は、幸福実現党公認候補が立っている地方選挙において、N国が立候補を控えたというような事実があったのかもしれないが、選挙協力関係があるなんて話は、幸福実現党党員の私は一度も聞いたことがない。そんな関係にはないと言っていいだろう。

 

ところで右派ポピュリズムって何だ?

 

ネット検索すると

~西洋の右翼ポピュリズムは一般にネオ・ナショナリズム、反グローバリズム、移民排斥主義、保護貿易主義そして移民受け入れへの反対といったイデオロギーと――それらとだけではないけれども――結びついている。社会保障制度のために支援を増加させることに反対することといった伝統的右翼の見解もまた右翼ポピュリズムを理由にして表明される。それらの見解は「福祉排外主義」(welfare chauvinism)と呼ばれることもある。~とある。

 

 確かに、及川幸久氏のブレイキング・ニュースにおいて、氏の立場を「反グローバリズム」と明言しておられるので、右派ポピュリズムに近いという評価は、あり得るかもしれないが、個別政策を当たれば、全く違う政策もあり、それぞれ是々非々で考えているのであって、右派ポピュリズムに近いという認識は乱暴な議論ではある。

 

 それはそれとして、N国の評価であるが、ホリエモンのような評価がある一方で、米国の政治動向を正確無比の確率で言い当ててきた天才?のYuya Watase氏の評価も見ておきたい。最近では釈量子党首との対談も動画でアップされている。

 

 下記は、これまた乱暴なサマリーであるが、Yuya Watase氏のN国論である。ホリエモンとの温度差は埋めがたい。

 

 

・N国にはエンタメ以上の価値はない

 

・N国は表社会で生きた経験がある人は評価はしない。

 

・表(と裏)に拡がる圧倒的な「社会」の厚みが分かるか、という話でもあり、これが分からないなら、人間社会のことを本当は何も分かっていないということなんだよなと。

 

・N国が醸し出している「元気な男の子が日本を変える」というノリは大学生の時に本来経験しておくべきもの。

 

・だから、俺はN国面白い、というのは、あくまでもお笑いのコントを鑑賞して面白い(大喜利)、というだけのこと。

 

 これを見ると、ホリエモンは、エンタメ的に面白がっているということになろう。(これまた乱暴ですが)

 

 

 それではお前はどうなんだと。

 

まあ、立花党首の件は、数回投稿していますので、私の判断は、選挙仕掛人、選挙屋の党首でなく、実際の候補者の公約というか政治信条、政策を見てみたい。

 

 とりわけ、次期衆院選に立候補予定の、お水系べっぴんさん、ジャニーズ系イケメン候補者の政策を見たい。

 

 

 しかし、立花党首は、彼ら候補者に唯一求めているのは、小選挙区300万円の供託金が返ってくる10%の得票をクリアできる容貌、ルックスが第一優先であって、その他は、現段階では空っぽでよいとしている。

 

 現段階の戦略としては、小選挙区10%の得票クリア、これであるので、その他は、容貌以外は目をつむるという事を半ば公言しているので、なんとも評価のしようがないのが正直なところ。

 

 中身空洞化が日本の歴史であったと言われているが、現行の選挙制度を徹底的に空っぽなものにして、空っぽさを究極にまで突き詰めて、お水系べっぴんさんと、ジャニーズ系イケメンで戦うというのだから、なるほど、Yuya Watase氏が言う、『お笑いのコントを鑑賞して面白い(大喜利)、というだけのこと。』という評価は、私も共感するところである。

 

 Yuya Watase氏の言う、

『表(と裏)に拡がる圧倒的な「社会」の厚みが分かるか、という話でもあり、これが分からないなら、人間社会のことを本当は何も分かっていないということなんだよなと。』

 

 これは凡人の小生には、メタフィジカルなレトリックである。目下、そのメタファーを認識すべく思案中であります。

 

 天才を認識するのは、チャレンジングであります。

 

 



 

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村