御用学者の跋扈 | 加納有輝彦のブログ

御用学者の跋扈

年金2000万円不足問題は、離婚調停、あるいは離婚裁判に似ている。

 

 事実が重要でなく、

(夫婦喧嘩は犬も食わない)

 

 事実を

 

 認めるか、

 

 認めないか。

 

麻生大臣は、

 

「認めない」選択をした。

 

事実か、事実でないか、問題ではない。

 

 

なるほど、過去、御用学者が、諮問委員の中枢に選ばれ、テレビでも御用学者が跋扈してきたことが、はからずもはっきりと認識された今回の出来事であった。

 

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村