papa

夢のある人には、希望がある。 希望がある人には、目標がある。

目標のある人には、計画がある。 計画のある人には、行動がある。

行動のある人には、結果がある。 結果のある人には、反省がある。

反省のある人には、進歩がある。 進歩のある人には、夢がある。


夢は見るものではなく、かなえるもの。 

夢に向かって、アラフィフ 発進ビックリマーク


テーマ:

9月は恐ろしく早く過ぎ、右往左往しているうちに月末。



今週末には、先週の土曜日に参加した管理者研修の宿題提出があり・・・。

9月の報告書の郵送手配があり・・・。

レセプトがあり・・・。

給与計算があり・・・。

読まなくてはいけない本があり・・・。

実習生の手配があり・・・。

etc・・・。


ん~。

業務に振り回されるのでは無く、業務を振り回すだけの能力と実力が欲しい。  

そして、寝る時間がなくても元気でいれる体力が欲しい。 

1日24時間じゃ~足りなすぎる。 

よろしく哀愁











AD

テーマ:

勉強会に参加した後の話。

とある訪問看護ステーションの訪問方法に疑問を感じ、自分に不満を投げかけて来た理学療法士のA氏。


A氏:難病の利用者さんの訪問に、訪問看護師の派遣を4回/週も入れているんですよ。


自分:制度上、特に問題ないけどなんで?


A氏:難病の利用者さんは自分で動けるし、自宅でのお風呂の介助や自宅でのリハビリを4回/週も入れる必要性がない人なのに、難病というだけで4回/週の訪問はおかしいんじゃないんですか。


自分:その訪問看護ステーションの考え方や本人・家族が望んでいるのであれば、4回/週の訪問は可能だし、制度上は問題はないし、何が不満なの?


A氏:制度上問題はなくても、考え方がおかしいでしょ~。


自分:そうかもしれないけど、問題はないのだから仕方がないでしょ~。


A氏:・・・。


確かに、理学療法士としては必要の無い訪問を入れることで、利用者さんの自立を促す機会が減り、ますます動けなくなるのではないかと危惧するところではあります。

ですが、訪問看護ステーションの営利目的な部分が見え隠れしていても、保険制度上問題が無く、利用者さんが望まれるのであれば、無駄な訪問の様にみえても、現在の保険制度のなかではセーフ。

自分としては、倫理的、専門職的に問題ではあると思います。

ですが、現在の法律では問題はなし。

なので、無駄な訪問だと思われても、罰せられることはありません。


じゃ~自分はどうなのか?

経営者として考えれば、無駄な訪問でも制度上問題がなければ実行したいと思います。

ですが、現在のところ倫理的、専門職的に考えれば、無駄な訪問はしない方が良いと考えています。

なので、後ろめたい気持ちも無く、胸を張って訪問看護ステーションを運営しています。



正直なところ、悪魔と天使が毎日喧嘩をしているのですが、最終的に天使が勝つのだと信じている自分。

自分の経営理念は、『手間を惜しまず、正直に。』

多分、死ぬまで変わらないでしょう。 にひひ

よろしく哀愁









AD

テーマ:


訪問先のお客様が作成した、竹の一輪挿し。



竹を加工する際、本体が割れてしまったり。

竹の切り口が、揃っていなかったり。

決して出来の良い物ではありませんが・・・。

心がこもっています。 ドキドキ

ステーションの中には、自宅で看取った方が作られた物もあり、物が増えてきましたが、その分、思い出も増えて来ています。 にひひ

よろしく哀愁







AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。