弘前に帰省してみた

テーマ:

そういえば今年は、父の十七回忌という事で、

万難を排して一泊二日で帰省してみたのです。

 

新幹線で新青森まで行けるようになって早くなったし、

新青森から新幹線が先まで行くってのもすごいし、

始発じゃなくて、入線してくるってのもなんだか隔世の感。

ずっと盛岡どまりだったもんな。

 

これは帰り。新青森駅の上りの新幹線。

北海道からやってきたんだなーと思うと感慨もひとしお。


帰りは、新青森駅で母がお友達と待ち合わせしてたらしく、

弘前から青森まで送ってくれたのだけど、

あやうく、地鶏の産みたて卵をお土産に持たされそうになった。

地鶏を飼ってるお友達なんて、いつできたんだろう。

母ネットワークこわい。

 

それはさておき、新青森駅の周りは相変わらず何もないのです。

駅への行き来も、相変わらず迷いそうになる位の秘境。

目印くらいあっても良さそうだけど、人もいないし、何もない。

 

駅の中では、アトレのカードが使えたりするんだけど、

中と外のギャップがなあ。。。

 

何もない田舎ではありますが、弘前は観光地なので、ホテルは結構いっぱいある。

今回は、お値段と相談してwifi完備のこのホテルに泊まりました。

 

 

お値段から想像してたのと、昔からあったよなーという記憶と全然違って

想像以上にキレイな今風のかなり良い感じのホテル。

タブレット持ってったんだけど、wifiの設定もパス入れるだけだったし、

お部屋も水回りもキレイで快適だったし。

 

日程を早めに決められるならえきねっとの早割の方が安いんだろうし、

あと何年かしたら入れる大人の休日倶楽部とかも安いんだろうけど、

ホテルと切符がセットの一人ツアーみたいな感じにしたら、

ホテル代と往復の新幹線の指定席と在来線分で3万円ほど。

 

ハワイとかグアムとか沖縄とかのツアーの方が安いけど、

ねぶたとか桜とか菊人形とか雪灯籠とかのお祭り時期をはずせばお得。

 

とりあえず、おつとめは果たしてやったぜ的な満足感。

次、二十三回忌だとしたら、結構すぐだな。

やだなー。

 

AD