こんにちわ、

雑貨の仕事塾®認定講師のの菅(PAOH)です

 

少し昔の記事なのですが書き直して再アップさせて頂きますね。

 

百貨店の出店時

Atticdays店長さんから

 

常連さんが

『パオさんに接客して貰ったんだけど

上手いわ〜天性のものやね〜💕』

と言ってはったよと聞きました

 

ありがとうございます😊

気持ちの良い接客が出来たのは

 

第一に多分、

お客様と相性が良かったんだと

思います💕よ

お客様のおかげです

 

第2に

正直者なので似合うモノは、褒める

似合わないモノは、勧めない!

ようにしています

 

第3には、大阪の人は、得する事が

大好きです

 

せっかく高いお金出すなら

満足して買って貰わないとね

お互い楽しくなくっちゃね!

買う事にもコミュニケーションが要ります

 

 

洋服だと長く使えたり

色んな使い方が出来る洋服は、

オススメしやすいです

 

コートにもワンピにも出来ますよ!

とか、

このワンピにブーツ合わせると

秋まで使えますよ、とか

言いやすいです

 

工夫があると分かりやすいです

 

自分が立たない

こういう売り場だと

何処がステキな所かタグとかに

分かりやすく書いてあったり

教えて頂けると接客しやすいです

 

私は、とりあえず

気になる作品は、手にとって

裏返して見たり

ファスナー開けて見たりしますね

 

自分の感じた使いやすさ

軽さ、良い点をお客様に

言います

 

出店者の掟のヒントにもなる

お話だと思いませんか?

 

 

反対に売り場に立って貰ってる人に

分かって貰えるようにするには

どうしたら良いでしょう?

 

お客様の心に届くには、どんな

工夫が要りますか?

 

出店者の掟のヒントになるなぁ

と私も思ってますね

 

話す事が多い商品は、売りやすい

これは接客の基本です

つまり作家さんの工夫している点や

お客様にお知らせしたい事

うなづいて欲しい事などが多い作品は

 

 

 

売れます

image

 

 

 

●作って売って20年のPAOHがハンドメイド作家さんのための
無料メールマガジンを作りました。
誰も教えてくれない出店者の掟のような内容になっています。
良かったらご登録下さい
 
image
 
 
●Line@では、魅惑のパオ★パオルームの大切な
お客様のためにセミオーダー会のお知らせや
イベントのご案内をさせて頂いています。
良かったらLINE@の登録をお願い致します💕

 

友だち追加