こんにちは!

とにかく明るい性教育【パンツの教室】
インストラクター いちかわ まみこです。



今日は男の子を育てていらっしゃるお母さんに向けて、

男の子のお母さん、健全な思春期を迎えさせてあげられる自信ありますか?


そんなお話しをさせていただきますね^^





息子が4歳くらいになった頃だったかな、、
どうしても許せなくなったことがあったんです。



それは胸を触られること。


布団に横になっているときに、
わざとじゃなくても胸に手が当たったりしたら
スゴイ拒絶感が襲ってきて、、


『やめて!!触らないで!!』
と思いっきり手で払い除けてました。


その度に
『自分は息子を愛していないのでは?』と自分に問いかけ悩んだりしてました。


それでも、不意に息子の手が私の胸に
触れるたびに本能的にやめて!!!
そう思わず叫んで払ってしまうんです。



息子が『ごめん、、、』と
私に背を背けて寝る姿を見て
申し訳ないような、息子に嫌われてしまった
そんな気になったりしてました。



でもね、性教育を学んで
その時の自分の気持ちがよく分かったんです!



どうして娘なら許せる行為が、
息子になると拒絶したことに罪悪感を感じてしまうのか、、


息子を傷付けてしまったのではないか、、


不安になるのか、ずっと分からなかったんです!



でもね、とにかく明るい性教育【パンツの教室】
初級&中級講座を受講してスッキリ解決したんです!



そして、これからの息子との関係にも自信を持てるようになりました。



男の子のお母さん!!
もしも以前の私のように胸を触られて拒絶感があったり、


拒絶したことで悩んだり、息子が本当は嫌いなんじゃないか、、そんな風に感じているお母さんいませんか??


男の子には開けてはいけない3つの◯◯があるんです。



それは彼達の自己肯定感を高めたり、
家という場所が辛い時も守ってくれる安心できる場所になるのです!!




健全な思春期を迎える準備を初級講座で
まずはお母さんが学んでみませんか?