こんにちは^^

とにかく明るい性教育【パンツの教室】インストラクター いちかわ まみこです。


昨日は3年生の息子の保護者に行ってきました。


3、4年生が合同の保護者会で
『SNS被害から子どもを守るためのスマホの持たせ方』についてビデオを見たんです。



参考文献:わっかカフェへようこそ



主人公は中学2年生の女の子2人。
人権がテーマでした。


お母さんとは、21時以降はスマホは使わないというルールを作っていたんだけど親が寝静まった深夜、、、


カチャリ。。。


リビングからスマホを持ち出して、友達とメッセージのやり取り。


友達から送られて来た画像を見て
「センス良くない😌」とコメント。


褒めたつもりだったのに‥


お友達は逆に受け止めて‥即座にブロックされてしまい、、


そんなときに、知らない人からメッセージが来たんです。


そのメッセージは、女の子の通っている学校も
女の子しか知り得ないはずのお気に入りの"ぬいぐるみ"も全て分かっているストーカー的な内容。



怖くなった女の子は親に相談しようと思うも、約束を破って夜間スマホを使っていたことがバレることを恐れて相談できず。。


お友達にもブロックされてメッセージを送れずパニックになってしまった、、という内容でした。


顔が見えないスマホでのやり取り、
大人でも言葉選びが難しかったりしますよね?

スマホを通した誰か、自分の本当の気持ちとは逆に傷付けてしまうこともある。


子どもはそういうことも学びながら上手にスマホと向き合えるようになるのかなーと感じました。


学校の先生がこんな風に仰っていました。



『スマホを避けて成長して、人と人との関わり方やスマホの正しい知識のお守りも持たずに成長する方が怖いかも知れないですよね。』


その通りだと思いました!


とにかく明るい性教育【パンツの教室】初級講座では、子どもが知りたいと思う命のスタートについて知ることで、自分と異性の身体の違いを学びながら命の大切さに気付きます。

中級講座では、大切な子どもを加害者にも被害者にもさせない為の防犯の知識をかなり掘り下げてお伝えしていきます。


本気で悩むことって友達には言えないようなことがほとんど。


子どもが本気で悩んで、友達にも言えない。

もしかしたら大切な命を断ちたくなってしまうほど大きな壁にぶつかっているのかも
知れない。

そんなときに、そっと寄り添い
言葉を掛けられるのは
お母さん、
あなたしかいないんです。


だから、親子で明るく性の話を語り合えるように
まずはお母さんが正しい知識を知るのが大切!


たくさんのお母さん達に、
この とにかく明るい性教育【パンツの教室】
を知っていただきたいです。

とにかく明るい性教育【パンツの教室】
インストラクター いちかわ まみこ