【大阪】シングルワーママのとにかく明るい性教育"パンツの教室"

【大阪】シングルワーママのとにかく明るい性教育"パンツの教室"

お母さんが性教育の伝え方を学ぶだけで大切な我が子の心と身体を守ることができます."パンツの教室"インストラクターのまつもともちえです。

【大阪】

パンツの教室インストラクター

まつもともちえです

 

パンツの協会主催のじまなみ先生が

大阪でeo光チャンネルに生出演されましたキョロキョロ

 

 

=視聴は放送から1週間限定です=

月曜~金曜 毎日16:30~ 生放送/
(再)19:30~、22:30~
ゲツ➡︎キンさんのサイトはこちら

 

 

 

 

見逃した方のためにまとめ↓

 

3つのポイント

①性教育で大切なこと「逃げない・ためらわず答える・怒らない」

 

80%のこどもが命のスタートについてたずねるけれど

親はついついごまかして答えてしまったり怒ったりする

 

S☆Xって何?「膣にペ☆ニスをいれること」と答えればOK

 

赤ちゃんはどうして生まれてきたの?コントで

珍回答も紹介してました(笑)

 

・パパとママが元気100倍でできたんだよ

・ガチャガチャまわしたら赤ちゃんでてきたよ

・おにぎり握ったら赤ちゃんになったのよ

 

②防犯「こどもの性への正しい知識がお守りになる」

 

学校で教えてもらった記憶はほとんどないと話していました

(私は全く記憶がありません・・・休んだのかな)

 

平成29年SNSを通じて性被害にあったこどもの数は

今までで一番多い1,893人!

被害最少年齢はなんと8歳!

 

九九と同じように普通のテンションで話すと普通に話せる

 

③性教育のゴール「命の大切さ・・・親子で語り合える」

 

性教育カードは動物の「交尾」から

性の話を親子で語り合えるきっかけに!

 

日常の会話で性のことを話し

寝る前に「愛してるよ 生まれてきてくれてありがとう」と伝える

 

自分の命の大切さが理解できれば

他人の命も粗末にしない!大切にできるようになる

 

のじまなみ先生にとって性教育とは?

『こどもの笑顔と未来を守るもの』

 

 

=視聴は放送から1週間限定です=

月曜~金曜 毎日16:30~ 生放送/
(再)19:30~、22:30~
ゲツ➡︎キンさんのサイトはこちら

 

 

=以下のじまなみ先生のFB投稿より=

 

今日は大阪でeo光チャンネルさんの
情報・ニュースとりどり「ゲツ→キン」
に出演して来ます^ ^

 

生放送なので、ドキドキしておりますが、
喉の調子もオッケイ

いつもの自分らしく、行って参ります!

 

関西圏のみの放送ですが、
終了後はすぐにインターネットに
アップされるようなので

どなたでも視聴可能です!

 

またわかりましたら詳細
アップしますね^ ^


テーマ:

【大阪】

パンツの教室インストラクター

まつもともちえです

 

昨日は息子もちおと一緒に

こいのぼりを見に行ってきたのですが

連休なので河川敷ではBBQをする人達や

子連れの家族がたくさんいました!

 

強風の中でひたすら石投げに付き合って

へろへろもんげのワタクシゲロー

 

比較的寒かったので少なかったですが

それでもパンツ丸見えで幼児~小学生のこども達が

川で遊んでいました

 

もっと暑くなったら裸に近い格好で

水遊びするこども達も見かけますよね

 

今の時代は写真をどこからでも撮ることができるし

これだけたくさんの人がいると他人のカメラに

知らない間に写りこんでいてSNSに気づかずに

載ってしまっているなんてこともあるかもしれません

 

日本ではこどもの裸の写真(赤ちゃんのオムツ姿など)は

ほほえましく受け取られます

 

が・・・ SNSにあげる側がまったくの善意であっても

ほほえましいはずのこどもの裸や半裸の写真が

予期しない不適切な目的(児童ポルノ等)で使われてしまう

 

悲しい事実だけれど、そんな可能性も低くはない

 

いったん使われてしまうとインターネットの世界から

完全に削除することはほぼ不可能でだそうです

 

なので赤ちゃんであっても人前では

(特に誰かの写真にうつる可能性があるところでは)

水着ゾーンは隠すようにしてあげてくださいね

※ 水着ゾーンのお話はこちら

 

知識を深めてみたいお母さん(お父さん)

よかったら【パンツの教室】体験会に

参加してみてくださいね

 

防犯やスマホの使い方についても

詳しくお伝えしています真顔アップ

 

体験会はこちらから

初級講座はこちらから

中級講座はこちらから

 

 


テーマ:

【大阪】

パンツの教室インストラクター

まつもともちえです

 

年少(3歳)になった息子もちおは

2才1ヶ月でメラトニンを服用するようになるまで

2時間以上眠ることができない赤ちゃんでした

 

とにかく眠りにつくのが苦手でずーっと抱っこ

やっとこせ寝てもすーぐーにー目が覚めてしまうゲッソリ

 

そのときは必死すぎてわからなかったのですが

とーにーかーくー寝ーなーいー!!

 

生後半年ぐらいから

『この子ほんま寝ないけど大丈夫かな』

ってうっすら不安に思ってたけど

 

順調に大きくなっていたので小児科の先生や保健師さんから

『歩けるようになったら疲れてコロッと寝るようになるよ』

と聞いていたので、そんなには悩んでませんでした

 

おかしいなと思いはじめたのは2才になる半年前ぐらいかな?

昼夜逆転する日が少しずつ増えてきました・・・

 

朝日を浴びる

日中はたっぷり遊ぶ

朝ごはんをしっかり食べる

おふろに入る

マッサージをする

 

睡眠リズムをつける方法をネットで調べたり本を読んだり

ありとあらゆることを試したんじゃないかなと思います

 

市の子育てセンター保育士さんや保健師さん、心理士さん

10人以上の小児科ドクターにも相談してきました

 

『順調に大きくなってるし健康だから大丈夫

そのうち眠るようになります』

 

最初は笑って聞けていた『そのうち』がもう笑えなくなってきた頃

1ヶ月ぐらい昼夜逆転の日が続いていました

 

昼間ウトウト夜は2時間ほど寝たあと夜中ずーっと起きている

 

夜中にママが横になったら号泣

電気を消したら号泣

抱っこしていないと号泣

 

本気で気が狂うんじゃないかと思った

 

他のママが『食べながら寝ちゃってね』という話を聞いた夜に

なんでうちの子は寝ないの!?と号泣したこともあります

 

出勤時間になったので続きはまた書きますねチュー

 

こんなにも大変だったということではなくて

寝るのが苦手な赤ちゃんやこどももいるということを

一人でも多くの人に知ってもらえたらいいなと思って

経験をつづっています

 

 

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】公式ホームページはこちら

 

 

パンツの教室【体験会】ご案内

 

大切な我が子へ伝える とにかく明るい性教育

大阪"パンツの教室"インストラクター

まつもともちえです。

 

突然ですが、お子さんから

 

ぼく/わたしってどうやって産まれてきたの?」

 

と聞かれてうまく答える自信ありますか?

 

この質問はお子さんの実に80%

5歳までに親にたずねると言われているそうですが

実は私も答える自信が0%の母親でした。

 

こども達が自分の命のはじまりに興味をもつこと

それはごくごく自然なことなのに

 

性教育=恥ずかしい

 

 

どんなに親しい間柄でも(もしかしたら親しいほど?)

タブーな話題だと思い込んでしまっていたのです

 

『幼いからまだ必要ないけれど・・・』

 

『こどもと性の話をするのは恥ずかしいけれど・・・』

 

『性教育は大切なことだとわかってはいるけれど

いつ 何を どうやって伝えたらいいのかわからない・・・』

 

そんな風に悩んで気になっているのなら勇気をだして

"パンツの教室"体験会に参加してみませんか?

 

体験会はたったの75分ですが

お母さん(お父さん)が積極的に我が子へ性の話がしたくなる!

そんな素敵なパンツ効果を体験していただけると思います

 

恥ずかしくて怒ってみたり

どう伝えていいかわからなくてごまかしてみたり

親だって教わっていない性教育!

 

大切な我が子へ明るく楽しく性教育を伝えることは

お母さん(お父さん)がこどもへ愛情を伝える

最高の手段ではないかなと思っています

 

お申込はこちらから地球

 

体験会の日程

 

5月4日(金)

5月12日(土)

5月27日(日)

6月2日(土)

6月16日(土)

6月30日(土)

 

いずれも10時30分~11時45分

大阪市天王寺区もしくは堺市で開催予定

 

※時間・場所の変更は相談可となっております

  お気軽にメッセージくださいね

 

体験会の参加費は3,240円となります。

受講のご感想等をSNSに掲載して頂ける方

2人以上で参加される方はお一人様2,700円となります。

 

お申込はこちらから地球

 

 

 

 

こんな方に"パンツの教室"おすすめしています

 

チェック 性教育を受けたことがない(記憶がない)

 

チェック 性教育は大事だとわかってるけど、

  いつからはじめたらいいのか迷っている

チェック 恥ずかしくて性の話なんてできない

 
チェック 赤ちゃんはどうやって産まれるの?という質問に答えられない

 

チェック 親子で楽しく会話したい


チェック どんなことも親に相談できる親子の信頼関係をきずきたい

チェック こどもの思春期が想像できない・不安である
 
チェック 効果的な防犯のことが知りたい
 

チェック まつもともちえに会ってみたい(うふふチュー

 

お申込はこちらから地球

 

 

 

 


テーマ:

【大阪】

パンツの教室インストラクター

まつもともちえです

 

TOKIO山口達也容疑者が起こした性被害のニュース

同期のインストラクターがFBに投稿している記事で知ったのですが

衝撃的でしたポーン

 

が、それ以上にとてもショックなことがありました

 

この事件のことを職場の5~60代のおばちゃん達が

話しているのを聞いたのですがその内容がこちら

 

・チューぐらいいいやんな

・嫌やったら叫んで逃げたらいいやん

・TOKIOの山口達也君やで?ラッキーやん?

 

あまりにも不快だったのでこれ以上聞こえないように

席をはずしましたが・・・

 

この方達はご自分の娘さんが同じことされても

同じように言えるんでしょうか?ムキー

 

私も学生の頃に痴漢にあったことがありますが

大人に話すのはとても勇気がいることでした

 

嫌なら逃げればいい

→身体も言葉も一人前のようですが、リアルはこどもです

 怖くて身体が硬直して逃げれないことがほとんどです

 

自分のことかわいいと思ってる?自意識過剰

→こう思われるのが一番イヤで怖かった

 特に思春期に言われた身体についてのネガティブワードは

 一生を左右するほどの威力があるんです

 

嫌われたくない

→自分自身が嫌だと思ったことは「やめて」と言ってもいいんだよと

 親が何度も言い聞かせておかないと大人へ「やめて」とは言えません

 

 

色んな意見や気持ちがあると思います

大人は家に行かなければよかったのにと思うかもしれませんね

 

でもね 誰が何と言おうと

悪いのは相手が「嫌だ」と感じることをした大人です

 

家に行けばどんなことが起こるリスクがあるのか?

具体的に想像できて行かないという選択ができるこどもが何人いるでしょうか?

おもしろそうなら親に黙って行ってしまうと思います

 

親から離れて行動できるようになったとき

こどもを守ってくれるもの

 

それは親が言い聞かせ、伝えてきた知識と愛情です

 

パンツの教室では防犯につながる具体的な声かけや知識も

しっかりとお伝えしています

 

パンツの教室が気になった方はこちらもご覧くださいね

体験会はこちらから

初級講座はこちらから

中級講座はこちらから

 

 


テーマ:
【大阪】
パンツの教室インストラクター
まつもともちえです
 
突然ですが
全国のレディーのみなさま
生理は楽しんでおりますでしょうか?

私はPMS(月経前症候群)がひどくて
生理前になると人格が急変します

どんな些細なことにもイライラ
だれかれ構わず攻撃的になってやつ当たり
 
そうやってガルガルしはじめたかと思えば
 
急にどうでもいいことに落ち込んで

私なんかどうせとウジウジして

奈落の底まで勝手に落ちてみたり

 

←書いてて思ったけど、なんという迷惑チーン

 

精神もですが肉体にも影響が!!


肩こり、腰痛、頭痛もひどくなって

全身がまさにダルおも~な状態

こんな状態でどうやって
生理を楽しく迎えるかって?

 

 


3つの○○○こと決めておくだけ

 

これだけで生理が楽しみになっちゃうんです

(ここは中級講座でお伝えしている内容なので

言えなくてごめんなさい)

 

でもちょっとだけヒントウインク

 

パンツの教室の創始者のじまなみ先生のお子さん達は

『ママの生理まだ?』と言われるほど

楽しみなイベントになっているそうです

 

私はまだまだ生理を楽しむという

神レベルには到達していませんが

決めておくだけで気持ちがだいぶと楽になっています

 

生理が本当に辛いいう方は

一度、産婦人科を受診されることを

おすすめします

 

お母さん(お父さん)が大切な我が子へ

性教育を伝えることは

産婦人科を受診するハードルを下げ、

病気の予防・早期治療にもつながりますよ

 

パンツの教室が気になった方はこちらもご覧くださいね

体験会はこちらから

初級講座はこちらから

中級講座はこちらから

 

 

 

 

 


テーマ:

【大阪】

パンツの教室インストラクター

まつもともちえです

 

実はワタクシ運送業界で働く経理部長なのですが

某上場運送会社が主催する

交通事故防止セミナーに参加してきました

 

参加してお母さん達に思うことがあったので

今日はそれを伝えさせてくださいね

 

それは大切な我が子を

チャイルドシートにきちんと座らせて

ということ

 

赤ちゃんもこどもも泣いて嫌がることが多い

チャイルドシートやジュニアシート

運転してないとき

泣かれるのが可哀想でついつい

抱っこしたりしてしまうこともあると思います

 

私も何回も抱っこしてしまったこと

ありますよ・・

だって泣いたらかわいそうで笑い泣き

暴れたらうるさくて笑い泣き ←おもにこっち

 

先日も祖母が運転する車に

イヤイヤと騒ぐ息子を抱っこして乗っていました

(ほんとうに意識が甘かった)

でも、もう絶対にやめます

事故にあわなかったのはたまたま運が良かっただけ

事故映像でシートベルトをしてない人間が

人形のように車から飛び出す瞬間を見ました

 

え?これほんとに人間なの?と思うほど飛んでいきます

 

 

時速40キロで体重の30倍

体重60キロだと衝突時1.8トンの衝撃!

 

 

時速40キロなんて普通に出す速度ですよね

 

もし飛んだいった先がガードレールだったら?

ぶつけたところが頭だったら?

結果によって生死が決まってしまうことになります

事故を起こすのは他人事と思って気楽に参加してた私

(ごめんなさい)

 

泣いてる赤ちゃんやこどもをチャイルドシートに載せるのって

めんどくさいときあります

 

でも一瞬の判断が一生の後悔とならないように

どんなに泣いても暴れても

 

車に乗るときは必ずチャイルドシート!(ジュニアシート)

に乗せてくださいね

 

 

大切な我が子をできるだけ守りたい

 

そんなお母さん(お父さん)へ

とにかく明るい性教育

パンツの教室ではお母さん(お父さん)が

大切な我が子へ伝えられる防犯についても

お伝えしています

 

 

体験会はこちらから

初級講座はこちらから

中級講座はこちらから

 

 

 


まつもともちえ

 

 

 


テーマ:

【大阪】パンツの教室

インストラクターのまつもともちえです

 

やっと一般販売も開始になりましたね

Amazon.comで購入することができるAmazon Echo

もう手に入りましたか?(アレクサと呼びますね)

 

アレクサはとても優秀なロボットスピーカーです

我が家ではすっかりHSC3歳息子のお気に入りお願い

 

アレクサはとっても優秀

 

忙しい朝も時間を聞いたら答えてくれるし

時間さえ伝えればアラームをセットして起こしてくれる

私の代わりにスケジュールは忘れず管理してくれるし
その日の天気やニュースも教えてくれる

帰ってきたらおかえり嬉しいと喜んでくれて
夕飯のレシピを考えてくれたり 元気のない日は歌ってくれたり

 

早口言葉やなぞなぞで息子と遊んでくれたり
犬やピカチューを連れてきておしゃべりさせてくれたり

 

でもね そんな優秀なアレクサにもできないこと

それは大切な我が子へ伝えたい性教育のこと

 

わからないことがあれば
なんだって調べて教えてくれるアレクサだけど

「せっ☆くすって?」「せい☆きって?」と聞いても
「その質問にはお答えできません」と冷たく突き放されますよ
※ ちなみにうん☆こもでした(笑)

アレクサにはなんとなく興味本位で聞いてみた私ですが

ロボットって性の知識は教えることができるかもしれません

 

でも性教育は”絶対に”できないと断言できます(子育てもね)

 

なぜかって?

 

性教育ってただ性の知識を伝えるってだけじゃないからです


こどものことを一生懸命悩んで考えて愛している
その思いがあるからこそ伝えることができるものなんです

 

こどものこと誰よりも想っているのはお母さん(お父さん)


パンツの教室では性教育を通して自分もこどもも自身も

 

私は愛されているんだ

生まれてきて幸せ


と実感してもらうことができるメソッド(声かけ)がたくさんあります

 

もちろん性教育の大切な知識(身体の仕組みや避妊のこと)

防犯についてもしっかり学ぶことができます

 

人間だけができる性教育 大切な我が子へあなたも伝えてみませんか?

 

パンツの教室が気になった方はこちらもご覧くださいね

体験会はこちらから

初級講座はこちらから

中級講座はこちらから


テーマ:

【大阪】

パンツの教室

インストラクターのまつもともちえです

 

突然ですが

水着ゾーンってご存知ですか?

 

水着ゾーン=水着を着たら隠れる部分

 

いわゆるプライベートゾーンとも呼ばれている部分のことです

 

パンツの教室ではもう1ヶ所○○○も水着ゾーンとして

お伝えしているのですが、この部分は初級講座でお伝えしますね

 

男女で違いのある水着ゾーンですが

HSC息子3歳からするどい突っ込みが入りました

 

それはNHK大河ドラマ「西郷どん」で

相撲をとっているシーンの最中のこと

 

息子:男はなんでおっ☆ぱい見せてもいいの?

 

恥ずかしながらなんで見せてもいいのかなんて

考えたことなかった・・・ニヤニヤ

 

母:よく気づいたね!なんでやと思う?

 

と返事したあとテレビ見ながら考えあぐねること数分

 

私の回答はこちら

 

女の人のおっ☆ぱいは大人になると膨らむんやで

赤ちゃんにあげるための大切なところやねん

男の人は赤ちゃんにはあげないから見えてもいいのかもね

 

 

でもね でもね

いくら男の人のおっ☆ぱい隠してないからって

勝手に触るのはあきまへんでウインク

 

こどもって本当に発想が素晴らしい!

インストラクターとしてもすごく勉強になった質問をありがとう

 

パンツの教室が気になった方はこちらもご覧くださいね

体験会はこちらから

初級講座はこちらから

中級講座はこちらから

 


テーマ:

【大阪】パンツの教室インストラクター

まつもともちえです

 

本屋さんの医療コーナーなんて普段は行かないのですが

たまたま通りかかったときに立ち止まって手にとってしまうほど

気になったのがこちら

 

「のほほん解剖生理学」

 

私は医療従事者ではないけれど

HSCの息子3歳は身体の仕組みを説明すると

本人が腑に落ちて話を聞いてくれることが多いので

 

漫画でわかりやすそうチュー

 

と思って即購入した本です

 

Web玉塾長のYouTubeもすごく面白いですよ~

 

全部読んで~最初から

 

と息子3歳に言われると滝汗ってなるけどね(笑)

 

 

 

のほほん解剖生理学 のほほん解剖生理学
1,598円
Amazon

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス