こんにちはニコニコ

 

 

2人の男子(2歳4歳)絶賛子育て中

中国人で日本料理屋を営む旦那と4人暮らし

 

広島在住ダブルワークママ

なかがわひろこです!

 

 

 

朝晩がめっきり寒くなりましたねー🍁

 

 

いきなり気温が下がったので

子どもたちの秋服を準備していない私は

いまだに半袖で保育園へ登園させています滝汗

 

 

ちゃっかり自分は長袖を着つつ

子どもは体温高いから大丈夫!!

 

という謎の自信(笑)

 

 

鼻水出てたな~

やばいかな~

 

 

 

明日はお休みなので

子ども服をGETしに行きたいと思います真顔ビックリマーク

 

 

 

なぜか遠山の金さん状態の次男…笑い泣き


 

昨日までの

中国人夫とのなれそめを読んでくださった方

ありがとうございますラブラブ

 

 

ダレトク?だったり

ヘビーだったり…

 

 

 

特に命のお話に関しては

どうしても暗くなりがちで

 

 

 

彼(夫)のお父さんのことも

その事実だけを切り取ると

とっても悲しいお話になってしまうかもしれないですが

 

 

 

夫は

「お父さんの事好きだった」

 

 

そう言っているので

心の中に優しい思い出も

楽しかった一時も

刻まれているに違いないと思いますニコニコ

 

 

 

そして

つい最近なんですが

私もとっても身近な人の

命について考えさせられることがありまして

 

 

 

現段階では

詳しくはお伝え出来ませんが

とにもかくにも

 

 

人が生きているって

それだけで素晴らしい事なんだということ

 

 

どんなに苦手だったり

知らんふりをしている相手だって

 

 

 

そこに存在しているだけで

ものすごい影響力があるんだって

 

 

気が付いたんですよね

 

 

 

 

だから

 

 

 

今私には

2人の可愛い子どもがいますが

 

 

 

彼らにとって

きっと私の存在って

当たり前で

 

 

 

まさか目の前からいなくなるだなんて

 

 

想像もしていなくて

 

 

 

逆もそう

 

 

 

我が子が目の前にいることが

当たり前すぎて

 

 

 

その奇跡を

忘れてしまいがちで

 

 

 

だからちょっとしたことで

イライラして

怒ってしまって

泣かせてしまって・・・

 

 

 

 

そういうことにパワーを使うぐらいなら

 

もっと笑顔で居られたり

楽しい事を一緒にする時間に

 

変えていけたらよいなと

 

 

 

いまさらながら

思ったりしています

 

 

 

あなたはどうですか?

 

 

今一緒に居る隣の人と

 

 

楽しくて

笑いあえる時間

過ごせていますか?

 

 

 

人には命があって

いつかお別れしなければならない

 

 

その当たり前を忘れずに

毎日生きていて欲しい

 

 

 

心からそう願っていますニコニコ

 

 

 

 

 

本日もお読みくださり

ありがとうございます

 

なかがわひろこでしたおねがい

 

こんにちはニコニコ

 

2人の男子(2歳4歳)絶賛子育て中

中国人で日本料理屋を営む旦那と4人暮らし

 

広島在住ダブルワークママ

なかがわひろこです!

 

 

 

3連休明けの朝はいつも

愚図る兄弟をいかにして保育園へと向かわせるのか

 

 

そこに全精力を傾けています(笑)

 




 

今朝も案の定

長男(4歳)の愚図り

 

 

前日の晩から

「明日は保育園だよ~、楽しみだね~」と

ジャブを入れつつ意識を保育園へと向けているのですが

 

 

 

大人も同じですよね

連休明けは仕事行きたくなーい笑い泣き

 

 

 

愚図りはしませんが

大人でもそうなんだから

子どものそれはもう致し方ない・・・

 

 

なんとかなだめすかして

無事保育園へと行っていただきましたパー

 

 

 

世の中のお母さんみんな

3連休、そして連休明けの戦い

 

 

本当にお疲れ様ですちゅービックリマーク

 

 

 

 

今日は昨日に引き続き

「中国人夫の驚愕の過去2」を

お送りいたします

 

 

 

今回は少しヘビーな内容となります

 

 

なぜなら

彼のお父さん(中国人)の最期のお話だから

 

 

 

彼のお父さんは自殺で亡くなっています

 

 

 

そしてそれを発見したのが

当時まだ幼かった私の夫

 

 

 

どんな状態で

どんな様子でなどの

詳しい話は聞いていません

 

 

 

彼(夫)は淡々と

「自殺で亡くなった。それを発見したのが自分だった。」

 

 

 

まるで

台本を初めて読んでいる人のように

棒読みで

その事実だけを

語ってくれました

 

 

 

 

そして

「そんなわけだから、自分には怖いものが何もない」

 

 

 

そうも言っていました

 

 

 

実の親の亡くなった姿を

第一発見者として見てしまった彼

 

 

 

まだ幼い少年だった彼の瞳に

その光景がどのように映っていたのかは

 

 

 

想像すらできません

 

 

 

初めて出会った日の

底抜けに明るくて優しい彼の過去に

そんな辛い事があったなんて・・・

 

 

 

「そうなんだね」

 

 

 

 

私にはそれだけしか言える言葉がありませんでした

 

 

 

 

「怖いものがない」

そう言い切った彼の胸に刻まれた

お父さんが亡くなったことが

その時の状況が

 

 

とてつもなく怖かったのだと

 

 

 

暗に意味しているような気がしています

 

 

 

 

 

今、彼は私との間に

2人の子どもを授かり

 

 

 

「将来子どもと一緒にお酒を飲むことが夢」だと

語っています

 

 

 

自分が経験できなかった事

「お父さんとお酒を飲む」ことを

 

 

自分の子どもを通して

叶えたいのだろうと思います

 

 

 

私も彼のこの夢は

絶対に叶えてあげたい

 

 

 

だから本当に

身体に気を付けて欲しいと

常に願っています

 

 

 

今夫と二人

子育てをする中で感じる事

 

 

 

意見が合わなくて

イライラすることもたくさんあるんですが・・・

 

 

 

きっと彼は彼なりに

「お父さん」になりたくて

 

 

だけど

自分が自分のお父さんの

生き様を感じることができていないから

 

 

 

毎日試行錯誤で

間違えながらも

どうにか私と歩幅を合わせて

進んでくれようとしてくれているんだろうと

思うのです

 

 

 

私の夫の壮絶な過去

 

 

 

でもそれを経験しているからこその

優しさ

 

 

 

時に危うさを感じることもありますが

 

 

やっぱり私は

彼の事が

大切で

大好きだなぁと

 

 

彼と子どもを育てられて

良かったなぁと

 

 

そんな風に思いますウインク

 

 

 

毎日ケンカばかりだけど

 

 

 

せっかくご縁を頂いたこの人生

 

 

 

夫と子供と共に

楽しんでいきたいと

改めて思います!!

 

 

ちょっと太り過ぎなのよー!笑

 

 

本日もお読みくださり

ありがとうございます

 

 

 

 

なかがわひろこでしたニコニコ

こんばんは照れ

 

2人の男子(2歳4歳)絶賛子育て中

中国人で日本料理屋を営む旦那と4人暮らし

 

広島在住ダブルワークママ

なかがわひろこです!

 

 

私たちの出会いはコンパだったという

どうでも良い過去を読んでくださった方

 

 

本当にありがとうございますー笑い泣き

 

 

今夜は家族で焼肉食べ放題に行ってきましたー音譜






その後何度か二人で

御飯に行ったり

遊んだりしながら

 

 

めでたくお付き合いをすることと

なったわけですが

 

 

 

ご存じの通り(?)

彼は中国人だったんですね

 

 

 

コンパのあった日は

独特な喋り方だな~ぐらいに

思っていたのですが

 

 

次に会ったときに

彼の生い立ちを聞くことになりまして…(笑)

 

 

 

2人が出会ったその頃

彼は日本に来て5年目

 

 

中学2年生のころ

すでに日本に来ていた実のお母さん(中国人)の

後を追って

単身日本に来たというではないですか!!

 

 

え?

え?

どういう事?

 

 

 

お母さん、息子を中国に置いて

日本に一人渡って来ちゃったって?

 

 

 

今、子どもを二人抱える身として

義母である彼のお母さんのその行動は

今でも謎でいっぱいです(笑)

 

 

 

お母さんが居ない状況で

寂しくなかったのか?

 

 

そう彼に聞くと

「叔母さんとか叔父さんとか

いとこもたくさんいたし、寂しくはなかったよ~」

 

 

 

 

へ、へーーーーー汗

 

 

 

 

更に詳しく話を聞くと

 

 

夫が日本に来たのが14歳

その時日本にはお母さん(中国人)とその旦那さん(日本人)と

0歳の生まれたばかりの弟がいたと…!?

(その弟ももう20歳♡とっても良い子ですおねがい)

 

 

 

 

え?

えええええええぇぇぇぇ?

 

 

 

もはや私の常識の範疇を超えたところで

彼は生きておりました(笑)

 

 

 

今となっては色んな家族の形があるし

別にどうってことない事だわ~なんて

笑い飛ばせるのですが

 

 

 

その時の私25歳

 

 

しかもまじめ(笑)

超クソ真面目!!

 

 

 

ずーっと同じ父母に育てられ

おばあちゃんやおじいちゃんも可愛がってくれて

なんの不自由もなく大学まで行かせてもらって

一人暮らしも親のお金でしていたような

超箱入り娘でしたのでね…

(こうやって改めて書くとすごいお嬢のような気がしてくる

けど、普通の家庭で育ちました、、、たぶん)

 

 

 

 

だからね

この夫の生い立ちを聞いて

実はとーっても・・・

 

 

 

惹かれたんです(笑)

 

 

 

私と真逆の人生を送ってきている彼に

 

 

 

一見、波乱万丈に見える彼の生い立ちだけど

底抜けに明るくて優しい彼に

 

 

 

19歳だった彼はその時

高校の定時制に通っていて

バイトを2つ掛け持ちしていて

自分の稼いだお金で

一人暮らしをしていました

 

 

 

 

親の庇護のもとに

ぬくぬくと育ってきた私

 

 

 

それまで周りの友人たちも

私とそんなに変わらない

平和で安穏とした生活をしていました

 

 

 

そこに現れた

得体のしれない彼に

惹かれた私は

 

 

 

お付き合いをスタートし

 

 

 

更なる彼の壮絶な過去を

知ることとなったのです(笑)

 

 

 

 

笑い事ではないその過去を

淡々と語る彼を

今でもはっきりと覚えています

 

 

 

 

その話は

また明日パー

 

 

 

本日もお読みくださり

ありがとうございました

 

 

 

 

なかがわひろこでしたニコニコ