引き続き、種発送中! | ROKA BLOG

引き続き、種発送中!

6月1日の申し込みで昨年の記録に到達!

 

ピークは過ぎたのですが、それでも申し込みは多く、本日時点で260名を超えました!

 

どこまで記録を更新するのか、そう思うとくらくらします(笑)。

 

同封の文面には大牟田さん、ありまさんの名前がよく登場しますので、いかに大牟田さん、ありまさんのタネをほしいかと言うことの表れでしょうね。特にありまさんは今のところ入手の術がありませんから。

 

そして、今回は沖縄から初の申し込み!多分これで全国制覇です(笑)。

 

沖縄には正直パンジー・ビオラのイメージが無いのでビックリ!お二人の方からの申し込みでした。

 

お一人の方は「沖縄でもスタンダードのパンジー・ビオラはあるが、個人育種(ブランドビオラ)の花はなかなか入ってこないないので」

 

もう一人の方は「亜熱帯でも愛らしい花が作れるのか試してみたい」とのこと。

 

沖縄でのパンジー・ビオラの情報は全くありませんので、いろいろと試されて教えていただけるとありがたいです(笑)。

 

後、申し込みと一緒に育苗の仕方や病気への対応、自作へのアドバイスなどの問い合わせがあります。

 

この機会だから(一緒に)・・・、そのお気持ち、よく分かります(笑)。

 

ただ、この期間は個人的に緊急事態宣言がなされているようなもの。きちんとご返事できる余裕がありません。

 

質問等は随時、メールなどで受け付けておりますので、気兼ねなくこちらにどうぞ!この時期を避けていただければ幸いです(笑)。

 

たくさんの開花報告もありがとうございます。

 

卒園式、卒業式での利用、公共花壇等での利用。小さな活動だったものが次第に広がって、パンジー・ビオラの魅力が多くの方に伝わっていく・・・。

 

本当に皆さんに感謝しかありません。

 

その広がった分の種を提供したい気持ちはあるのですが、現状は希望される方が多く余るどころか足りない状況になっています。今後提供できるかの確約が出来ません。

 

出来ましたら、配布の種を活用してその分の量を確保する策を探っていただけないでしょうか?その方が確実だと思います。

 

そうすることで地産地消みたいなその地域にしかない花も育ってくるではないかと考えますので・・・。

 

種も本当にぎりぎりです。6日が締め切り。調整をしなければいけないので申し込みはお早めにお願いします!

 

さて、寄せられた開花報告の一部をご紹介!

風車

 

京都府のKさんからご報告いただきました。ご自身の系統で細弁の多弁咲きです。

 

このような花を見ると、パンジー・ビオラの世界はまだまだ奥深いなあと感じます。

距が5個ある個体

距が3つ、萼の2枚が花弁化。その花弁が筒状と言うのが今まで見たことがありません。

 

ただ、残念ながら最初の1輪だけだったそうです。

 

こちらは石川県のHさんから、配布種子から出たものです。

 

播いた分だけいろんなものが出る。

 

今回は、以前にも増してそのような種になっていると思います。

 

皆さん、今回は花の裏まで観察して下さい!!(笑)